お前みたいな淫乱女には手を自由になんか出来ないな…


美穂は必死に笑いを我慢していた。
ヘアチェックに来る客の中には明らかに禿ている人も多かった。
心の中で「チェックの必要ないな、この人」などと思っても冷静に仕事をこなしてきた。
でも今日のこの客は見事に頭頂部が禿あがりジンワリ汗をかいていてチェックカメラがツルツル滑る。
その客が「ヤッパリ…もうダメですかね?」とつぶやいたのに対し「もうダメですね〜これは…プッ」と思わず気を抜いていたせいか本音をこぼした上に笑ってしまった…。
一瞬険悪な空気が流れたが笑ってごまかした。
そしてその男が帰り際に…「お…お前もかよ…っ!!」そう言いながら…

振り向きざまに布切れを美穂の顔に押しつけてきた。
「ングゥ…ヤ…ヤメテ…ンアアッ…」
薄れゆく意識の中美穂は朝の主任の言葉を思い出していた。
−最近頭髪の検査後にチェックレディに暴行を加える輩がいるので不用意な発言や行動は慎む事、特に閉店間際に駆け込んで来る客には注意−
この男だったのかそう言えばもう閉店だって言ったのに…どうしてもって…言うから…ダ…ダメッ…意識が…アア…

どのくらい時間が経ったろう…美穂が目を覚ますと体固定され足は大きく開き天井から伸びた機器のケーブルでつるされている。
口には猿グツワがされ声も出せない…

完全にはハッキリとしない意識の中、美穂は猿グツワ越しに叫んでみる。
「フフグゥー!フゲフグゥー!」
くもぐった声は部屋の外には漏れもしないだろう。その時
「やっとお目覚めみたいだなぁ」
頭の後ろで声が聞こえた…あの禿男だ。男は美穂の髪の毛を撫でながら
「どいつもこいつも俺の事バカにしやがって…禿てたらチェック受けるまでもねぇってか?あぁ?」
そう言いながら美穂の髪の毛をかきあげ耳に生温かい息を吹きかける。
クフゥ…ッ…耳が弱い美穂はこの状況にも関わらず吐息を漏らしてしまった。
「何感じてんだぁっ?今からお前のヘアチェックしてやる」

禿男はそう言い美穂の正面に来るとかがみ込み美穂のパンストをビリビリと破きだした。
ンンーッ…ンーッ…声にならない叫びをあげながら身をよじるが意識とは逆に体に力が入らない。さっきかがされた薬のせいか…?
「お前こんなイヤらしい下着つけやがってっ」
昨日のデートのホテルから直接出勤した美穂はセクシーで大胆な下着をつけていた。

「レースの間から毛がはみ出てるじゃね〜か。」
禿男はヘアチェック用のカメラを美穂の下半身に近づけた。美穂の横にあるモニターに映し出される黒いレースのパンティとその隙間に見える陰毛。
「いゃぁ…やめて…」
何度も懇願するが言葉にならない…

「じゃぁ本格的にヘアチェックといくか…」
男はつぶやきパンティもハサミで切り裂いた。RQ時代からキレイに陰毛を剃り揃えてきた秘部がむき出しになった。
「なかなかキレイに揃えてあるな。」
そう言い陰毛から割れ目に沿ってカメラを動かす男。カメラのヒンヤリとした表面が美穂の割れ目を刺激し体をピクッピクッとさせる…。

「何感じてるんだ?俺みたいな禿男を侮辱した罰なのに…。よしお前の体に罪の重さを教えてやる」
禿男はバッグから何かを取り出すとプシュゥゥゥと美穂の秘部に冷たい何かを吹きかけた。
「お前にも禿の気持ち味わってもらうぜ。」
そう言い再度秘部を映した…

白い泡状のものが見える…まさか!美穂は言う事を聞いてくれない体を必死で動かす。
「ジッとしとかなきゃお前のマンコが傷だらけになるぞ」
美穂の股間から顔を覗かせた男がT字の髭剃りをちらつかせる。
半ば観念…と言うより恐怖におののいた美穂が抵抗をやめると股間からジョリジョリ…と毛を剃る音が聞こえてきた。

「ククク…カワイイ顔してなんて剛毛だよ。ケツの穴までビッシリじゃねぇか。これじゃ毎日剃らなきゃダメだろ」
しばらくすると布で水気を拭き取られた。
「さてやっと剃れた。ったくイヤらしいマンコだぜ。剃られながらヌルヌルしてきてるじゃね〜か」

毛を剃られスースーする秘部がジワッと熱くなっていく…私は…どうしちゃったの?…醜い禿男に襲われ陰毛を剃られているのに…熱い…
実際は剃毛中に男が催淫剤を塗られていたのだが美穂は自分の体が淫らな欲求に包まれている事に嫌悪した。

「ダメ!こんな男相手に…」
美穂の葛藤を見すかした男は無毛の秘部を刺激しだした。
フゥーッとむき出しの割れ目に息を吹きかけたりクンクン鼻を鳴らして匂いをかぐ。
その都度反応しピクッピクッと身悶えしてしまう美穂。

「マンコツルツルにされて俺みたいな禿男に息吹きかけられてるだけでトロトロに汁がでてきてるぞ」
そう言うと
「ンンンーッ!ンフンッ!」
禿男がむき出しになった秘部にむしゃぶりついてきた。
今まで感じたことのない快感と屈辱に美穂の理性は狂いそうになる。

「フェヘヘヘ。奥からドンドン汁が出てくるぞ。禿マンコが嬉しそうに涎垂らしてやがる」
美穂のクリを転がし秘穴から滲み出る淫汁をチュウチュウと吸う。

「ンッンッ…ウーッ!」
頭がおかしくなりそうな快感…いやここまで刺激が強いとかえって痛みも感じる。
禿男は声すら満足に発せられない美穂の淫汁を吸いながらも新たな催淫剤を塗り込む。
次から次ぎへと寄せる強烈な快感に美穂は…

「ンーッ!ンーッ!…」
逝…逝きそう!!体が絶頂を迎えようとした瞬間、突然禿男が股間から顔を上げ
「オイオイお前は罰を与えられてんだぞ?」
と言いながら美穂の猿グツワを外した。ドロッと糸を引く美穂の涎を禿男は味わいながら美穂をニヤニヤと視○する。

「へ…変態っ!!こんな事して…もう帰してよ!!」
禿男は薄笑いを浮かべながら
「ヘッヘッヘ。禿をバカにした罰だよっ、それにこんな状態のマンコじゃ何言ってもサマになんない…ぜっ」
と言いながらグチュグチュの美穂の禿マンコを荒々しく掻きまわす。
「アアアアアンッ!!ダ…オカシク…ナッチャ…ウグーッ!!」
店内に初めて美穂の絶叫が響いた。

美穂が逝きそうになる度に指を止め淫乱女、禿マンコだのとなじる禿男。
逝きたくても逝けない苦しみに美穂はついに
「逝…いかせてよぉっ…お願い…」
と願い出た。それは美穂の女のプライドを砕くには十分な仕打ちだった。

禿男は笑みを浮かべながら
「ヘッ…この淫売が…逝かせて欲しい?後でなっ」
そう言いヘアチェックカメラを取り出すと
「さぁ禿マンコの後ろのケツ毛のチェックだ」
またもやしゃがみこみ今度は美穂のアナルを映し出した。
アナルの周りにはさっきは剃られなかった毛が生えている。
痛っ!お尻にチクッとした痛みが刺さる。禿男は嬉しそうに顔をあげた。

「ホ〜ラ、お前のケツ毛だよ」
禿男はそう言いながら美穂の禿マンコのドテに短い毛を置いた。
「痛いだけじゃぁかわいそうだな」禿男がまた荒々しく指でかき回す。そして美穂が大声であえぎ出すとケツ毛を抜きドテに置く。

お尻の穴の毛をむしられながら私逝っちゃうの?…いや…そんなの…でも…ダメェ…
美穂は何度も自問自答した。そしてその答えは…
「ダメダメダメェッ!お尻の毛…逝っちゃ…ウゥゥゥゥンッ!!」
ブシュゥゥゥッ!!…何本目かも解らないケツ毛を抜かれた瞬間、美穂は絶叫と共に失禁し逝ってしまった…

全身を振るわせ波のように寄せる快感の余韻に美穂は頭がしびれていた。
「汚ね〜なぁ。ションベンまき散らしやがって…」
美穂のオシ○コがかかった指を舐めながら片方の手で禿マンコの割れ目から膣口に催淫剤を塗り込む。

禿男の指がそこに触れる度に催淫剤など必要ない程に淫汁が溢れ出てくる。
「さぁ次は…解るよなぁ」
禿男は美穂の拘束を解くとズボンを下ろしへたり込む美穂の前に仁王立ちした。
もはや快感の虜になり薬によって秘部が痛いほどに疹く美穂にはそれを拒む道はない。
うつろな目を潤ませ禿男のパンツを下ろしそのチンポを頬張った。

ングッ…ンハァ…ブチュブチュと音をたて禿男のチンポを必死にしゃぶる美穂。
そして疹く秘部をいじり出す。
「ンンーン…アアッ…また逝っちゃう…」
と、禿男が美穂をチンポから引き離し
「誰が自分でしていいなんて言った?やっぱりお前にはお仕置きが必要だな」
そう言い美穂の手を後ろ手に縛った。


「そ…そんなぁ。ダメェ逝かなきゃおかしく…なっちゃうゥン」
もうプライドだとか羞恥心など美穂には存在しない。さっき塗り足した薬がその思いに拍車をかける。
「そうだな俺を逝かしたら触らせてやるよ」
美穂に迷いはない。自分の涎でベトベトの禿男のチンポをくわえこんだ。

ンンッ…ンハァッ…ングング…禿男のチンポを必死にしゃぶる美穂。
RQ時代から今まで何人もの男をソデにしてきた。そんな私がこんな醜い禿男の…。
でも今は一刻も早くこのチンポからザーメンを搾り取り秘部をかき乱したい…でなければ頭がどうにかなりそうだ。
禿男のチンポをしゃぶるだけでトロトロと淫汁が溢れでてくる…。

禿男の息が荒くなり美穂の頭を押さえた。
「さあ逝くぞ。しっかり飲めよ」
美穂は禿男のチンポをくわえたままうなずく。
「アァ…逝くぞ…さぁしっかりと…全部飲むんだぞ…ウゥッ!」
禿男のうめき声と共に美穂の口の中に生臭い体液が注ぎ込まれた。

口内に広がる生臭い匂い。何度もビクッビクッとさせ先から生臭い液を送り出してくる禿男のチンポをチュウチュウと吸う美穂。
「さあ口を開いて俺に見せてみろ」
禿男はゆっくりとチンポを抜き美穂に口をあけたままにさせる。
舌に白濁色の粘液が絡みついている。
「さあ飲むんだ」
コクッとうなずき臭い粘液に顔を歪めながら美穂は臭い粘液を飲み込んだ。

「ね…ねぇ約束よぉ…手…自由にぃ…」
瞳を潤ませ懇願する美穂に
「いや、ダメだな。お前みたいな淫乱女には手を自由になんか出来ないな…それよりいい物があるだろ?」
美穂の視線は禿男のチンポに注がれた。

美穂は考えた。何も触れなくてもドンドン汁が溢れ出てくる卑猥な秘部。
もし今チンポで貫かれたら…想像するだけで淫汁が次々と溢れる。怖い…私本当に狂っちゃうかも…。
でも今までにない快感を得られるのは間違いない…。
美穂は禿男のチンポをくわえこむとユックリと吸い舌先で刺激を始めた。

禿男は美穂を寝かすと69の状態になりそのドロドロの禿マンコにしゃぶりつく。
絶頂快感と薬の効果が相まって美穂のマンコはニチャニチャと糸を引いている。
禿男は美穂の激しいフェラにより再度勃起したチンポを口から引き抜くと大きく開かせた股間の割れ目にすりつけた。

「どうして欲しいんだ?言ってみろよ?」
禿男はそう言いつつ割れ目をチンポでなぞりクリを刺激する。
「ンッ…ウッ…入…入れてぇ」
これ以上じらされれば気が変になる…美穂は醜い禿男のチンポを要求した。

そんな美穂をはぐらかすように
「そんな言い方じゃダメだな、俺が喜ぶようなとびきり下品で卑猥な言葉でお願いしなきゃぁ」
もう秘部の疹きは限界にきている美穂は
「そんなぁ…アッ…わ…私のは…禿マンコにぃ…ドロドロの禿マンコにチンポ入れてぇ…無茶苦茶にしてぇ」
禿男は満足そうに笑うと美穂の割れ目にチンポをぶち込んだ。

「アアアアアンッ!チンポ来たぁ!」
禿男のチンポが入ってきたそれだけで美穂は逝きそうになった。
禿男はゆっくりと動きだした。ピストンされる度にブシュッブシュッと淫汁が吹き出て美穂が大声でよがり狂う。
「アアッ…ンッ…イイッ…マ…マンコォ…禿マンコがブシュッブシュッてぇ…チンポ…イイッ逝っちゃうゥゥッ」
その時、禿男が突然チンポを引き抜いた。

「アァン…ダメェッ…チンポォ…チンポォ…」
目に涙を浮かべ禿男のチンポを懇願する美穂に
「お前みたいな淫乱女は初めてだ。そんな女のこっちの穴は…どうだ?」
禿男は美穂のマンコからアナルへとターゲットを変え一気に突き入れた。

「痛っ!!痛いィィィン…アッ…アッ…アッ」
先程から痛みと快感を繰り返し与えられてきた美穂にはその違いは希薄な物になっていた。
「全く…ケツの穴でもこんなによがりやがって…どこがいいんだ?」
美穂は痛みと快感に打ち震えながら
「痛いっ…でも…イイッ…オシ…オシ…ケツ…ケツの穴がぁ!チンポがイイィィッ!」
禿男は不敵な笑みを浮かべ
「よ〜し。じゃぁケツで逝っていいぞ。しっかりイイ声で鳴けよ」
禿男が激しいピストンを始め催淫剤をさらに塗り込む。

美穂はポロポロと涙を流しながら
「ネェ…ネェッ…イイッ…逝っちゃう!!私ッ!ケツの穴ァ…アアアアッン!!逝くゥッ!!」
と叫び…
ブショァァァッとこの日2回目の失禁と共に絶頂を迎えた。
半開きの口はワナワナと震え視線は定まらない。
私…こんな禿男に犯されて…お尻犯されて…オシッコ洩らしながら逝っちゃった…。

「オイ!!まだ終わりじゃないぞ。お前の大好きな穴がまだ残ってるだろ?さぁオネダリしてみろ」
禿男は美穂のアナルからチンポを引き抜く。初めてチンポを迎えいれたアナルが弱々しく赤く充血している。
「私の…私の禿マンコォ…犯してぇ…チンポで…私の…ドロドロ禿マンコ壊してぇっ!!」
美穂の必死の願いに
「よ〜し。お前の禿マンコにぶち込んでやる。好きなだけ逝っていいぞ」
と言い…

一気に美穂のドロドロ禿マンコに挿入した。
「アアアン!チンプォォッ!!チンプォが当たる…奥にぃ…チンプォ…チンプォォッ!」
痛みと快感の交錯するアナルと違いそこにあるのはただひたすらに強く激しい快感。
禿男のピストンが激しくなればなる程に声をあげマンコから淫汁が吹き出る。それは美穂の体が発する歓喜の涙であろう。

「アァ…また逝っちゃうよぉぉ。私狂っちゃうぅぅ…チンポがチンポがァァァッ!!」
美穂はまたもや体をのけ反らせ絶頂を迎える。
しかしその余韻に浸る間もなく禿男の激しいピストンが美穂を襲う。
「アアッ怖いィッ…逝きすぎてェッ…逝きすぎて狂…狂っちゃうゥゥゥ!!」

最早何度絶頂を迎えたのかすら解らない美穂。
後どれだけ逝けばこの快感地獄から抜け出せるのか…いや抜けだしたくない。例え狂ってもこの快感から離れたくない…美穂は一種のトランス状態かもしれない。
「何回も勝手に逝きやがって。全く淫乱なチンポ狂いだな。そろそろ俺も逝かしてもらうぞ」
度重なる絶頂に酔いしれる美穂に禿男の言葉は甘美なささやきに聞こえた。

逝くの?私の中で?あの臭いザーメンを中に…今中出しなんてされたら…美穂は背中がゾクゾクした。
今までにも増して禿男の責めが激しくなる。角度をつけマンコの深い場所にチンポを突き刺していく。

「ア゙ア゙ア゙ーッ!逝く逝く…また逝っちゃう!!」
また限界を迎えた美穂が叫ぶ。
「ダメだ、今回は…俺も逝くんだ。俺の…ザーメンがお前の中に広がるまではぁ…逝っちゃダメだ」
禿男の呼吸が乱れ腰使いも佳境に入る。

「アアアッ逝くぞ、バカにしてた禿男の臭いザーメンがお前の中に…ウアアッ!逝くっ!!!」
「ンンンァァッ私も…逝くゥ…イッパイ…出してェッ!!チンプォォッ…逝くゥゥッ!!!
禿男の動きが止まりビクッビクッとザーメンを絞り出す。
美穂はうわごとのように
「アアァ…入って…くる…イッパイ…イッパイ…ザーメン…」
とつぶやき四肢を振るわせている。
「さぁ自分のマンコから出るザーメンを舐めろ」

何度となく絶頂を迎えた美穂は立つことも出来ず四つん這いのまま震える足を広げ剃りあげられた禿マンコに手を当てる。
ドロ〜ッと溢れだしてくる禿男のザーメンを愛しそうに舐め飲み干す美穂。
ザーメンを掻き出す指がいつしかマンコを掻き回しだしていた。

「全く…今度はオナニーかよ。忙しい女だな。じゃあこっちが寂しそうだから塞いでやるよ」
禿男は四つん這いでマンコを掻きむしる美穂のアナルにヘアチェックカメラを突き刺した。
店内にコダマする美穂のよがり声。
禿男はそんな淫らに快感をひたすらにむさぼる美穂に
「夜はまだこれからだぞ…」
とつぶやき一服した。

…いつしか外は朝になっていた。早番の男性社員が数名出社してきた。
彼等が社内に入り目にしたのは…
床に素っ裸で寝転がりあらゆる穴から淫汁とザーメンを垂れ流しチンポ…チンポ…頂戴…とつぶやいている社内のアイドル・美穂の姿だった。
男達の目がギラリと光る…

「吉岡さん…俺達が好きなだけチンポ味わせてあげますよ…」


PAGE TOP