舌で皮を剥いてチュパチュパと・・


俺は障がい者で、某県にあるデイサービス施設に通ってる。
名前はタケシとでもしときます。22歳だった2年ほど前のある日の入浴介助での出来事を書きます。元々俺の通っている所は、入浴介助が利用者に対して一週間に二回ほどあるのですが、その日もちょうどその日でした。俺がその日行ってみると、ある女性職員が話しかけてきました。
「タケシさん実はね・・・」
彼女の名前は、由美さん。俺より2~3歳年上だった。
俺も朝来てすぐ話しかけられ、思わず
「どうしたの?」
と尋ねた。彼女とは歳が2~3と近いせいもあり、タメ口の仲だった。

そしたら、
「今日は男性職員が少ないから、私が1人で入浴介助する事になったの」
(通りで朝の送迎車の職員が1人だったわけだ)
俺の通っている所に限らず、異性介助は珍しくない。

(女性職員が男性利用者の入浴介助に入る事は珍しく無いのだが、普段は職員二人体勢で入れてもらっていた)
最近は同性介助も多いらしいが、個人的には異性介助がいいなぁと思ってみたり。

そんな事を考えていると、
「どうかな?私1人じゃ不安??」
確かに不安ではあったので、こう言った。
「由美さん1人で大丈夫?」
俺は彼女が好きだったので、ちょっと心配だったからだ。

そしたら「タケシさん掴まり立ち出来るし、いざという時は職員呼べばいいし♪」
(なんとも安易な考えとも思えたが・・・ww)
俺も好きな由美さんに入浴介助してもらえるので、即OKww

で、脱衣部屋に行ったら彼女が、
「ちょっと着替えるから待ってて♪」
そう言ってTシャツの上から入浴専用着に着替える彼女。

彼女に掴まり立ちをしてズボンとパンツを脱がせてもらっって、イスに座らせてもらったら、アソコが既にギンギン状態ww

ちなみに俺の障害がどの程度かと言うと、軽度の脳性マヒ。
不随はあまり無いけど、自力の歩行や、立つ事は不可能。まぁ、他にもいっぱいあるが割愛。

そしたら案の定、彼女が、
「あ、タケシさん元気になってるw私が介助してるからかなぁ・・・?」
俺はそうだよと言いたかったが、恥ずかしかったので、
「違うわい」
と答えた。

そんなこんなで身体洗いがスタート
「そういえば、由美さんと入るのってレアじゃない?」
「あ、そういえばそうだね。今まで2~3回ぐらいしか無いかも?」
「どう?嬉しい?」
もう隠すのも良いかなと思い、素直に「うん・・・」と言った。

で、タオルなどで身体を洗ってもらってたら、思わず
「はぁ・・・」
とエロい吐息が漏れ、力が抜けて彼女が「ん?」って言ったので、慌てて、
「最近あまり風呂入ってなかったから気持ちよくて・・・」と言って誤魔化した。
まぁ、違う理由で気持ちよかったのだが

それを聞いた、彼女がこう言った。
「タケシさん、ここはどうする?」
俺の仮性包茎の事だった。それを聞かれ、俺は一瞬戸惑った。

「凄い痛いから、いつも皮剥かないでって言ってる」
「うん、それは聞いた。でもさ、剥かないとカスも溜まるし、匂いもするし」
彼女が俺を上目遣いで見てくる。
「今日はダメ??」
そう甘えた声で言う彼女。
「ダメじゃないけど・・・剥く前に言いたい事があるんだ」と俺。
「なに?」不思議そうな表情の彼女。

「実は俺、前から由美さんが好きで・・・。本当は痛いからやめてほしいけど、由美さんなら、我慢する」
そう言うと、彼女が、
「前から知ってたよ~w分かりやすいんだもんタケシさんwだってさっきも起ってたじゃんwwでも、ありがとう。嬉しいよ」

しばらく考える彼女。
「じゃあ我慢できたらいい事してあげる♪それじゃ失礼します!」
と俺のペニスに彼女の手が伸びる。ズリンッと俺の包茎が完全に剥かれた。
うぉぉぉぉ・・・案の定相当痛かった。
「大丈夫?痛い?」
と聞かれたが、痛さで答えられる状態ではないほどだった。

「ごめん、すぐに洗って済ませるね」
と彼女。手早くタオルやシャワーなどで洗われましたにしても、痛かった。
「うっわ~相当なカス。アソコも真っ赤っかだ」
「こりゃ洗いがいがあったね」
「さてと、綺麗になったし・・・。約束だった良い事しよっか?とりあえずは、入浴着脱いでTシャツ一枚になろっと♪」

その時、入浴部屋の電話がフロアからだった。
どうやら、由美さんに入浴介助を1人で任せたのが心配だったらしい。

「彼女は大丈夫です。あと20分ぐらいで済みそうです」
と言って電話を切った。

「それじゃ改めて・・・って皮戻ってるしww」
「そらしょうがないよ・・・日頃剥かないんだし」
「うん。まぁ・・・ね。で、何したい?」
「あ、付け加えるとパイこきは出来ないよ~。私、胸ないし・・・」
「まぁ、見るからに・・・」
「も~、何もしてあげなくてもいいの?!」
と、ちょっとすねた感じになる彼女。

「じゃ、改めて何したい?って言ってもここお風呂だから、出来ること限られてくるけど・・・」
俺が考えて悩んでいると、
「じゃこれからね」
軽くキスしてきた。その瞬間・・・ピュ!と飛び出た。
彼女の驚いた顔。
「え!?まさか、もう出たの?いくらなんでもはやっww」
「仕方ないよ~好きな由美さんにしてもらったらこうなるって・・・」

「じゃあ2回目、フェラは?」
「それじゃ・・・フェラで」
俺のペニスを口に含むと、チロチロ、舌で皮を剥いて、チュパチュパと(3回ぐらい上下させただろうか?
俺「イキそう!」
あっという間の出来事だった・・・。

その後、
「俺にこんな事して良かったの?」と聞いたら
「バレたら確実にクビよねwでも、タケシさん言わないだろうし、それに、気持ち良かったでしょ?」
恐らく、俺の気持ちを前から知っていてしてくれたのだろう・・・。

そんな事は、それ以来一度も無かった。
そして半年後、同じ系列の違う施設に彼女は異動になった。


PAGE TOP