初めてのアナル攻めに体に電気がはしる僕www


会社の先輩に紹介され初めてメンズエステに行った。
「割引券あげるから行ってみたら」といわれ仕事帰りに行ってみたわけ。
駐車場に車を停め緊張しながら店に入った。
受付「初めてですか?」「あっ、はい」
「コースが4つありますがどれになさいますか?」
「あっ、あのーこの割引券貰ってきたんですが」
受付「この券をご利用でしたら60分7500円のコースになりますがよろしいですか?」
僕「じゃあそれで」

待合室で待ってる間緊張で2回もトイレに行く僕。そして、いよいよ名前を呼ばれ席を立った。

エステ嬢(以下マイ)「マイっていいます。よろしくお願いします。」
僕「あっよろしく」
マイ「そしたら、このパンツに着替えてください。着替え終わったらこのボタンを押してくださいね。」
僕「わかりました」

着替え終わりボタンを押すと

マイ「失礼しまーす」
僕「よろしくお願いします」
マイ「それではこの台の上にうつ伏せになってください」
僕「あっ、はい」

そしていよいよマッサージが始まった。まずは背中に温かいローションを塗ってマッサージ。その後、腕、お尻、足と進んでいく。マッサージの間他愛のない会話続く。細い腕の割には力が入っていて気持ちいい。

マイ「そしたらお湯で流しますねー」
 
一通り流し終わると

マイ「次に仰向けになってくださーい」
僕「はい」

ローションを胸のところに垂らす。そしてマッサージ。マイちゃんの服装のせいか少しあそこが反応してしまう僕。
そしていきなり

マイ「そしたらパンツを取りますねー」
僕「えっ!」
マイ「恥ずかしがらなくてもいいですよー」
僕「わかりました」

そして僕のあそこにローションを垂らしゆっくりしごくマイちゃん。

マイ「大きくなってきましたね。気持ちいですか?」
僕「はい、気持ちいいです」

すると左手であそこを、右手でアナルを攻めるマイちゃん。初めてのアナル攻めに体に電気がはしる僕。

マイ「少しなら触ってもいいですよ」

というと僕の手をとり上着の中にもっていくマイちゃん。

僕「えっ、こんなの、いいんですか?」
マイ「お兄さんだけ特別ですよ。店の人には内緒ですよ」
僕「あっ、わかりました」

マイちゃんは下着をつけておらず生パイを揉み揉みする僕。乳首がいい感じで立ってきているのがわかる。

そしてついに

僕「あーー、いっちゃいそう!」
マイ「いいですよ。おもいっきり出してください」
僕「あーーいくーー」

いった僕の口に顔を近づけるといきなりキスをするマイちゃん。

僕「メンズエステってこうゆう所なんですね」
マイ「健全な店もありますけど、ぬき有のところが多いんですよ。でも、タッチやキスはお兄さんだけ。特別ですよ。」
僕「そうなんだ、ありがとう」

体を洗ってもらいタオルで綺麗に拭き取ってもらったら

マイ「また来てくださいね」
僕「はい、また来ますよ」

まさかメンズエステでぬきがあるとは思わずに行った僕。驚きと興奮で初エステを終えた。
それから月に2度は通っている。ソープより安いから僕にとっては手軽な息抜きとなっている。


PAGE TOP