スカートをたくし上げてパンティの上から股間攻撃www


俺、高校の教師・担当は数学。彼女、中学の教師・担当は理科。
・・・・・げ、下痢が止まんねぇんだよ、ずっと。
 胃腸科に行ったら・・・大変だぁってことで、なんか書いてもらって大学病院に入院。
 紹介状か・・・。医者も黙ってるから、不安だったけど、なんとか腸炎ってヤツ?
「大丈夫ですから・・・」って医者は言うんだけど、おまえが決めるな!!!
 大丈夫であるか否かは、俺の腸に聞いてからにしてくれ。
痩せてく・・・・もしかして、ホントは「癌」・・・・????
 彼女の軽自動車に乗って(俺は後ろに寝転がってた、膝曲げて)都心の病院へ。

紹介状があるのに、なんでこんなに待たされンのよ。入院手続きに走る彼女、なんで笑ってンの??
 ふざけてるよなぁ・・・。俺が「トイレどこ???」って聞いただけだぞ。苦しいのに。
 着替えとか、なんにも持ってきてないんだった・・・。
 あとで彼女が持ってきてくれたんだけど、みんな新しい下着じゃねぇか。
 それも童貞パンツ。親父シャツ。変なガラのパヂャマ・・・。マッ黄色だぞ。
こんなのどこで売ってンだ?
 んんでもって、病室へ。ろ、六人部屋????
・・・まっ、金がねぇか・・・仕方ねぇ・・・
 数えたら七人いるじゃねぇか。陰になって見えなかった。変な作りの角部屋だな・・・。
 で、とうとう、初めての入院だ。楽しまなくては。
 レントゲンは撮られるわ、グニュグニュした液体を腹に塗られて、ハンドスキャナーみたいなので見られるわ、その夜は、大変疲れた・・・。次の日にやってもらいたかったぜ。
 しかし、点滴と薬で下痢がとまっとる。あら不思議。
 ただし、食事がない。
 点滴のみでの生活が始まり、さらに体重が減る。
 毎日彼女が来てくれるんだけど、部活はどうした?(中学の先生)

 ベッドに腰掛ける彼女の腰に手を回すと、ビクッて反応。スイッチ・オンーーーー!!!!
 もちろんカーテン締めてだよ。7人部屋なんだからね。
 声は聞こえるんだぜ、カーテン閉めても。
 俺もまずいと思って、それ以上はしなかったよ。なのに彼女の背中は、野獣を物語っている。
 そういえば、このところ、ずっとご無沙汰だった。
 というより、俺は死ぬ思いの下痢の連続だったから、そっちは考えられなかったンよ。
 ふざけて腕を絡めるだけで、彼女は軽い貧乏揺すり。半分、怒りも。
 背中からの爆発まで、あと、30分。そんな思いで彼女は俺にキスしてきた。
「じゃ、これで帰るから」
 そう、言い残して、俺のほっぺをつねって病室を出た。
 怒ってる怒ってる・・・。後で鏡を見たら、赤く爪の跡がついてた。マジ、痛かった。
 仮にも俺は病人なんだぞ、いつもとは違うんだ。
 時々襲ってくる下腹部の痛み。トイレへ行くと、激しい下痢。
・・・まだ、治ってなかったか・・・。
 メシ食ってないのに、出るんだねぇ・・・不思議。
 次の日、彼女が来なくて、職場の同僚。
 団子とか持ってきてもらっても、食えねぇっての。それも俺が大好きな磯部団子ぢゃねぇか・・・。俺にけんか売ってンの????
「生徒達が心配して、これ作ってくれてたぞ」
 同僚が持ってきてくれたのは、新聞紙で作った鶴。普通、千羽鶴だろが。とほほ・・・。
 騒ぐだけ騒いで、同室の人たちに迷惑かけて、帰って行った。
 鶴の中に手紙・・・。「早く帰ってきてください」
 俺は涙が出たよ。
 担任をしてて良かったと思う瞬間だな。
 同僚からは「変なクラス」と言われてたが、俺はこのクラスが一番好きだ。

 4日目になると、だいぶ回復してきて、元気が出てきたよ。
 で、元気が出てくると、あら不思議、性欲も・・・。
 そういえば下痢が始まってから、ずっとしていない。オナニーもセックスも。
 彼女には悪いことをした・・・。そういえば、女って我慢できるの????
 夕方彼女が来たときに、聞いたんだよ。
「してるよ、我慢。早く良くなれ、早く」
 血走ってる。俺もしたくてたまんないんだよ、って言ったら、ふざけるなってチンコ握られた。
「元気ないじゃないか」
 って捨てぜりふ。
「病人だぞ、俺は」って弱がってみたが、聞く耳持たず。
 チンコにぎにぎしてくれるんだけど、勃起しないんだよね。
 ほら、隣に人が寝てるじゃん?俺は俺なりに緊張してんだよね。一緒にテレビとか見て、六時過ぎに体を拭いてくれるって言うわけ。
 点滴してるから、だいぶ風呂に入ってないんだよね。
 看護師が用意してくれるんだぜ。いっぱい。
 パンツいっちょになって、背中とか拭いてくれて、スースー寒いけど。さすがにチンコ、勃ってきちゃって・・・。
 パンツの中ででっかくなっちゃってんの、彼女がくすくす笑ってンだよ。
 童貞パンツだろ?ふくらみ具合が、モロ、わかるわけ。
 俺のチンコ、わざと避けてンだよ。ふざけてる。先日の仕返し????
「それ(チンコ)とおしりは自分で拭いてね」
 そういって、背中を向けるわけだ。
 パンツ下ろして、すごすごと拭くわけだ。
 マックス状態のチンコからは、なんか、出てきてるし。彼女は目を閉じながら、背中向けてる。
 ただ、俺が体を拭いている音と動作に、聞き耳を立てているのがわかる。知らんぷりしているのが悔しいから、俺はいたずらしたわけ。
 勃っているチンコを背中にくっつけるんだよ。
「つんつん、こんにちは」
 とか言って。隣に人がいるのにねぇ・・・。
 まっ、何やっているかはわからないだろうけど。
 背中に突き立てられたチンコを無視しながら、彼女は知らんぷり。
 ホントはわかっているくせにだ。
 で、調子に乗って、脇の下に忍ばせたり、首筋につけたり。
 トドメに左手に握らせたら・・・ぎゅゅゅゅゅっっぅぅぅって握られた。
 い、痛かった。ちょっと・・・。
 まっ、きれいに拭いて、パンツはいて、パヂャマ着て、終わり。
 点滴台を携えながら、病院ロビーまで彼女を見送り。
 あんまり歩かないでいると、いけないらしい、ということで。
「できるとこ、探しといてよ、トイレとか」
 彼女が言い捨てて駐車場に消えた。
 そ、それって男側のセリフでしょうが・・・。
 バカぢゃねぇの?俺も。いろいろさがしてんの、場所。
 まっ、トイレだよなぁ・・・。車いす用のトイレが各階にあって、そこだっ!!!!!
 比較的、きれい。というか、あまり使わないから、かなり清潔。さらに、広い!!!!
 朝からわくわくわくわくわくわくわくわく。
 お、おまえ、女子大生じゃねぇんだぞ。
 すごい格好でやってきた彼女。キャバクラ嬢みたい。化粧も。
 パンティ、見えそうじゃねぇか。同室の男連中が、唖然としてたよ。じじいばかりだったけど。
 いろいろ話とかしてて、わざとらしく聞こえるように、
「私、これで帰るから」
「じゃ、ロビーまで送る」
 ふざけた芝居・・・。
 最上階の車いす用トイレ。調べておいたんだよね。
 重い扉を開けて二人で入ったわけだ。
 なんだか向かい合って、それから抱き合って、静かにしてんの。
 点滴台が邪魔なんだけどね。
 おぉおぉぉぉ、久しぶり。

「わりぃな、いつも。もうすぐ退院できそうだから。」
 俺がポツリ言うと、
「ホントに心配してたんだぞ、まったくぅ」
 って涙流しながら、むさぼるようにキスの嵐。
 ずいぶん寂しい思いをさせてたんだなぁ・・・って反省したよ。
 で、壁に寄りかからせて、キスしながら胸はだけてナマにさせて先端を舌で刺激。
 だんだんしゃがんで、スカートをたくし上げて、パンティの上から股間攻撃。
 膝ががくがくし出して、立っていられない状態。感度良好な彼女。
 服装?当時流行ってた革のミニスカートと白いブラウス。ブラジャー、完全に透けてた。
 で、なんか光沢のあるストッキングに短いブーツ?だった、ような・・・。
 キャバクラ嬢じゃないな、言葉の誤り。ただ、顔がド派手だから、夜のお姉さんによく間違われる。
 化粧をすると、ホントにやばい。完全にホステスみたい。勝負しに来たって感じだね。
 で、立っていられないというので、俺が便器に座ってその上から彼女。
 生理前だから、そのままでいいって言うから。遠慮なく・・・。
 ゆっくりゆっくり入れたんだけど、彼女の反応というか、がっちり入ったと思ったら、彼女の一回目の昇天。ぶるぶる震えるから、すぐわかるんだよ。
 まっ、前戯も長かったというのもあるんだろうけど。軽い失神状態で、俺に体をゆだねてた。
 しばらく結合したまま、彼女の息が整うのを待って、さて、本番。
 実は、この状態、初めてで、チンコの先が子宮口というか、何かにぶつかってたよ。
 彼女もかなり気持ちがいいらしく、俺の体をきつくきつく抱きしめてた。
 足首を使って軽い振動を与えるだけで、お互いがすごく気持ちよかった。
 完全に一体化したって感じ?点滴に気をつけながら、振動し続けて・・・。
 俺が「イキそうなんだが・・・」と伝えると、返事もなくて震え始めてるわけよ。
 で、俺は思いっきり力を込めて射精。彼女の顔見たら、マジで白目。
 下から見たからかなぁ・・・。体が硬直して、息が止まってんの。焦ったよ、ホント。
 俺のチンコの何度痙攣したか、かなり持続して射精してた。
 多分なすごい量だったと思う。彼女のブラウスがびっしょりになってた。
 俺に倒れかかったまま、時々ぴくぴく動いてたよ。
 ホントに昇天したって感じかな。俺の精液を子宮で直接受け取ったからね。
 チンコを抜いた瞬間、どろっと滴ってた。
 場所も場所だけに、淫靡な設定だったからね。お互いに異常な興奮をしてたよ。
 病院内でこんなことしたのは、きっと俺たちだけかも・・・。
 と思っていたけど、ホントかどうかは知らないが、友人も病院内でしたことがあるということを後々聞いた。
 このときを境に、正常位の他に彼女が上になるというスタイルを欠かさなくなった。
 というか、勝手に上から攻撃してくるようになったわけだ。
 彼女が上でイクようになったのは、たぶん、この日からだね。
 三日後、退院したんだけど、後二日間、同じトイレで、交わってしまったよ。
 俺たち、何やってたんだか・・・・(完)


PAGE TOP