妹は喘ぎ声を出していた…


夏休みになり、我が家に子供連れで妹夫婦が泊まりにきた。
夕方、私が仕事から帰ると妹が玄関で枝豆をもいでいた。
「お兄ちゃんお帰り。しばらくお邪魔するね」
人妻になった妹は32歳で二人の子供を出産した。
旦那は確か34歳の三十路夫婦。私は35歳でまだ独身だ。
妹は座って枝豆をもいでいたが、Tシャツのすきまから胸の谷間とブラがチラ見え妹のオッパイなど見ても興奮などしないはずだが、つい胸の谷間に視線がくぎづけになる。

妹の胸はけっこう大きいらしく谷間がすごい。
ブラは水色のようだ。
妹に気づかれぬようマジマジと見てしまった。

そんな感じで夜は家族みんなで宴会した。
私も飲んだし妹夫婦もかなり飲んでいた。
その夜飲みすぎた私はのどが渇き水を飲みに台所に行く途中妹夫婦の寝ている部屋の前を通ったらなにやら話声が。

「うぅうううん・・だめだよぉ・・こえでちゃう」
実家に来てまでエッチかよ、まぁ二人ともかなり飲んでたからな。
と思い通り過ぎようと思ったら妹がけっこういやらしく声を出している。

「ああん・・・だめぇ・・・きこえちゃうよぉ・だめだってばぁ・・・」
「こえだすなよ」
「そんなのむりぃ・・いやっ・・・んん」

妹の苦しそうな声にならない声をあげているが、キスされて口を塞がれているのか手で塞がれているのか。

私は立ち去る事もせずドアに耳えを当て妹のいやらしい声を必死に聞いていた。
何か吸ってる音が響く。
乳首を吸われてるのかそれともアソコを吸われてるのか。


妹は喘ぎ声を出していた。
「ああん・・いい・・すってぇ・・・もっとすってぇ・・・・」
私のちんぽはすでにギンギンに勃起してしごき始めた。

義理弟が舐めてと言ったようだ。
いまドアの向こうではフェラしているのだろう。

しばらくフェラしているような感じで私は声だけじゃなく見たくてしょうがなかった。
しかしドアを開けて入るわけにもいかない。

私は妹のエッチで何興奮してるんだという理性も働いたが、目の当たりにこんな声を聞かされてるんじゃどうにもならない。
しっかも先ほど胸の谷間を見たばかりだ。

「はぁはぁ・・ああん・・いれてぇ・・ねぇ・・いれてぇ・・・」
どうやら挿入をせがんでいるようだ。

やがて声が激しくなり体がぶつかる音がして挿入されてるようだ。
「ああんあああん・・・いい・・」
かなりエッチに喘いでいる。

妹がこんなにもスケベだったなんて。
女はみんなそんなもんか・・・。

「いい!きもちいい・・もっと!、もっとついて!」
その声を聞いた途端我慢できなくなり、ティッシュも用意するまもなく自分の手のひらの中でドクンドクンと精子がとめどなく出た。

手のひらから大量の精子が床にこぼれ落ちる。
身体全身が気持ちよさのあまり痙攣するように震えた。

ドアの向こうでは妹がまだ激しく突かれてるようだ。
私は我に返り床に落ちた大量の精子を自分のTシャツでふき取り部屋に戻った。


PAGE TOP