2人に女の子にやさしく触ってもらいましたw

私は大学3年生のときに、
同じサークルの同じ学年の女の子5人の前でオナニーしたことがあります。
そのときのことを詳細に報告します。

東京にあって、語学に強く女性が多い大学の英字新聞サークルです。

彼女たちはまじめな人達ですが、まじめなだけに反動も大きいのでしょうか。
同じ学年の構成は、男は私一人で、あとは女性5人なのです。

それで、サークル旅行のときに貸別荘を借りたのですが、
学年で一軒ずつ借りることになりました。

一軒一軒の別荘は離れており、夜になると辺りが暗くて
別荘と別荘の間の行き来はできなくなります。

夜になると、女性5人のなかに男は私だけになりました。
みんなでワインを飲んで、話していると、

そのなかの一人が「男の人って、飲むと脱ぐ人いるよね。」という会話を始めました。
そんな話から始まって、「ねえ、タロー君は脱いだりしないの?」と私に聞きました。
もちろん、まじめな私はそんなことは一度もありません。
「ねえ、ここで脱いで、見せてよ。」と言い始めました。

ほろ酔いの5人は、普段なら絶対にそんなことにはならないのだろうが、
酒のせいもあって、5人が口をそろえて「見せて!」と詰め寄るのです。

「学年に男一人で仲間外れにされてもいいの?」と脅されて、
私は渋々ズボンとトランクスを下ろしました。

そんな経験は初めて(当たり前か!)だったので、
緊張していて、いつもより私のムスコは小さくなっていました。

5人の女の子が私の股間に群がってきて、私はその勢いに後ろに倒れてしまいました。

それでも、女の子たちはシゲシゲ見ているのです。
実は、堅い女性が多くて
(その中の3人は結構かわいくて、彼氏がいても不思議ではないのですが)、
男のムスコを見るのはなんと!全員とも初めてでした。

「触ってもいい?。」とその中の一人が聞くので、
私は結構いいなと思っていた2人の子にだけ許可しました。

他の3人はブーたれていましたが、
2人の女の子にやさしく触られて、私は感じてしまい、
「大きくしてはいけない!」と思いながらも、勃起させてしまいました。

大きくなったムスコに女の子5人はシーンとしてしまいました。

10秒程の沈黙の後、
一人が「勃起するとは知ってたけど、こんな早く大きくなるんだね。それにしても結構大きいね。」と言い、

また、もう一人は「大きさはもっと大きい人がたくさんいるらしいよ。」などと
いろいろと勝手なコメントをしていました。

そして、触っていた子が「タロー君、お願い、出すところを見たいの!」と言いました。

私は頭で分かっていながらも、
動揺して「精液を出すところのこと?」と確認してしまいました。

その子は「そう。一生のお願い!。」と言いました。
他の女の子たちものってしまい、全員でお願いをする始末。

私はみんなの性器を見せてくれるのならと交換条件を出しましたが、
女性はそんなところは絶対に見せられないと完全に拒否されました。

そこで、私は
「出すためにはある程度は興奮しないといけないから、全員下着姿になって。」と言うと、

彼女たちはそれならいいということで、下着姿になってくれました。

女の子たちは床に新聞紙をひきました。
私はそのうえに座って、足を伸ばして股を開きました。

もう一度、2人に女の子にやさしく触ってもらいました。
完全に勃起しました。

それから、一人の女の子が
「まだ出さないでよ。ここからはタロー君が自分でやってね。」と言いました。

5人の女の子たちは私の伸ばした足の方によつんばになって、
しげしげと私の上下にしごかれているムスコを見ました。

私は「そこにいるとかかるよ。」と言うと、
女の子たちは「出すときに言ってよ。よけるから。でも、出す瞬間は見逃さないからね。」と言いました。

私は「もう出るよ。もう出るよ。うっ、いく。」いってしまいました。
女の子たちは器用にかかるのをよけていました。
私は非常にはずかしくなりました。

男っていうのは、いったあとはすぐに正気に戻るのです。
それで、冷静になって状況を見つめたとき、
言い様のない恥ずかしさと空しさがただよっていました。

それから、事あるごとに5人の女の子のなかで
一人暮らしをしている子の下宿に連れていかれて触られたり出されたりされました。

エスカレートして、5人に順番に舐められたりされるようにもなりました。
でも、決してエッチはさせてくれませんでした。
(完全にプライベートで、その中の一人とはエッチをしましたが


PAGE TOP