いまだに妹とは関係が続いてます


競馬で勝ったので、

同僚の女の子(彼女ではない)と焼肉を食べに行ったら、

その子の妹(高3)から電話があり、

「是非合流したい」とのこと。

懐はあったかいし、断る理由も無く、

むしろ「歓迎するよ」と言ったら、2~30分で来た。

まあ今系のギャルっぽい子かなと思っていたら、

この子が予想に反して良かった。

お姉さんの方より発育が良く、

しかもせっせと肉を焼いたり、

飲み物をオーダーしたりとそつが無くて、気が利く。

更に色気もある。

もう一軒行こうと思っていたのだが、

タクシーで姉のアパートに送っていった。

妹は埼玉の実家に親と住んでいるのだが、

姉は都内にアパートを借りていて、都内の高校へ通い、

予備校に週2回行っている妹は、

たまに姉のアパートに泊まっているらしい。

ほとんど足元もおぼつかない姉を

アパートの部屋の中のベッドの上まで運んで帰ろうとしたら、

ラッキー(?)にも、妹が、

「何か冷たいものでも・・・」と声を掛けてくれた。

ここでホイホイ残っては、

下心を見透かされるかと思ったが、

妹の屈託の無い笑顔には勝てなかった。

「じゃあ、少しだけ・・・」と言って、

リビングの椅子に腰掛け、部屋を見回すと、

2LDKぐらいあってOLの一人暮らしにしては結構広い間取りだった。

妹が泊まることを考えて、

親が家賃の一部を補填してくれているらしい。

冷蔵庫を覗き込んでいる妹は、

「冷たいものってビールしかないみたいだけど、いいですか?」

と聞いてきたので、

「何でもいいよ!」と言うとロング缶とグラスを二つ持ってきた。

「私も少し飲んじゃおうかな~」と言うので、

「あっ飲めるんだ」と聞くと、

「お姉ちゃんに鍛えられているから・・・親には内緒だけど、ここに泊まる時は相手をしてやってるの」と笑っていた。

そして小さなグラスに入れたビールで軽く乾杯すると、

それをグーッと飲み干して、

ベッドで潰れている姉の方に行き、

ブラウスとスカートを脱がせ、掛け布団で姉を包むようにして、寝かせていた。

そして脱がせたブラウスとスカートはハンガーに掛け、

自分は隣の部屋に入って、ポロシャツとスエットパンツに着替えてきた。

その姿が、これまた可愛い。

「本当に気が利くね。

まるであなたの方がお姉さんみたい」と言うと、

「そんなことないですよ」と手を横に振って笑った。

この謙遜するところが益々可愛い。

そしてリビングのテーブルに戻ってくると

「あっ、おつまみが何もないね」と言って、

また冷蔵庫を覗いて何か見繕おうとしているので

、「もういいよ、何もなくて。これ飲んだら帰るから」

と言うと「まだ10時なんだから、もう少しいいじゃないですか、それとも私を相手に飲んでも美味しくないですか?」

と挑発するような言葉。

あれっ?こりゃ脈ありってこと?・・・と思ったが、

あえて気持ちを抑えて、

「じゃあ、もう少しだけお相手しようか、というか一緒に飲んでくれる?」

と言うと、嬉しそうに

「やったー、じゃあもう一度乾杯しましょう」

と言って、こちらのグラスと自分のグラスにビールを注いだ。

そして約1時間。

酒が強いといってもやはり高校生。

顔は紅潮し、多少ロレツも回らなくなってきていた。

「じゃあ、この一杯飲んだら・・・」と言うと、

「すみません、向こうの部屋まで連れて行って・・・」と言う。

「飲みすぎたんじゃないの・・・明日は二日酔いかもよ」

抱きかかえるようにして、隣の部屋に連れて行くと、

布団に倒れこむのではなく、逆に抱きついてきた。

「おいおい、大丈夫か?」と聞くと

「お姉ちゃんとは付き合ってないんですよね・・・じゃあキスして・・・」

と言って酒臭い口を近づけて来た。

ここで俺もとうとうタガがはずれてしまった。

キスをしながら倒れこみ、ポロシャツの裾から手を入れて、

胸をまさぐりながら、ブラの中に指を入れた。

もうこちらにされるがまま。

一瞬隣で寝ている姉が気になったが、

女子高生の体臭にあてられて、

結局最後までいってしまった。

何となく罪悪感もあったので、

泊まりはまずいと思って、この日は、タクシーで帰ったが、

姉の方は結局このことを知らず、

いまだに妹とは関係が続いてます。


PAGE TOP