私はしゃがんで彼の一物を自分の口に入れていました


私は10代で初めて子供を生み、

その後結婚と離婚を繰り返し、

今では5人の子連れの身です。

上2人はすでに独立し、

真ん中は唯一の女の子だった為、

父違いの男の子たちの中で育てるには難しいと思い、

実家に預けています。

しばらくは母子3人で一緒の生活を楽しんでました。

ある日、2番目の子の部屋に行くと、

先輩らしき人が息子の部屋のドアノブのところに

差し入れを掛けて、立ち去る所でした。

母親なので、お礼を言った後、

その先輩を息子の部屋に上げました。

部屋の中で2人で数時間過ごしましたが、

非常に彼の良さが伝わってきて、

私のほうから彼のメールアドレスや携帯の番号を聞いてしまいました。
その晩から、私は毎日のように彼に連絡を取るようになりました。

彼自身も一人暮らしをしていましたが、

経済的には問題はなく、

むしろその世代としては稼ぎはかなり良い方です。

それから私のほうから誘って、

彼と飲みに行きました。

自分で無意識に男を断っていた数年でしたが、

彼によってそれは打ち破られました。

何度か飲みに行くうちに、

私の方が彼に気を許してしまっていました。

そして、ある晩に飲みに誘われて、

待ち合わせ場所に行くと、彼は酒を飲むはずなのに、車で迎えに来ました。

どこに向かうのかは教えてくれず、

立ち寄ったコンビニでお酒を買いました。

彼が車を走らせている中で、

私は助手席でお酒を飲んでいました。

車の中で飲んだのは、初めてで非常に酔いました。

信号待ちでキスをされてしまいましたが、

私のほうから彼に抱きついてしまっていました。

彼の手は私の背中に回っていましたが、

信号待ちが終わると彼の手は私の背中を擦りながらも、服の中に入っていました。

驚いたのは、いつの間にかブラのホックが外されている事でした。

いつ外されたのか分かりませんでしたが、

服の前のほうを捲られた時に、気付きました。

気付いた私は恥ずかしくなり、

彼に抱きつくようにしましたが、

彼は運転中だから危ないからと言って、

私を助手席に押し付けました。

服は捲られて、シートベルトが胸の谷間に押し付けるようになり、

さらに彼の胸の愛撫が終わらず、服が落ちてきませんでした。

夜とはいえ、そこそこの他の車とすれ違うたびに顔を背けていました。

すると、また信号待ちで今度は彼が私にキスをしながら、

助手席のシートを倒してしまいました。

そして、彼が私の耳元でズボンを脱いで欲しいと言ってきたのです。

私は恥ずかしいからと一度は拒否しましたが、

彼に耳元を舐められているうちに反抗できなくなってしまいました。

脱いだズボンは後部座席に投げられて、

私は助手席に横たわりながら、

彼の手の愛撫をほぼ全身で受けていました。

彼の手は私の下着の中にも入り、

すでに濡れていた部分を丹念に撫で回していました。

運転しながらも愛撫をする彼は

言葉で私に恥ずかしい事を言ってきました。

その度に私が答えるまで、

続けてくるので私はそのうち素直に答える様になっていました。

自分から恥ずかしい事を口にさせられる事もありました。

男性経験はそれなりでしたが、

走っている車の中で辱められる事はありませんでした。

下着もそのうち自分で脱ぎ、上半身も脱ぎ、

自分から私は全裸になっていました。

彼は突然コンビニに入りました。

コンビニの駐車場で私は一人全裸のまま車で待っていました。

コンビニから出てきた彼はしばらく外でタバコを吸って、

私の様子を眺めていました。

他のお客さんや店員さんにはなんとか気付かれないで済みましたが、

すごく恥ずかしい出来事でした。

そして、いつの間にか車はどこかの山の中へと入っていました。

彼は車を止めて、私を降ろしました。

そして、ボンネットの上に手を付いた私の後ろから彼が入ってきました。

私が寒いというと、ボンネットの上に寝かされて、また彼が入ってきました。

車の揺れと彼の動きが妙にマッチしていて、気持ち良くなり、

そこからあまり記憶がありません。

気付くと、彼の助手席にまた全裸で寝かされていました。

時間はもう少しで日付を越えるところでした。

私たちは夕飯を摂っていなかったので、

適当なファミレスに彼は入りました。

そこの駐車場で私は下着は着けずに

とりあえずズボンと上を着て、お店に入りました。

それだけでも恥ずかしくなり、

私はあまり喉を通らなかったのですが、

それが逆にその店での滞在時間を増やしていき、

余計に恥ずかしくなりました。

駐車場で彼の車の後ろに呼ばれると、

彼が私に抱きついてきてくれて、

かなり濃厚なキスをしてくれました。

それと同時に服の中に手を入れられて、

ズボンはまた膝の辺りまで下ろされてから、

彼の足で地面に落ちていました。

すでに彼の愛撫に私は年甲斐も無く理性を失い、

恥ずかしさよりも欲求が勝っていました。

その場で私はしゃがんで彼の一物を自分の口に入れていました。

自分から彼を求め、下半身を彼に向けていました。

彼はかなり焦らしました。

それでも私が求め続けると、

車の影で私は地面に四つん這いになり、

彼を受け入れました。

彼は故意なのかわかりませんが、

地面に落ちていた私の服の上に最後の液を出していました。

それが彼との初めての体の関係でした。

ブログランキングに参戦中!この3つポチッとお願いします^^




官能小説ランキング


アダルトブログランキング

PAGE TOP