薄暗い立駐でフェラやセックスを楽しみますw


僕は毎日車で会社に通っています。

会社が契約している駐車場は、

共用立駐で月極と時間貸しが混在した7階建てです。

僕は、同じ会社の女子社員とセフレなので、

昼休み時間を利用して、この薄暗い立駐でフェラやセックスを楽しみます。

車のリアガラスと後部座席横ガラスは純正ですが

外からは黒くて中が見えないからけっこう安心して楽しめます。

1時間でセフレは席に戻る必要があるので長いプレイはできませんが、

それでも昼食をがまんすれば約50分は楽しめます。

今日はフェラは10分くらいで残りは体面騎乗位と

背面騎乗位とバックからの挿入プレイで楽しんでいました。

後処理の時間がとれないので、

いつも中出ししたら生理用ナプキンをつけてセフレを会社に戻します。

1回だけ中出ししました。

実は、フィニッシュの体位がバックだったのですが、思いっきり奥に射精した瞬間に僕はふと視線を正面に止まっている車に向けました。

特に理由はなかったのですが。

すると運転席に女性が乗っていて、視線が合ってしまいました。

しかし、こちらの車内からは相手がよく見えますが、相手からはこちらの中は暗くて見えないだろうと思っていました。

セフレが脱いだショーツとストッキングを身に着けて会社に戻るので、駐車場の入口まで送っていきました。

僕は、その後営業で外回りをするので、今日は交通機関ではなく自分の車で移動しようと思い車に戻りました。

すると正面の車の運転席のシートが倒れているように見えたので、何気なく覗いてみたら、さっき視線が合った女性が運転席シートを倒してスカートを捲り上げて股間に手を挟んでオナニーしているんです。

顔を横に向けて目を閉じて、口が「ハ~ハ~」言っている感じに開いていました。

見ちゃいけないとは思いましたが、すぐに視線をそらせずに、ちょっと見てしまいました。

すると、目を開けたその女性と視線がまた合ってしまって、こりゃまずいと思って自分の車に戻りました。(いいもの見たな~♪と喜んだ程度です)

エンジンをかけてシートベルトをしちょうとしてたら、オナニーをしていた女性が運転席にやってきて

「あの~、乗せていただけませんか?」

と少し涙目になって言います。

僕は断る理由もないし、営業は指定時間もないし、さっき見てしまったオナニーのことが何か理由かもしれないと思って助手席に乗せました。

「どこかに送ってもらいたいとかですか?」

と聞くと、彼女は下を向いたまま

「さっき女性とエッチされてたのを見てしまって我慢できなくなって・・・」

と小声で言います。

僕は

「あ、やはり見えてたんですか?外からは見えないと思ってましたが正面ガラスから見ると見えるんですね。けっこう薄暗い駐車場ですが、はっきり見えたんですか?」

と答えました。

彼女は

「はい、ずっと見えてました。すごい精力をお持ちなんですね」

と言いながら顔を上げて

「もう我慢できません。自分でやってもイケなかったんです。私もお願いします。」

と言います。

僕はエッチできるのは嬉しいのですが、セフレには中出しばかりなのでコンドームは持ってないし、この女性がどんな人なのか分からないので、

「さっきご覧になったように僕は逝ってしまったので、すぐには勃起しないでしょうし、ゴムも持ってないですから困ります。」

と言いました。

すると女性は

「じゃ、後部座席でキスしてください。自分で逝きますから。」

というので後部座席に移動しました。

キスをするものと思ったら女性は僕の股間に頭を近づけて、ファスナーを降ろし肉棒を掴み出して、無言で舐め回します。

セフレに中出ししたので精液とマン汁の味がするでしょうに、無言で凄い舐め方を続けます。

さすがに逝ったばかりの僕ですが違う女性というのもあって興奮して勃起しました。

「大丈夫だわ、思った通り精力が強いのね。」

と言った女性は、すぐに騎乗位でまたがってきました。

オナニーを止めてノーパンで来たようでショーツはつけてなかったんです。

僕は女性のすさまじい動きに防戦一方でしたが、1回逝った直後なので我慢もできました。

女性は自分で上半身を全て脱ぎ捨ててスカートだけの姿になり、猛烈に腰を振ります。

「騎乗位が好きなの?」

と聞くと

「う、気持ちいい、一番好きよ」

と答えます。

「あのね、このままだと中に出ちゃうから、先に逝って離れてくれる?」

と言うと

「いや!男と一緒に逝くのが好き」

と一撃返事。

「あぁぁ~、たまらな~い、あ~いきそ~、あ~ここ~、ダメ~いきそう」

って言いながら抱きついてきます。

僕もそろそろ逝きそうになって

「一緒に逝くて、それって中出しってことやん」

と言うと

「さっきの女性にも中出ししたでしょ?」

と言うので

「そういう関係のセフレだから、いいのさ」

と答えてたら

「あ~~~~いきそ~~、いや~~いく~~きて~きて~一緒に~~」

って一気に昇りきりそうな声で叫ぶので、事前承諾済みだと安心して

「じゃ、逝くぞ~」

と言いながら、騎乗位のまま中に大放出しました♪

その女性は、そのまま僕に倒れかかってきて、手を背中に回して密着しながら

「射精した時のピクピクってなる感じが好きなんです。1回出した直後だったから量は少なかったでしょうけど、ちゃんと温かいものを感じましたよ。」

と嬉しそうな声でささやきます。

「よかったんですか?中に出して。」

と聞くと

「私はピルを常用しているんで、赤ちゃんができる心配はないの。実はセフレも居ます。」

と答える。

今日は見てしまったんでセフレに抱いてもらうまでの時間が我慢できなかったようで、僕としてしまったようです。

でも、ティッシュで股間を拭きながら

「お互いにこの駐車場が月極めのようだから、こらからも車の中で楽しみましょうよ。さっきの女性とは毎日ここでしてるの?毎日じゃないなら、さっきの女性としない日は私としましょ?

それに、私は普通のプレイだけじゃなくて、もう1つの穴もどんどん使ってくれていいのよ。」

と言っていつもは5階か6階に止めるようにしていると教えてくれた。

車の中で生アナルセックス&アナル中出しか~♪

こんな嬉しいことがあったので、明日からはセフレが2人居る生活になりそうで、精力を強化する楽しみが増えた。

毎日薄暗いこの駐車場でカーセックス&中出し三昧の生活ができそうだ♪

車内がセックスカーの臭いになりそうで、同じ会社のセフレに感づかれないように芳香剤も買おう♪

明日からが楽しみです。

ブログランキングに参戦中!この3つポチッとお願いします^^




官能小説ランキング


アダルトブログランキング

PAGE TOP