自分の汁でヌレヌレになったチンチンをフェラする淫乱熟女


駅で知り合った熟女(40)と本日面接、無事Hできました。
ミニメ満杯→直アドゲット、1ヶ月のやり取りを経ての面接でした。バツ1、娘は進学上京中、結構淋しかった模様。待ち合わせ場所へ行くと、決して太ってはいない、ムッチリした女性が。写メよりいい感じの熟女が恥ずかしそうに立ってました。よそ行きです。割とミニめ。車に乗せて、ファミレスで食事、そのあとカラオケへ移動しました。
ピッタリ寄り添って歌っていると熟女からいい匂いが。ファミレスで威哥王をドーピングしたので、瞬時にビンビンです。

おっきした股間を隠さず、むしろ目につくようにしていると、熟女も気がついたご様子でチラ見を始めました。チラッ。チラッ。

「これ。ごめんなさい。生理現象です。」と自己申告。熟女無言。

空気を読み、一か八か勝負、熟女の手をビンビンの股間へ引っ張る。離さない。大成功。すばやく首や耳を甘噛み。一気にキスへ。

ディープしながら、俺はおっぱいをモミモミ。熟女はチンチンをモミモミ。さらに勝負、目を見つめながら「あなたが欲しい」・・・うなずく熟女。勝った。

カラオケからホテルへ移動。無言の熟女。ホテルの駐車場でエンジンを切ったと同時に抱き寄せてキス。部屋へ入ったと同時に抱き寄せてキス。

熟女フラフラ。目の焦点が合ってない。口半開き。舌出しっぱ。手を引きビンビンの股間に当てる。我から上下にさする熟。完全勝利。

服を脱ぐと白いシルクのTバック。脱いでる最中に大きなお尻に顔を埋めてみる。グリグリするとそのままベッドへ。四つん這いにし、お尻を広げ、舐めまくる。

途中何度かパンパンと軽く叩きながら、指挿入、かき混ぜる。トロトロ。

膝立ちしフェラしてもらう。飲み込まれるようなフェラ。そのまま69。また指でかき混ぜる。チンチンをきつく握り締めイキまくる熟。

背後から抱きしめ、おっぱいとクリを刺激しながら「欲しいですか?」と詰問。恥ずかしそうにしていたが、何度目かの詰問で熟女自ら「欲しい」と言わす。

「欲しい」「欲しいの」、満足。ビンビン。熟女のトロトロになった股間へ一気に挿入。空気が漏れるいやらしい音。

挿入後、膣奥まで入れて、あえて動かず。熟これでもかと抱きつく。そのままチンチンをピクピク動かす。熟女から動き出すのをジッと待つ。

熟女堪えきれず我から腰を動かす。切な気にヒクヒク動かす。勝った。ゆっくりと、長さを味あわせるようにストローク。ズルーッ。ズルーッ。

その最中に熟女痙攣。おかまいなしでスローにストローク。また痙攣。熟女をバンザイさせ、脇を舐める。乳首を噛む。ディープ。痙攣。

小休止。威哥王ドーピングのおかげでイカない。衰え知らず。お風呂の準備が出来たところで対面座位。ディープ。

腰を揺らしながら世間話。「女として終わったかと思っていた」らしい。「淋しかった」とアンアン言いながら告白。腰揺らしっ放し。

そのまま駅弁。バスルームへ。つながったまま入浴。
「こんなの初めて」「凄い」と言わせた。満足。ビンビン。

お風呂では、ソープランドでいう潜望鏡などで遊ぶ。熟女大はしゃぎ。ボディーソープを使いローションプレーをしたり。パイズリしたり。

立ちバックでイカす。鏡に映る姿に興奮したご様子。俺はまだイカない。ビンビン。

お風呂から上がり、まずM字騎乗位をお願いする。恥ずかしそうにしていたので、あえて自分でクリをいじらせる。

「ひとりHするみたいに」と言うと「そんなことしない」と。
けどクリも乳首もいじりながらM字騎乗位でエビ反り。

「ひとりHしてるじゃん」と言うと今度は「たまに」と返事が変わった。全然イカない俺。熟女、自分の汁でヌレヌレになったチンチンをフェラ。

「凄い」と言いながら激しくフェラ。さらにヌレヌレ。すまん。実力じゃないんだ。と心で詫びる。

その後、熟の希望でバックなど。バックでは一緒にイク。正常位でしながらまた詰問。「気持ちいい」「イク」「ダメ」「いっぱい」「凄い」が出る。

良い。やっぱ素直にスケベが一番。合計2回。熟女はイキまくり。

「また会って」とお願いされ即答せず、「連絡する」とジラした。もちろん会うつもり。けどジラす。久しぶりに楽しめた。

帰宅後、腰痛。がんばり過ぎた。


PAGE TOP