イッた彼女の脚が俺の腰をグイグイ締め付け抜けないのだ!


新宿についた俺はアルタの前を避け、交差点で青信号を待っていた。
 その時何とはなしに対岸の一人の女性と目があった。
 彼女はハッとして目をそらした。
 カッコは地味だが、目鼻立ちがすっきりした美人だった。
「あんな女とやりてーなーぁ─」
 と思っていると青信号になったので渡りはじめた。
彼女は誰か待っているのか渡ってこない。
「ちっ、近くで見てやろうと思ったのに」
 俺は自分で近づいていった。
 驚いたことに、彼女は俺の方を向いてまるで待っているかのようにしていた。

「やべっ、変な野郎だと思われたかな」
 俺はつとめて然り気無く彼女の横を通り過ぎようとした。
「あっ、すみません。」
 通り過ぎようとした俺の腕を掴んで彼女が言った。
「あの、もしお暇なら食事に付き合って頂けませんか?」
 宗教の勧誘か?俺はちょっと身構えた。

 それを察したのか、彼女は笑って、
「宗教とか、英語教材とかそうゆーのじゃないです。」
「えっ、じゃぁ今流行りの逆ナン?」
 彼女は笑いながら頷いた。
 そーと決ればソープ所ではない、なんたって素人娘だからね。

 俺らは近くの店に入った。
 色々聞いて驚いた、そう彼女は陽子という24歳の人妻だったのだ!
 それも結婚1年もたっていないバリバリの新妻さんだったのだ!
 ところがその旦那が外に女をがいて、その女に子供を孕ませたらしい。
 旦那の携帯に残されたメッセージを聞いて知ってしまったというのだ。
「旦那が浮気してるのに私が我慢してるのが馬鹿らしくなっちゃって」
 陽子は自嘲気味に言った。

 俺は、当然食事後俺は彼女の肩を抱いてラブホテル街へ脚を向けた。
 彼女は何も言わず、俺に寄り添うようにホテルに入った。

 部屋に入ると後ろから彼女を抱きしめ、そのままベットに押し倒した。
「まって!シャワーを浴びさせて」
 俺はその言葉を無視すると素早く全裸になり、硬くなったペニスを扱いてみせた。
 彼女は喉をコクっとならしてトロンとした目になった。
「旦那とどっちがでかい?」
「あなたの方・・・」
 俺は益々硬くなるのが解った。

 呆然とする陽子抱付き、素早く下半身に抱付きスカートとパンツを脱がせ、下半身だけ裸の状態にしてやった。
 そして前技無しでそもまま中に入れちゃったのだ!
 こんな状況でホテルに一緒に入る人妻は、大概濡れ濡れで前技の必要なんか無い! 案の定陽子も濡れ濡れでズブッと奥まで簡単に銜え込んだ。
「あっいやっ!普通にしてっ」
 しかし言葉とは裏腹に、まんこは俺をグイグイと締め付けてきた。
 いきなり下半身裸にされ、ズブッと奥まで入れられたのだ。
 それも旦那ではない、合ったばかりの男に…。

 陽子も興奮しているのだ。
「あぁーこんな事って、スゴイ!あぁーいいっ!」
「奥さん俺のをグイグイ締め付けて全然離そうとしないよ!」
「あぁだってだっていいんだもん、あぁイッちゃうイッちゃう!」
 陽子は5分もしないうちにイッた。
 俺は繋がったまま、荒らい息をする彼女の残りの衣服を剥ぎ取り、全裸にした。そして体勢を整え再び突き上げていった。

「あぁースゴイ!、いいのいいの!」
 陽子の手は俺の首に抱付き、脚は腰に絡まり俺の腰に合わせて腰を淫らに振り快楽に溺れていった。
 彼女が7回目の絶頂を向えようとしたとき、俺も限界が来た。
「俺も行くよ!」
「あぁ来て!来て!」
 彼女が仰け反り激しくイッた瞬間、俺もぶちまけようと腰を引いて外にに出そうとした。ところが、イッた彼女の脚が俺の腰をグイグイ締め付け抜けないのだ!

「奥さん、脚を緩めて!中にイッちゃうよ!」
 しかし陽子の脚が俺の腰をまんこに押し付ける。
 俺はたまらず人妻の最奥部でたまっていた精子をぶちまけた。
 ギリギリまで我慢したのでそれは最高に気持良かった。

「スゴくいっぱい出たのね」
「奥さんが脚を緩めてくれないから中にイッちゃったよ」
「私、今日アブナイ日の…]
「おいおい、それならなおさらだ!とにかくシャワーで流そう!」
 ところが彼女は首を振った。
「いいの、そのつもりで抱かれたのだから…」
 陽子は旦那への当て付けのつもりで危険日に待ちに出たのだといった。
 誰でもいい、生身で抱かれよう、見ず知らずの男の子供を宿してやるのだと誓ったのだと。

「ただ実際声をかけづらくて…そんなとき貴方がカッコ良く見えたから」
「そりゃ光栄だ、じゃぁ俺にたっぷり出してもらいたいんだね」
「はい、アイツに自分の子供じゃない子供の養育をさせてやるの」
 女は恐いなぁー
「これっきりは寂しいなぁ」
「そんなつもりは無いわ…だってとっても素敵だったもの」
「じゃぁ契りの一発だ」

 俺はそのまま腰を突き動かした。
 前から後ろから、俺は陽子にたっぷりと出してやった。
 なん発やったか覚えていない。


PAGE TOP