ピンク色のザーメンが大量に流れて最高の光景ですw


バージンナースとHしたんです

俺は30才、サラリーマンで

亜美は22才の看護士でモデルの菜々緒似の神級にかわいい

今年の春に交通事故に遭い、

1ヶ月程入院しておりまして、

入院中に新卒新任の看護士と仲良くなりました。

小柄で化粧っけの無い可愛い感じの、

少し田舎臭いところはありますが、

彼女の年齢は22歳で見るからに処女!

私の担当の彼女は新任ですので半年間は夜勤も無く、

フリー業務以外は毎日私のお世話をしに来てくれました。

入院も20日を過ぎる頃には彼女との関係も深まり、

お互いのプライベートな事も話す程の関係になり、

1ヶ月程の入院生活も終盤に近づくと、
彼女の仕事帰りに、

人気の無い外来で密かにデート(?)をする様になりました。

最初、彼女は妻子持ちの私に少し距離を置いてのデートでしたが、

真面目一筋で看護士の国家試験に合格して、

男性と付き合った事も無い彼女は、

人生経験豊富の男の言葉巧みの褒め殺し攻撃と、

22歳で男性経験のない焦りでもあったんでしょうね。

私の、あの手この手の口撃で、彼女を口説き、

やっとの想いで肉体関係になりましたよ。

初エッチの時は私も年甲斐も無く感動しました。

私のディープキスに驚き、彼女の体はカチカチになっていました。

私は彼女の服をゆっくりと脱がしていき、

久々の処女とのHにいきり立った気持ちを抑え、

冷静にプラのホックと可愛いレース下着を脱がせていきました。

30代の人妻や会社の事務の子とは浮気を楽しんでいましたが、

肌が違いますね!

22歳の透ける様な白い肌に、シルクのような肌触り!!最高です!!

22歳の若いスベスベのシルクの様な肌を、私の汚い唾液で汚していきます。

彼女は声無き声で喘ぎ、これから始まる悍ましい出来事は想像出来ない様です。

私は彼女に、

「少し痛いかも知れないけどこれを我慢すると、

終わった後は亜美は正真正銘の女性になるんだからね、

女の子なら絶対に通る道だから我慢するんだよ」

と言いながら、私は処女のマンコを私の汚れた唾液で汚していました。

「避妊はしてね」

と言う彼女との約束でしたが、

初体験の時に避妊するなんて勿体無いと思った私は、言葉巧みに、

「亜美の初体験の記念日に避妊なんてしたら、亜美との関係は快楽だけの関係になるだろう?だから避妊はしないけど妊娠しない様にするからね」

と言い含めました。

男性経験の無い女は楽ですね、こっちの言いなりです。

私の汚い唾液にグチャグチャに汚された、

汚れの無いマンコに静かに挿入して行きました。

苦痛にゆがむ彼女の顔を、処女を犯す優越感に浸りながら見下ろしました。

ゆっくりと腰を動かしていくと、

私の腐った肉棒に、ビチ、ビチと何かが切れる感覚が伝わり、彼女は、

「痛い!痛い!」

を連発しましたが、私は聞く耳は持ちません!!

この瞬間!苦痛の表情こそが!!処女とのSEXの醍醐味です!!

段々激しく腰を使うと、彼女も苦痛のピークの様です!!

苦しい表情で、声にならない声で、

「痛い!早く抜いてお願い!」

と歪んだ表情で訴えて来ますが、そんな訴えなど無視です。

私と彼女の年齢差、それに私は既婚ですし、

彼女も私とは真剣な交際など考えてもいないだろうし、

私もただの遊びの関係で終わらせ様と思っている私に、

彼女の苦痛など関係ありません!!

数分前までは汚れを知らなかった彼女のマンコは、

今は私の汚れた肉棒のピストン運動で血だらけです!!

彼女の苦痛の表情、声!血で汚されたマンコ!最高です!!!!!

私も処女の締まりの良いマンコを堪能しながら

逝くのを我慢して、彼女の「止めて!!」

と叫ぶ口を私の汚れた口で塞ぎながら、

パチン!!パチン!!と激しい音を立てるピストン運動で快楽を堪能し、

彼女のマンコの中で大量のザーメンを放出しました。

女性に快楽を与えるのも男性の喜びですが、

苦痛に泣き叫ぶ女性とのHも最高ですね!

一戦終えた後、彼女のマンコから抜いた私の肉棒は血まみれで、

彼女のマンコからは血と混ざった、

ピンク色のザーメンが大量に流れて最高の光景です。

彼女は苦痛で泣きそうな声で、

「痛くしないと言ったじゃない!こんなに出血してるよ!!」

と怒った声で私に訴えて来ますが、

私は彼女を抱き寄せて、おでこにキスしながら、

「皆この痛さを経験して女になるんだよ、亜美は俺の事を好きだから許したんだろう?」

「亜美は好きでも無い男とSEXする程軽い女なのか?好きだったら我慢出来るよね?怒るって事は俺の事が嫌いなの?嫌いなら亜美とは二度と会わないよ?良いか?」

そう彼女に問うと、彼女は黙ったまましばらく無言。

彼女の口からは、

「別れないで」

と小声で言いながら私に抱きついてきた。

私はシルクの様な柔肌の亜美の体を強く抱き返して、

「俺も亜美を放さないよ」

と言いながら、

これから始まる亜美とのSEXライフをどう楽しもうか?と考えながら、

亜美とシャワーを浴びて、

彼女の初体験の感想を聞きながら亜美と私は眠りました。


PAGE TOP