嫌って言いながらぐちゃぐちゃになってんじゃん!


「嫌って言いながらぐちゃぐちゃになってんじゃん!」
そう耳元に話かけながら僕は手で露出おばさんのアソコを弄ぶ。
「嫌っ!ダメっ!やめ…嫌っ!」と声は段々と小さくなりそれと反比例して喘ぎ声が大きくなる。 アソコからは液が溢れて僕の手を汚している・・・。
僕は夏休みに入りバイトの合間に暇を持て余して少し離れた公園まで来ていた。
公園は大きく場所によっては人通りもまばらで静かだった。
どこかベンチを探そうかとあたりを見回しているとトイレから女の人がでてくるのが見えた。

女の人は人気のない公園の奥へ入って行くのでふと違和感を覚え後を付いていくことにした。

女の人はあたりをキョロキョロ見回すと植え込みの中に入って行ったので僕も中へ入った。

中に入って目にしたものは何と長袖のコートの中に赤い上下の下着を着た女の人がコートの前を開きオナニーをしている姿だった。

女の人は左手でずらしたパンティから露わになったアソコに指を入れ蠢かせていた。
右手はブラジャーの上から乳首を弄っている。

女の人はかなり美人だと言えるが恍惚の顔でとてもいやらしく見える。
しばらく見ているとブラジャーを完全にずらしてオッパイが露わになる。
オッパイはちょうどいい大きさで乳首もツンとしている。

オナニーをしている女の人は何か呟いている僕はこの数日間溜めていたので我慢できなくなり近づくことにした。

「あ…あんっ…んんっ、気持ち、いい。こんな所でこんなこと…して…私ったら…へ、変態」と言う言葉に
「そうだね、変態だよ」と僕は言った。

女の人は驚き振り返る今までの顔が嘘のように顔を引きつらせている
一瞬悲鳴をあげそうになったので僕は口の前で一指し指を立てる。

女の人は愛液に濡れた手で自分の口を塞ぐが目からは少し涙が出ている。
僕は携帯を見せた後に「わかるでしょ?」と言いつつ携帯をしまうとアソコに指を這わせる。

「や、やめて!」と嫌がる僕は無視して耳元で
「変態オバサン諦めなよ」と声をかけて左手で腕を掴み上げ背にした木に押し付ける。

ずっと抵抗しているがアソコからはどんどん液が溢れてくる。
声も「んッ…あッ…」という声に変っている。

僕は掴んだ手を放してオッパイを揉む、声では嫌というが抵抗はないのでもう一方の乳首を口に含んで舌先で転がす。

「あ…ん…いやん…あ!」と声は完全に喘ぎ出している。
「どう?気持ちいい?」と僕は聞くが返答はないので僕は自分の背を木に預けて変態オバサンを後ろから抱きかかえて体を弄びながら耳元で囁き続ける。


オバサンは喘ぎ続けアソコの一部はぷっくりと膨らんでいる。
膨らんだ部分を重点的に攻めながらオバサンの状態を観察する。

体を少し仰け反らせ始めた時に「ねえ?どう?気持ちよくないならやめるよ」と言うが返事はない。
愛撫を続けると一瞬体が緊張したので手の動きをやめる。

オバサンはハッとしてこちらを見るので僕は優しく見返すと「どうする?」と聞くとオバサンはコクんと頷いた。
「ああ…き、気持ちいい…ん、…いいの!」とオバサンは僕に弄ばれながら喘いでいる。

アソコからはとめどなく液が溢れている僕は舌で首筋や耳を責める度に声が弾む。

「あ…ああ、ん…いいの…いい、ダメッ…もうダメ!で、出ちゃう!イッちゃう!」
と恍惚の顔でこちらを見る。

僕は察してオバサンの片足を持ち上げて体を支えてアソコの奥へ指を突っ込み一番反応のいい部分を刺激する。

「アア!ダ、ダメッ!…もうイクッ!…出るっ!」
と言うとアソコからおし*こを放ちながらイってしまった。

イってしまったオバサンを木にもたれかけると僕は大きくなったちんこをアソコに這わせて溢れ出た体液を付けると挿入しようとした。

オバサンはハッと我にかえり「ダ、ダメよ!それだけは許して!」と抵抗する。
僕は何度も試したが無理そうなので仕方なく「なら口でしてよ」と言うと少し戸惑っていたがコクんと頷いた。

オバサンは大きくなった僕のちんこを手で擦り始める。
オバサンの視線は僕のちんこを見つめ続けている。

「咥えてよ」と催促するがオバサンは躊躇っているので僕は待ちきれず、口に突っ込んだ。
オバサンは一瞬呻き声と苦悶に満ちた表情と抗議の視線を向けるが僕は構わず頭を押さえて上下させる。

何度かしているうちにオバサンも諦めたのか抵抗をやめて自らのタイミングで頭を上下させる。
さらに口だけではなく、オバサンは僕のちんこを舌先で愛撫する。

「すげぇ巧いじゃん!」オバサンの愛撫は的確で油断するとすぐイキそうになる。
オバサンは「だ、ダメよ…こんなの…戻れなくなる」とか意味不明のことを呟きながら僕を責める。

僕のちんこからは粘液が溢れ出る、それをオバサンは舐めとる。
いよいよ我慢の限界が近づいてくる。

「ダメだもう我慢できない…イキそうだ」というとオバサンはこちらを見上げる。

目は熱を帯び若干潤んでいる僕はその瞳を見ながら「…イクッ!」と呻くと同時にオバサンの顔にちんこ向け射精した。

大量の精液を顔に出されたオバサンは「あ、…あん」と呻いたが流れ落ちる精液が口元に来た時に舌先で舐めとった。


PAGE TOP