小便臭いチンコを嫌な顔1つせずに真剣な表情で咥えた


中3の時、同じ高校を受験しようとしてた女子に

「(俺の頭で)受かるわけないしww」

と大変馬鹿にされ、売り言葉に買い言葉で盛り上がって

「受かったらチンコしゃぶらせるからな」

「いいよwww」

と、クラス全員が聞いている場で約束した。

で、もちろん受かったわけだが、この約束のルールは俺自身が緩和させて

「ズボンの上から股間にキス」

させただけで終わらせてしまった。

実は包茎なのを隠してたので他の男子に見られたくなかったのと、射精までの時間が早かったら凄く格好が悪い気がして、怖気づいたからだ。
ところが、その日の帰りがけにその子に呼び止められて、自らフェラ遂行を志願されてびっくり。

俺はその子が負けず嫌いなのを忘れていたが、俺の寛大な措置で許してもらったような形になったのが我慢出来なかったらしい。

「皆の前で裸になるのが恥ずかしいんでしょ」

と見透かされてもいた。

「2人だけなら恥ずかしくないでしょ?」

「どんなだったとか誰にも言わないから」

と言われて、それでもなお悩んでいたら

「私も脱ぐから」

と言った。

俺の部屋で、顔真っ赤にしながらもすぱっと下半身裸になって、のそのそと脱いだ俺の小便臭いチンコを嫌な顔1つせずに、真剣な表情で咥えた。

予想通り、フィニッシュまで15秒ほど。

何も言わずにいきなり射精したので盛大にむせて、鼻からも精液が出ていた。

翌日の学校は普段通りだったが、翌々日に学校に行くとみんなフェラ実行の事実を知っていた。

その子自身が宣伝したらしい。

そして2人で副担任に呼ばれ、なぜか俺だけ怒られた。

ブログランキングに参戦中!この3つポチッとお願いします^^




官能小説ランキング


アダルトブログランキング

PAGE TOP