パンティをずらして・・ 指で愛撫したりと楽しみました・・


昔の話になっちゃうんですが、

大学生時代に家庭教師のバイトを今で言う

家庭教師派遣みたいな仕事をしてる会社にバイトで入ってた時の事です。

当時私の友人の彼女だったHちゃん(仮)がちょうどバイトをやめた直後で

Hちゃん「どっかいいバイト先とかない?」

友人「お前、確か家庭教師のバイトしてんだろ?家庭教師のバイトって時給ちょっと良くね?」

そんな話が友人たちと遊びに行った先で出てきたので

ダメもとで自分のバイト先だった会社の面接担当してくれた課長さんに

「友人なんですけど Hちゃんのバイト面接とかいいですか?」

って感じで話を繋いだんです。

まあ、バイト先紹介したような気軽な感じだったんですが、

Hちゃんが面接当日ちょっと心細いって言うので、

課長さんに話は一応してあるけど、

友人のよしみでちょっとだけ同行したんです。

事務所ってゆーのが

ふつーにマンション(住宅用)の2階の1室みたいなとこにあって

私自身もその部屋で面接受けたんですけど

Hちゃんと行った日は約束してたにも関わらず

担当者の課長さんがまだ外出先から帰ってないって言うので

少し中で事務イスに座って2人して待っていました。

すると見たこと無いおじさんが事務所に入ってきて

おじさん「あれ?バイトの面接?おーい●●君は?」

事務員さん「まだ戻ってきてません・・・」

おじさん「あっ・・そう・・・んじゃちょっとお話しお聞きしましょうか?」

(そのおじさんは後で聞くと社長さんでした)

なんだか温和な方で課長さんの代わりに

面接してくれるって話になったんですけど

10分くらいして

おじさん「あーちょっとゴメンね少し書類とか取りに戻んないといけないから・・・まあここごちゃごちゃしてるし・・・ちょっとついて来てくれる?」

そう言われてその2階の事務所を出て

エレベーターに乗って5階に行くと

そのおじさんこと社長さんの部屋が別にありました。

普段あんまり使ってない打ち合わせ&仮眠用とかって言ってたんですけど

2LDKくらいの部屋で私はTVの置いてあるソファーの部屋で待たされて

Hちゃんだけその横の事務部屋?

に社長さんと中に入って行きました。

もう2階の事務所で10分くらい話ししてたので

5分くらいで出てくるかな?って思ってたんですが・・

これが10分・・・15分と出てこないんです。

あれ??遅いな・・・とちょっと気になってたんですけど

まああんまり変な勘ぐりも良くないなと・・・

ちょっとしてトイレに行きたくなったので

少し部屋をウロウロしてトイレに入ったんですけど

ここの横の壁が薄くって

(ちょうど事務部屋に隣接しているのか)

少し耳つけると中の話声が聞こえるんです・・・

ふつーに2人がしゃべってたので

「ああっやっぱ大丈夫じゃん・・・」

そう思ってまたソファーで出てくるのを待ちました・・・

ところがさらに10分・・・15分と出てこない・・・

「おいおいっ・・・俺も早く帰りてーんですけど」

なんか少し待ってるのが退屈なのでおいてさっさと帰るか、

無責任な事はせずじっと待つかじれ始めて来たので

「ドンドンッ・・・」

事務部屋のドアをノックして

「あのー・・・まだですか??」

と問いかけたのですが返事が無い・・・

そこでベランダを見ると

どうも横の事務部屋までひとつに繋がっているようだったので・・・

いけないなあとうは思ったんですけど

ベランダに出てちょこっと様子見偵察に出たのです。

隠れながらの覗き見だったのですが

窓にはレースのカーテンがしてあって

正直あんまり部屋の中の見通しがよくありません・・・

さらに少し体をずらして中を覗くと・・・

「あれ??いないじゃん??」

私が見てる角度からは2人の姿が見えないのです・・・

「おいおい・・・まじ?」

そう思ってもう少しだけ横に頭をずらしたところ・・・

びっくりしましたなんか一瞬人の白い脚??

のようなものがおかしな角度で上を向いているように

チラチラと見え隠れするんです・・

でもそれをしっかり確認するには立ち上がらなくてはいけないので

ちょっと躊躇しつつも今見た映像を頭で整理しました・・・

「あれは・・・Hちゃんの脚か??えー・・・あんな角度って・・・ちょっとまてまて・・・」

すぐにもといた部屋に戻ってドアをノック・・・

返事なしドアに耳を近づけると

うっすらとなんか聞こえるんです・・・

会話ではなさそうな声?が・・・

もうなんかへんな興奮&期待感で舞い上がっちゃった私は

友人の彼女のピンチとか考えることすらぶっ飛んでて

さっき壁越しに会話が聞こえた

トイレに入って耳を近づけその声に聞き入りました・・・

Hちゃん「んっ・・・あ・・ん・・・」

「あっ・すご・・ほんとだめっ・・・んー・・・あっあっ・・・」

おじさん「きついね・・・きもちいいよほんと・・・」

うーわ・・・エッチしてるん??

おじさんの声はあんまり聞こえなかったけど

明らかにHの声がしてた

10分くらい興奮しながら聞いてて

またそそくさとソファーに座った

それから10分くらいしてようやくHちゃんが部屋から1人で出てきたそう・・・

なにくわぬ顔して正直女ってスゲーなあ・・・

と思ったそれで後日友人から

「最近なんかあいつ浮気してんじゃね?どーも他に男いそうなんだけど・・・」

そんな相談をされた私は

「んー・・・・・もしかして?あのおじさんかなあ?」

とか思いつつも友人にはこのことは語りませんでした。

それはなぜかと言うと彼に悪かったと言うのもあるんですけど

例の面接事件の2日後に

たまたま事務所に顔出しに行ったさいに

エレベーターで5階から降りてくるHちゃんと

1階で鉢合わせて馬鹿な私は下心が無かったわけではないんですけど

彼女にその日の話題を軽くふったところ・・・

少し困りながらも・・・

Hちゃん「F君って・・けっこう悪人?・・・彼には絶対内緒にして・・・」

そう言ってお願いされちゃったんで・・・

私も私「んー・・じゃあ・・俺も1回だけなんてなー・・・」

って半分かわされてもいいように返事したら

Hちゃん「ふーん・・・でもっ・・・セックスはダメ・・・触ってもいいけど・・入れるのはナシ」

そう言われて私はそのまま近くのスーパーの

少しさびれた洋式トイレの中で

彼女の胸をはだけさせて触ったりなめたり・・・

パンティをずらして・・・

指で愛撫したりと楽しみました・・・

最後はどうしてもセックスがしたかったのですが

お願いしてもダメとかたくなに拒まれたんで

かわりに手で触ってもらい

最後はなしくずし的でしたが

洋式便所に座ったままの私の前にしゃがむ形で

フェラで抜いてくれました。

Hちゃんとはほんとこの1回キリでした。

乱筆な文章ですみませんでした。

思わず思い出しちゃいました・・・

ブログランキングに参戦中!この3つポチッとお願いします^^




官能小説ランキング


アダルトブログランキング

PAGE TOP