ペットの犬に挿入され何度も何度もイカされた秘密のエロ話


こんなことしてる私は異常なんじゃないかな?と思って
みなさんの意見を聞ければと思いましたので、思いきってここに載せます。

先週の日曜日、父と母がいとこの結婚式に出席するので
土曜日から泊りがけで九州に出かけてました。

私も行きたかったのですが、
大学入試も近いので家で勉強してるように、
と釘を刺されて一人置いて行かれました。

夜になって勉強も一段落したので、食事して
シャワーを浴びてたんですがシャワーを浴びてる時に
ビデオの予約するの忘れてるのを思い出したんです。

見逃してた映画だったので、ビデオに録って
試験が終わったらゆっくり見ようって思ってたんですが

もうすぐ始まりそうだったし今日は誰もいないので
体も拭かずにとりあえずバスタオルだけ巻いて
TVのあるリビングに来ました。

映画が始まるまであと10分程あるのですが、
機械オンチな私はビデオの予約もなかなか憶えられず
10分といってもギリギリかも?って焦ってしまいました。

とりあえず録ってもいいビデオを探さないと、
と思ってテレビ台の下に置いてるビデオを色々見ていました。

ちょうど四つん這いになる形でバスタオルしか
巻いてなかったから後ろから見たらすごくエッチだったかな?(笑)

で、とりあえず録ってもいいビデオがあったので
急いでデッキに入れてマニュアルを見ながら
録画の準備を始めたんです。

時間に慌てながらも少しずつセットしてたら、
急にお尻に何か感じたんです!

「きゃ!」思わず声を出して、ビックリして振り向いたら家の犬でした。

「ラッキーなの?もうビックリした!
あとで遊んであげるからちょっと待ってて」
とりあえず今は急がないといけないから、
犬のことなんて構ってる暇ありませんでした。

ラッキーをほっておいてセットし始めましたが、
ラッキーは私のお尻に鼻をくっつけて匂いを嗅いでるみたいでした。

でも時間が迫ってましたのでほっておいて、マニュアルを読んでました。

そしたらラッキーは私のアソコをペロッ!と舐めたのです!
「きゃ!やめなさい!」時間がなかったので私は声だけで抵抗していました。

でもラッキーはやめずに逆にペロペロ舐めてくるんです。
正直少し感じてしまいました。(笑)

実はシャワーを浴びてる時に少しオナニーをしてたので
その匂いが残ってて反応したのかもしれません。

ペロペロざらついた舌で舐めてくるので、
ちょっと気持ち良くなってしまったのですが
腰を振ってやめさせようとしましたが全然ダメでした。

とりあえずビデオの予約がもうすぐ終わりそうだったので、
ラッキーの事はほっておいて集中しました。

なんとか間に合って最後のボタンを押したと思ったら、
急に背中にドン!を重いものを感じたんです。

「きゃ!」押しつぶされそうになりながら後ろを振り向くと、
ラッキーが私の背中に乗ってるんです。

「ちょっと!やめなさい!もう終わったから遊んであげるよ!」
と言ってラッキーから離れようとするのですが、
しっかりと前足に腰を挟まれて抜けられなくなってしまいました。

犬といっても大型犬ですからすごい力です、
私の力ではどうすることも出来ませんでした。

「ラッキー分かったから、もう離れなさい!」
と言っても全然聞いてくれません。

すると、お尻に何か固いものがトントントン!と当たるんです。
「え?!もしかして!」と思った瞬間その固いものが
私のアソコにズホズボ!と入ってきました。

「いや~!ダメ~!」
そうです、ラッキーのおちんちんが私の中に入ってきたのです。

さっき舐められてたので少し濡れてたのかすんなりと入ってしまいました。

「うそ!ダメよそんなの!」
犬とSEXするなんて普通じゃないし怖くなって逃げようとしました。

「やめて~!ラッキー、やめて」
そんなこと言っても全然通じません。
構わずラッキーはどんどん激しく腰を振ってきました。

「いや~やめて~」頭の中ではイヤだと思ってるのに
体は正直なのかラッキーのおちんちんを受け入れてしまいます。

どうすることも出来ない状態で
頭の中ではダメ!って思ってても少しずつ感じてしまうのです。

グチョ!グチョ!グチョ!グチョ!
すごくイヤらしい音が部屋の中に響いていました。

「あ~ダメ~~ラッキー」
頭の中で羞恥心との葛藤が続いていましたが、
それもすぐに終わりどんどん快楽の世界へと入ってしまいました。

「あっあっあっすご~い、すご~い」
「イッイク~!あ~」

これが野生の交尾なのでしょうか?
すごく激しい腰の使い方であっという間に私はイカされてしまいました。

そしてラッキーの熱い精子が私の中に流し込まれたのが分かりました。

それでもラッキーは腰を振るのをやめようとせず、
激しく激しく私を突いてくるのです。

「あっあっあっあっすごっい」
何度も何度もイカされました。

今まで同級生との経験は何度かありましたがこんなに激しいのは始めてでした。

「あ~いっく~いっちゃう~」
何度も何度も流し込まれたものが私の中から溢れてきて
太股に伝わるのが分かります。

そしてラッキーの動きが止まりました。

「ラッキー・・・もういいよ・・・もうやめて」

もう気が遠くなりそうでしたが、
今まで味わったことのない快楽に私も満足してしまったようでした。

それでもラッキーのおちんちんはまだ固くて大きいままでした。

すると、急に私のアソコに激痛が走りました。

「いや!やめて!」
ラッキーがまた動き出したと思ったら、
今まで入ってたのより何倍も大きいものが入ってこようとしました。

以前ラッキーが盛った時に見たことがある、
おちんちんの根元にあるコブが入ろうとしてるんだと思いました。

「ダメ!そんなの入れちゃダメ!」
でもラッキーは野生の本能で最後まで遂げようとしてるのでしょう、
そのコブは私の中にしっかりと埋められました。

「ラッキーだめよ、動かないで!」
こんなに大きいものが入ると息をするのも苦しいくらいです。

これ以上動かれると私もどうなるか分かりませんでしたが、
ラッキーはそんなことも構わず腰を動かし始めました。

「イヤ~ダメ~あっあっダメ~」
私はまた何度も何度もイカされてしまいました。

そしてラッキーも最後まで射精したのか終わるとじっとしてました。

気がついたらラッキーは私のアソコを舐めてくれていました。

こんなことがあってから、いけないと分かっていながら毎晩
親の目を盗んで楽しむようになってしまいました。

自分でもこんなことしたらダメだと思うのですが、
当分やめられそうにないのです。



ブログランキングに参戦中!この3つポチッとお願いします^^




官能小説ランキング


アダルトブログランキング

PAGE TOP