意外といやらしい体してんだなw


休み時間、いつものように友達と話してたら、ある男友達に、

「Aがお前の事呼んでるから、階段の一番上の所行って」言われて、私は固まってしまいました。

私は、Aの事はただの男友達だと思っていたので、階段上で「好きだ」と言われても何も言えませんでした。ただ、恥ずかしくて顔が赤くなってしまいました。

それをOKと勘違いしたのかAは調子にのって身体を触ってきました。

「意外といやらしい体してんだな」

とAから言われ、ますます恥ずかしくなってきました。

恥ずかしさのあまり無言でいると、さっきよりも強く胸を揉まれ、乳首を吸ったり舐めてきます。

私は、嫌だと思っていても何も言えず、「んっ・・・あぁんっ!」と、甘い声を出してしまいました。

そのままパンツまで脱がされて、私はとうとう全裸にされてしまったのでした。

そんな私を見て、Aはあろう事かおちんちんを取出し、フェラチオを要求してきたのです。

私もどうかしてました。嫌がりながらもAのおちんちんを咥えてしまったのです。

初めてのフェラチオは生臭く、とても不快でした。

更に手を伸ばして乳首をギューっとつねってくるのです。まさに悪夢でした。

唯一の救いはAがスグ逝ってくれた事でしょうか。

Aの精液はおちんちん以上に生臭く、さらに前触れもなく突然口内に出されたせいもあり、むせて吐き出してしまいました。

「大丈夫?」

とAは声をかけましたが、その目はいやらしく笑いを帯びていました。

あの顔は生涯忘れないでしょう。

その後Aはお返しとばかりにフェラチオをして飲んでくれましたのですが、そんな事では許されません

私は一生、AとAにアナルを捧げた私を許さないでしょう。


PAGE TOP