お姉さん座り込んでおちんちん咥えてた!


夏場は露出やりやすいけど、冬の寒い時も出来るのよね。

てな訳で、M子と冬の露出プレイ実行。

ミニコートで中は裸。

ゲーセンとかで後ろに人いる時に前を開けて写メ撮ったりしてたの。

そしたら、店出て歩いてたら後ろから

「ねぇ、ちょっといい?」

って声を掛けられた。

声を掛けてきた人を見ると、あたしと同じようなミニコート着た20代前半ぐらいのお姉さん。
「何ですか?」

「あなた達、そのコートの中何も着てない裸でしょ」

(ドキッ何で知ってんの?)

あたし「違いますよぉ」

お姉さん「ちょっとこっち来て」

と裏路地へ連れて行かれ、そこでお姉さんが自分のコートの前開けて

「ほら、あたしも裸でしょ」

って。

「何で分かったの?」

「だってこの寒い時にミニコートで下なんも穿いてないからもしかしたらって」

(それだけで分かるのか)

「あなた達中学生だよね、誰かに命令か調教されてるの?」

「違います、あたしら2人でやってるんです」

って言ったら驚いてた。

「ちょっと見せてくれる?」

と言われたから、あたしとM子前開けて見せた。

おっぱいとあそこちょっと触らてビクッてなっちゃった。

「あなた達処女?」

「いいえ、2人とも経験済みです」

それ聞いてまたまたビックリしてた。

「早いねぇ」

で、露出やり始めたキッカケをお姉さんに話したらちょっと悲しい顔した。

でも自分で好きでやってるからいいかもって。

「お姉さんは何でやり始めたんですか?」

「ある男性から調教されて(今は別れたけど)、それから露出の楽しさが分かって今は1人でやってるの。こんな趣味誰にも言えないし、あなた達を見つけた時嬉しかったの。良かったら一緒にやらない?」

あたしとM子ちょっと相談して、よろしくお願いします露出の先輩って(笑)

「いやぁ先輩じゃないよ、まぁ何かあった時の保護者って事で」

お互い自己紹介してM子とあたしの名前教えた。

お姉さんはあゆみさん(仮名)。

一応あたしのお姉ちゃんという設定で露出プレイ実行。

人気の少ない公園でお姉さんがベンチの上で座っておしっこした。

『露出の初級、おしっこは外でする事』(笑)

あたしもM子も真似してやりました。

『次は胸をちょっと開けて人混みを歩きましょう』

って事で商店街を歩きました。

『オナニーしたくなったら公園の男子トイレの個室か、障害者用のトイレで全裸でする事』

(それはちょっと…)

「まぁいきなりは難しいから、最初は3人でやろうか」

って、障害者用トイレに入って3人でオナニーしちゃいました。

レズっぽくなっちゃったよ。

あたしとM子お姉さんの指でイカされた。

それからデパートに行ってお姉さんの露出テクニック披露。

わざとバッグ落として前屈みでゆっくり拾うの。

後ろにいる人にノーパンのお尻が見えるように、レンタルビデオ店のアダルトコーナーに入って行った。

中で何したか、あたしらは入って行けないから外で待機。

10人ぐらい男性がいて、コートの前を開けて歩いてきたと(笑)

皆こっち見て焦ってたみたい。

「次はEちゃん(あたし)とM子ちゃんあなた達は中学生だから、おしっこ漏れそうな振りして男子トイレに入って個室に行って、コート脱いでおしっこしたふりして裸で1回そのまま個室から出てくる。その後コート忘れたってまたコート着てトイレからでてくる、出来る?」

「やってみる」

トイレ前で待機してるとおじさんが入って行ったので、2人で男子トイレ行きました。

中入るともう1人いました。

「おしっこ漏れちゃうよ~!」

って叫びながら個室へ。

コート脱いでちょっと待って裸で出てきて(2人の男の人に見られた)

「あっコート忘れた」

って言ってまたコート取りに行って、着て出てくる時

M子「先出とくよ~」

あたし「わ~ちょっと待ってあたしももう出る」

って同じ事してバッチリ見られてた。

その後屋上に行き

「これからは大人の時間、あなた達はここで隠れてて、あたしが合図したら出てきてな」

って言ってどっか行っちゃった。

「寒いねぇ」

と言いながら30分ぐらい待ったかな。

お姉さんが男の人連れて来た。

壁にもたれて何かしてるような…。

するとお姉さん座り込んでおちんちん咥えてた!

男性がこっちに背中向けた状態なので、あたしらには気づいてないみたい。

その体勢で立ったままエッチし始めたよ。

ええ感じのとこでお姉さんからの合図。

そぉっと近づいて行った。

男の人あたし達にまだ気づいてない。

お姉さんが

「後ろで見られてるよ~」

って男の人が振り返ってうわぁって叫んだ(笑)

お姉さん「やめちゃダメだよ~見られてもいいやん、もっと突いて~」

ってな事言ってた。

あたしらは

「何してんの?」

ってとぼけながら笑らって見てたよ。

男の人焦って急いで終わらせて慌てて逃げてった。

お姉さん中途半端で終わらされ、あたしらにイクまで弄らせて納得。

「あなた達はここまでしちゃダメだよ」

って。

(知らない男とはやらねえよ)と思いながらも、口には出さず分かりましたと返事。

もう帰ろうかって事で帰宅。

その時携帯とかもって無かったので、連絡取れないなぁと。

お姉さんの家が近くだから家教えてもらい、

「また遊べるならここへ来てな。居なかった置き手紙でも書いて次来れる日時教えてくれたら待ってるわ」

って。

「先輩、ご指導ありがとうございます」

ってバイバイしたら

「また来てね」

ってあたしとM子にキスしてきた。

このお姉さん女の子も好きなんかなぁ?と頭ん中???がいっぱい。

ブログランキングに参戦中!この3つポチッとお願いします^^




官能小説ランキング


アダルトブログランキング

PAGE TOP