僕の欲望丸出しの超スケベな行為に彼女の理性も完全に・・


初めまして。Aです。クンニ体験談、読んでいたら、

私もあそこを可愛がって欲しいなぁって、思いました。

ちょっと怖いけど。。。少し冒険したいです。

クンニのテクを読んで、

全てFさんにお任せしてしまいたい気分になりました。

わくわくしてきて、

知らない人にはじめて舐められるのはFさんがいいなあ。。って。

容姿や服装は派手ではなく、普通にふつうです。

私は独身で彼氏はいません。

相手の方に恋人や奥さんが居ても、

女性のあそこを舐めたいって思う男性が、

私のを舐めることで満足してくれるなら

ソレで良いのではないかなーって思っています。

汚れって本当に洗わなくっていいんですか?

だってトイレの後にちゃんと拭いても、

ねばねば出てくるので、パンティライナーを使ってるんです。

今の時期は汗もかくので大きいシミになっちゃいます。

あと、私のおしりの穴って、イボみたいな突起があって見られるの恥ずかしいです。

なんどかメールのやりとりをしているうち、いよいよ会うことになった。

メールでは、僕が

「洗ってないアソコを舐めてあげるから、シャワー浴びないで来て」

と書いていた。

彼女は何度も

「ホントに洗わなくていいの?」

とメールしてきた。

そして直前になって、

「なんだかドキドキするので、踏ん切りを着けるために、会う前にコンビニでカン酎ハイを買っていっていい?」

とメールがきた。

やはり女性にとっては、初めての男に会うのって、相当、ドキドキするんだろうな。

だって、会ったばかりの男にアソコを舐めてもらうんだからね...男でも、ドキドキするもな。

待ち合わせの駅前に立って、人待ち顔の女性をみかけると、

「彼女かな?」

と思ったりする。

「これから彼女のアソコを舐めることになるのかな?」

なんて思っていると、歩き出してしまったりした。

しばらくして、約束通り、彼女は指定された駅前に現れた。

小柄で、ごく普通の真面目なOLといった感じの女性だ。

相当緊張しているようだった。

立ち話もなんなので歩きながら話す。

はじめは車の中で話しでも、という事だったけど、手を握ると、握りかえしてくる。

「私でいいの?」

「もちろん」

「なんかやさしそうな人でよかった...」

「やさいいよ」

「なんかね、もっとギラギラした人かと思った。

こんな紳士的な人がホントに舐めてくれるなんて、意外な感じがする....」

「そう?」

「ホントに洗ってないけどいいの?」

どうも、もう舐められるつもりできているみたい。

気に入ってくれたようだ。

ならばと、近くのホテルに行くことに。

部屋に入って、抱きしめる。

もう、彼女の心臓はバクバクという感じで、

「なんか、凄く興奮する....ねえ、カン酎ハイ飲んでいい?」

と、一人で恥ずかしさを忘れるかのように、グイグイと酎ハイを呑み込んでいる。

やはり男に舐められることを前提にしてきた女は、興奮の度合いが違う。

酎ハイで顔を赤らめ、息も荒くなっている彼女を抱きしめ、ゆっくりと上着を脱がす。

ブラも取る。

真っ白のオッパイが少しばかり汗ばみ、乳首はビンビンに勃起している。

もう彼女は息があがっていて、凄い興奮状態になっている。

それはそうだろう、メールでやりとりはしていたとしても、会ったばかりの男に、裸にされ、これから洗ってないオマンコを舐められちゃうんだから。

おっぱいをもみながら

「おっぱいも舐めていいの?」

「舐めて...」

と、絞り出すように言う。

乳首に吸いつくと、

「ハアン....」

と声がもれる。

去年彼氏と別れて、男に抱かれるのは8ヶ月ぶりとのこと。

すごく興奮しているのが伝わってくる。

スカートも脱がし、僕も全裸に。

勃起したペニスをわざと彼女の身体に押しつけ、抱きしめて、キスする。

これって、女の子が好きな動作だ。

彼女、キスされながら、僕の下半身に手をのばし、勃起したペニスを握ってくる。

「凄い...大きい...」

「でしょう?」

「それに熱い...」

そのまま床に押し倒す感じで上に乗る。

おっぱいの上にペニスを載せて、両手で彼女の両手を床につける。

なんか無理矢理やられている感じに興奮しているみたい。

「SっけとMっけ、どっちがあるの?」

彼女、右手の指で僕の胸に、

「M」

となぞった。

こんなことされたのも初めて。

よっぽど恥ずかしいのかな、口に出して言うのは。

よし、今日はいじめちゃおうかな。

抱きかかえてベッドに寝かせ、いよいよパンティーに手をかける。

「ホントに洗ってないけどいいの?」

「いいよ」

ゆっくりと脱がすと、パンティーの裏側が卵の白身みたいに、ベットリと濡れている。

明らかに、おりものではなく、愛液だ。

当然、股間をみると、オマンコも透明の粘りけのある液体でベットリと濡れている。

「凄い、こんなに濡れてるよ...」

「イヤーン、恥ずかしい...」

「今日、舐めてあげるよ」

というメールを夕方にもらって以来、ずっと濡れているのだという。

これだけ濡れてくれると、男としても嬉しい。

メールで書いたとおり、やさしいタッチから、ゆっくりとクンニをはじめる。

濡れた小陰唇の谷間を沿うように、濡らした舌先を滑らせる。

ヌルヌルとした粘膜が、すでに興奮で大きくなっている小陰唇のまわりにベットリとついている。

ソフトなタッチに、気持ちよさそうな吐息を漏らしながら

「すごいえっち....」

と、のけぞっている。

10分ほど大陰唇、小陰唇を舐めたあと、向きをかえてシックスナインのような恰好になり、舌先を膣の中に差し込む。

「いやあん、はいってる...」

とこれまた気持ちよさそう。

30分ほど舐めていると、身体をくねらせてくる。

そのまま彼女の体を横にして、感じる脇腹を舐め回し、背中も舐め回す。

完全にうつぶせになったところで、股間にわりこみ、両腕を内側から差し込んむ。

こうすると自然と彼女のおしりが浮かび上がり、舐めやすくなるし、彼女も押さえられたような恰好になる。

前の彼氏に、お尻の穴にいぼのようなものがあるといわれて、コンプレックスになっていたみたいで

「いぼがあるから、いや...」

とかいっている。

よっぽど痔なのかとおもったけど、ちょっとシワシワが大きいだけ。

「別に普通だよ」

おしりのふくらみを左右に広げ、敏感なおしりのシワシワがむき出しになるようにして、おしりの穴を舐める。

「あああ、、なにこれ....」

「気持ちいいでしょう?」

「なんか、気持ちよすぎてこわい...」

「大丈夫...」

「はじめてなめられたの?」

「はじめて...」

逃げようとする彼女のお尻をつかんだまま、さらに舌先を差し込む。

「すごい、○○さん、すごい...」

これだけ感じてくれると舐めがいもある。

おしりの穴だけで30分は舐めていただろうか。

最後は舌先を硬くして、穴のめいっぱい広げ、奥深く差し込む。

「いやん...なんかでちゃいそう...」

「大丈夫」

ぐったりしたところで、またオマンコも舐めたくなり、お尻の下側に仰向けになって顔を滑り込ませる。

あっというまに、顔面騎乗位クンニの体勢に。

はじめて顔面騎乗位をする女性にはこうするのが抵抗がなくていい。

「ああん、いや...」

上体をおこさせて、オッパイを下からもむ。

はじめはためらっていた彼女も、少しづつ顔の上で腰を動かしてくる。

「顔中にオマンコ、おしつけてきて!」

まだ理性のある子だと、こう言ってもしてこないもの。

しかし彼女は、言われたとおり、おでこ、ほっぺた、顎と、顔中にヌルヌルのオマンコを遠慮なく擦りつけてくる。

完全にいっちゃている。

顔中、もうベトベトだ。

「息、苦しくない?」

「......」

十数秒、息もできず、答えられなかった。

時折、舌先を突きだして、穴に中に滑り込ませる。

これだけ顔面騎乗位が好きならと、さらに、そのままの恰好で彼女の背中を僕の体の上に寝かせる。

互いに69のように顔を向けているが、向かい合わせでなく、逆向きの姿勢で、僕の上に彼女の背中が乗り、僕のくちびると彼女の股間とが繋がっている。

こんな格好のクンニ、僕も初めてする。

両手をのばしてでオッパイをもみながら、クンニを続ける。

勃起したペニスが彼女の首あたりに当たる。

「ああん、凄いこれ....」

彼女の腰をつかみ、舐めながら起き上がると、彼女がベッドから落ちそうに。

わざと彼女の頭がさかさに落ちるよような姿勢で、さらにクンニを続ける。

「ああああ.....」

頭が床に着きそうになるので、抱きかかえてベッドの上に引き上げ、さらに舐め続けていると、か細い声で

「...ゴム付けて...いれて...」

という。

挿入なしの約束だったけど、こういわれて入れない男はいないだろう。

念のために持ってきていたLサイズのマイ・コンドームをつけて、間髪入れず、正常位でズブリと挿入。

大きいので、最初はすこし痛がったけど、途中からは感じまくっている。

正常位で一通りのストロークを楽しんだあと、抱きかかえて、座位になる。

その後、僕が寝て女性上位にすると、彼女、

「あん..あん..あん..」

とあえぎながら、凄い勢いで腰を振ってくる。

もう、僕の欲望丸出しの超スケベな行為に、彼女の理性も完全に吹っ飛んだみたいで、メスの欲望を完全に解放しちゃったみたい。

こうなると女の欲望って、凄いね。

ペニスがちぎれるぐらいに腰を振ってくる。

「そんなに動いたら、いっちゃうよ」

「いって..いって...いくとき...叫んで...」

ホントにいきそうになるので、抱き寄せて、下から突き上げ、こちらが主導権を取り戻した。

続いて座位にもどり、繋がったまま、ベッドの脇に移動し、得意の駅弁へ。

「いや...なに....こんなの初めて...」

軽いので、腰を下から振って、ガクンガクンと上下動する彼女の全体重を、股間のペニスだけで受け止める。

彼女も全体重を自分の股間に集約して、ペニスに突き刺されている。

抱きかかえたまま、お約束の洗面台へ移動する。

鏡に映っている姿を真横、真後ろから見せる。

「ほら、みてご覧!」

「いやん....恥ずかしい...」

そのあと洗面台に座らせ、立ったまま腰を振る。

しかしここは狭くて自由に動けないので、また駅弁のまま部屋に戻り、今度は壁際に彼女の背中をおしつけ、彼女の体が落ちないように、ペニスで支えながら、腰をグリグリと打ち付けた。

これって、何度やってもオスの力強さを強調する体位だ。

ベッドにもどって、一度正常位になり、今度は正常位から一度抜いて、立ちバックへ。

そのままベッドにもたれこんで、寝バックへ。

もう汗びっしょり。

グイグイ突きまくり、中をかき回す。

「ああ、中かき回されている....それ凄い...気持ちいい...」

よがり声も一段とあがり、彼女もいきそうな雰囲気に。

さらに激しく腰を振り、そのまま彼女を絶頂に登り詰めさせた。

いきそうになると、

「アッハッ..アッハッ..アッハッ..」

息を止めているからか、少し呼吸困難になっているみたいで、苦しそうな声をあげはじめる。

こういう声を出す子は初めてだ。

まあ、わかりやすくていいけど。

で、しがみつくように抱きついてきて、体を硬直させている。

もう少しだ、とさらに激しく腰を打ち付けた。

やがて彼女の下半身がカクカクと痙攣し、すぐにグッタリとなって、苦しそうな声も止まった。

凄く激しいオーガズムだ。

僕はまだいってないので、

「僕もいっていい?」

というと、まだ快感に浸っているのか、絞り出すようなか細い声で

「いって...私のからだで...いって...」

という。

男が自分の体でいってくれるのが、嬉しいくてたまらない、といった感じ。

なんか切ない女心を感じて、僕も胸がいっぱいになる。

よし、思い切り射精するぞ、と激しく腰を振ると、また彼女の声が苦しそうになる。

また登り詰めているみたいだ。

「いくよ!中に出すよ!」

「いっぱい出して!私の中にいっぱい出して!」

いくとき、叫んでといったのを思いだし、

「いくよ...中に射精するよ....ああ..出る....」

と思い切り叫びながら、豪快に射精した。

なんか体中の精液を全部はき出した感じ。

グッタリとなって彼女の上に覆い被さった。

彼女もじっと抱きついたまま動かない。

汗がポタポタとしたたる。

言葉はいらなかった。

数分間、じっとしていた。

だけど中でペニスが少し小さくなりかけてきた。

精液をこぼしてもいけないけど

「抜かないで...そのままいて...」

と彼女がいうので、ゴムが抜けない程度の柔らかさになるまで、さらに数分はそのまま中にいた。

起き上がって体を引くと、ベットリと本気汁で白くなっているコンドームがトベトの股間から引っ張り出されてきた。

たっぷりの精液が溜まっている。

「凄い...いっぱい出たね...」

「でしょう..」

「嬉しい...」

ここで一休み。

暫く話していると、なんとさっき、生まれて初めていったという。

彼女も豪快なイキ方をしていたので、もうオーガズムも経験済みだとばかり思っていた。

「男の人が私の体をみて勃起してくれると、凄く嬉しい....それで私の体で気持ちよくなってくれて、いっぱい精液を出してくれたら、本当に嬉しくなるの...」

互いに欲望を貪りあった中だかろうか、彼女は濡れた股間を隠そうともせず、

「私のおまんこ、気持ちよかった?」

と聞いてくる。

「うん、凄く気持ちよかったよ...だからこんなに一杯出ちゃったんだよ...」

「ホント?凄く嬉しい....」

こんなこと聞かれたのも初めてだ。

8ヶ月ぶりのセックスで、少しばかり失っていた女としての自信を取り戻したみたい。

それにしても久しぶりのセックスにしては、ちょっと激しすぎたかも知れない。

その後、おしりの話題になった。

お尻の穴は初めて舐められたけど、あんなに気持ちいいもんだとは知らなかったという。

ならばと、またおしりの穴を舐め舐めしてあげる。

さらに、かるく人差し指を差し込んでみると

「アアア...ン...何これ...」

「指がはいってるの...」

「いや、これ...気持ちいい...」

軽くスライドすると、もの凄い感じよう。

お尻の穴に人差し指を入れたまま、左手の指を膣に入れる。

皮一枚を夾んで上下で挟むと

「あああん..これ...凄い...」

「おしりの穴とオマンコの穴、両方にいれらるとこんな感じ...」

「いやん...」

Gスポットも刺激する。

「すごいきもちいい...」

で、左手の余った指でクリトリスも擦る。

「あああ...んん...」

「これが三点責め」

おしりの穴の指を二本にしてみると、すんなりとはいる。

「ああ、なんかきつい...」

「指、二本にしたの」

「いやん...」

これなら、ペニスも入るかなと、柔らかくなっているペニスにゴムをかぶせて、指を添えながら入れてみると、先っぽだけ入ってしまった。

まさか、舐めるだけだったのに、アナルセックスまですることになるとは。

ただ、半立ちなので激しくは動けない。

後から乗っかって、腰を振るだけ。

しかしそのうち、またよがり声が大きくなる。

痛がらないし、気持ちよさそうなので、さらに腰をふっていると、なんとまたさっきみたいに

「アッハッ..アッハッ..アッハッ..」

と、苦しそうな声をあげはじめる。

そしておしりを痙攣させながら、なんとまたいってしまった。

今までペニスを女性のお尻の穴に入れたことはあるが、お尻の穴でいかせたのは、生まれて初めて。

アナルでもいけるもんなんだ。

「オマンコでいくのと、お尻でいくのと、どっちが気持ちいい?」

「おしりの方かな...」

そういうもんなんだ。

また横たわって一休み。

すると体に火のついた彼女は、我慢できないといった感じで、柔らかくなっているペニスをつかんで、しゃぶりだした。

両手を使わず、ぱくっとくわえ、バキュームをかけてくる。

オマンコとお尻の穴と、あれだけ使ったのに、あっという間に硬くなる。

彼女のスケベ心が乗り移ったのかな。

硬くなると男として、また入れたくなる。

さっきより硬いので、もう一度、硬い状態でお尻の穴にいれたくなる。

ゴムを付けて、再挿入。

「すごい、硬い...」

暫く出し入れする。

ちょと精液が漏れるまで腰をふる。

いったん抜いて、一休みしていると、また彼女から柔らかくなったペニスを舐めてくる。

またすぐに勃起。

もう一回、入れようとすると、フロントから電話が。

あと10分とのこと。

電話しながら立っている僕の下に跪いて、それでもペニスをくわえて離さない彼女。

完全にメスになっている。

その仕草から、彼女が精液を飲みたがっているのが分かった。

「出して...精液だして...」

出してあげたかったし、僕も彼女に精液を心から飲んで欲しいと思った。

だけど、あれだけ出しているので、気持ちいいけど、直ぐには出なかった。

そのまま時間切れに。

「まあ、今日のところはこれぐらいにしておこうか...明日、朝やはいしね..」

「また会ってくれるの?」

「いいよ」

「うれしい...」

ペニスをくわえて離さない彼女の口からまだ勃起しているペニスを抜き、シャワーを浴びにいく。

シャワーから戻ると、彼女はシャワーもあびす、パンティーを履いていた。

「どう、もう乾いていた?」

「まだ濡れている...」

パンティーの股間に指を差し込むと、外側からもまだ湿っているのが分かった。

ホテルを出たのはもう終電を回っていた。

手をつないで、今日のことをいろいろ話しながら歩いた。

別れ際

「今日はどうもありがとう...」

という彼女に、タクシーの行列の前だったけど、

「チュ」

って、キスして別れた。

それにしても、舐めてもらうだけの約束だったのに、大きなペニスを挿入されて、初めてのオーガズムを味わい、さらにアナルセックスまで経験して、しかもアナルでもいってしまったなんて、彼女にしてみれば、ひと晩で凄い経験をしてしまったことになる。

出会いって、面白いなと思う。

そして、セックス目的で会う男女って、もう欲望をさらけだすから、凄いことになるね。

でも、普段はじっと隠しているメスの欲望を思いっきりい開放して、体を開いてオスに向かってくる女って、男からみたら、凄くかわいいね。

女の知らない一面を垣間見たようで、この女のこんな姿を知っているのは自分だけだと思うと、オスとしても嬉しくなる。

その後のAさんからのメールFさん、今日は本当にありがとう。

私の体をあんなに舐めてくれたのはFさんが初めてです。

お尻も、すごくコンプレックスだったのに

「平気だよ、普通だよ」

って、さらっと言ってくれて。

ずーっとくちゅくちゅされて、今までの自分がどこかへ行ってしまうようで怖くて腰が引けてしまっても、グイッとヒップをつかんで留めてくれたので、お尻の快感に目覚めることが出来たんだと思います。

後ろから突かれて、Fさんの汗がポタポタ落ちるのも嬉しかったです。

私の体の上でがんばってくれてる男性が居るって最高!イク時の声を聞くと、自分の体に興奮してくれるって思って、キュッってあそこが締まっちゃう。

私の中に出してもらった後も、

「抜かないで、抜かないで、もっと中に居て」

って、そう思ったのも初めてです。

今、鏡見たら満ち足りたって感じの顔してます。

優しくて、暖かくて、エッチで、私の体を開発してくれたFさん、是非また誘って下さいね。

追伸まだお尻がモゾモゾしてます。

*****

Fさんこんにちは。

Aです。

あのあと一眠りしたらあそこからちょっと血が!入り口付近がすれて少しひりひりしてきました。

ハードな初日だったからかな?でも、Fさんに気持ちよくしてくれたので職場の女性に、なにかきつい事言われても

「ふーん」

って感じで軽く流せるようになりました。

「私は凄く気持ち良いことされたんだもーん。

あなたは知らないでしょ?」

ってかんじです。

あと、自然にニコニコしてることも多くなったので、初対面の男性が優しいです。

「仕事だからちゃんとしなきゃ!」

っていう緊張感がすこしとれたカナ?逞しい男性が若い女性に種付けする行為って、素敵です。

優れたボスが女性に受け入れられるのです。

うふふ。

*****

Aです。

今はだいぶ良くなりました。

ゴムでキシキシした感じでした。

痛いのは痛いんですが、安心できる痛みです。

なんていうのかなあ、じきに治るから痛くても大丈夫よね、なんて。

それに、ヒリついてると思い出しちゃう。

んー♪雄々しい人が、私の上で腰を振るって凄い興奮します。

垂れてくる汗も嬉しいです。

優しくて強い男性に私の中で出しきって欲しいです。

普段は厳格でも、私のあそこのニオイに興奮してくれて、中で気持ち良くなってくれればソレでいいんです。

王に今夜、選ばれた妾の心境もこんな感じカナ?私って欲張りかなあ?イク時に失神しないように気張るから女性もかなり体力いりますね。

またFさんに会いたいな。

汗だくになって後ろからFさんに乗っかられて嬉しかったです。

一生懸命動いてくれてるって感じがとても好き。

またAのお尻で、気持ちよくなって欲しいな。

ブログランキングに参戦中!この3つポチッとお願いします^^




官能小説ランキング


アダルトブログランキング

PAGE TOP