巨乳の美人人妻を脅迫まがいに襲いました


美人で巨乳の人妻をレイプしたことがある。
脅迫まがいのレイプだった。

近所の空き地に車を止めてカーセックスしているカップルを発見した。
男は年配のおっさん。
女は・・・知っている顔だ。
近所でも評判の美人妻だ。

相手のおっさんはもちろん、旦那さんではない。
つまり浮気現場を見てしまったのだ。

俺はその美人妻の家を訪ねた。
不倫現場を目撃したことを告げたのだ。

初めはとぼけていたが、
旦那さんにばらしますよ と言ったら、
泣き出しそうな顔になった。

「あなた次第で、俺は誰にも話しませんよ」

そう言ったら、美人妻は意味を理解したようだ。
その家の寝室に二人で入った。

ただセックスするだけでは物足りなかった。
犯したい願望があるのだ。
それなのに、この女ときたら、
あっけなく股を開きそうだった。

だから、俺は彼女をベッドに突き倒した。
そして、衣類をびりびりに引き裂いてやった。

「やだ・・・乱暴はやめて・・・」

怯えきったその表情・・・。
たまらなく、そそるんだ。

下着もはぎ取ると、美人妻は嫌がるそぶりを見せた。
美人だから、男にはやさしくされっぱなしの人生だったんだろう。
だが、俺は違う。
今から、屈辱的に、犯してやるのさ。
チンコはギンギンに勃起していた。

尻の穴に入れてやろうと思った。
アナルは処女だろう?
入りやすくするために、指であらかじめアナルをいじくってやった。
そして唐突にチンコを尻の穴に入れてやったのだ。
美人妻は声を出す事ができずじっと耐えて我慢していた。
我慢できるってことは・・・
おそらくどこかで、数回はアナルに挿入された事があるのだろう。
少々、残念だった。

アナルに入れていたチンコを抜くと、
オマンコに入れなおし、激しく突き上げピストンを早めた

美人妻はすでに観念していたみたいだ。
早く終わってくれることを願っているようには見えた。
俺の腰の動きが早くなってくると、

「お願い、中に出さないで」

と泣き声に似た声で要求してきた。
それならと、俺はおもいっきり中に射精してやった。
しかも出来るだけ根元まで押し込んだ状態で、
子宮に届くような格好で出し切ってやった。
俺の子供を女にはらませてやるのも悪くないよな。

出した精子が子宮を開かせて中に流れ込んでいく感じを亀頭で体験した。
わずか10分位の時間であったが俺には十分すぎる時間である。
俺は出し終わるとチンコも拭かずズボンにしまい込み、
その家を足早に離れた。


PAGE TOP