飲み屋で知り合った子にカラオケで襲われたエロ体験談w


昔、屋台村みたいな鉄板焼き屋や洋風居酒屋の集合したお店が、

アパートの目の前にあったので仕事帰りに週2くらいそこで飲んでた

ある夜、いつものようにそこに行くと初めて見る子が2人飲んでた

1つ席を空けて座って飲み物を注文すると、

25歳と20歳の看護婦さんで

時々飲みに来てくれるとマスターが紹介してくれた。

疲れてたので、こんばんはと愛想笑顔で挨拶だけしてすませて

軽く食べたら帰ろうと思っていたら

20歳の子が隣の空けた席に移動してきて

裕子(仮名)です、おにいさんかっこいいね、

うちら夜勤明けで明日も休みじゃけぇ飲みに来たんよ

と声をかけてきた。

疲れて声をかけられたくなかったし、

面白いことも思い浮かばなかったので

裕子ちゃんもかわいいねとだけ応えて

出された飲み物に口をつけて目線を切った。

けれど、何を話したかあまり覚えてないけど、

彼女いるんですか?とか延々と話しかけられた

早く帰りたかったけど話しかけられて

長くなって1時間半くらいたった頃、

裕子ちゃんがうちばっかり話しかけて

テンション上がって馬鹿みたいと拗ね始めた。

バツが悪くて帰ろうとマスターに声をかけたら、

じゅんちゃん(俺)ちょっと待てや

今日もうお客さん来そうもないけえカラオケ行こうや、

ほれ、裕子ちゃんも行くでと声をかけて4人でカラオケに行くことになった。

カラオケで飲みながら適当に他の3人が歌うのを聞いてたら

マスターが1時間程で帰って行った。

俺も帰りたかったけど、なんとなく帰れる雰囲気じゃなくなって、

付き合うハメになって最初に予約してた2時間が過ぎ

終了時間を知らせるコールが鳴った時、裕子ちゃんが3時間延長した。

それとターキーのロックを4つ頼んだ。

25歳の仁美(仮名)ちゃんもえーーー3時間も!!

と言いながらテンション高くて楽しそうだった。

注文してたロックが来たら、裕子ちゃんが乾杯しなおし、

一気ねと言いながら俺に1つ、

残り2つを1つにまとめたのに自分のも半分くらい足して

グラスいっぱいになったのを仁美ちゃんに渡して乾杯をした。

仁美ちゃんは人の良さそうなブサで律義にそれを一気した。

その後もストレートやロックで何杯か注文して飲んでるうちにまず、

仁美ちゃんが潰れて椅子に頭をもたれかけて寝始めた。

俺も朦朧として意識がどのくらいなかったのかわからないけど、

なんか下半身に違和感を感じて薄目で下を見ると裕子ちゃんが俺のをフェラしてた。

裕子ちゃんは俺の意識が若干戻ったのに気づいて唾で

ヌルヌルになった俺のを手で扱きながら凄く硬いよ、

本当はうちとエッチしたかったんでしょと耳元で囁いた。

そうしてまだ朦朧としてる俺の上に跨って

スカートの中に手を入れて下着をずらして自分の中に俺を導くと、

ヌルヌルっと生温かいのを感じながら俺のナニが滑り込んでいくのを感じた。

なんだかよくわからんが、俺の上では裕子ちゃんが自分で動いている。

向かいの椅子には仁美ちゃんが酔いつぶれて寝ている。

そんな状況が頭の中でグルグルしているうちに俺の頭は快楽だけになった。

抜かずに裕子ちゃんを下にすると俺は正常位で無心で腰を振り続けた。

段々裕子ちゃんの呼吸が荒くなって声が漏れ始めたので

脱いだスーツの上着の肩口を口に噛ませて

ギュッと抱きしめて腰を振り続けると、

普段は酔うとなかなかイケないのに

10分くらいでイッて裕子ちゃんの中にぶちまけた。

それでも興奮が収まらず、

勃起したままだったのでそのまま30~40分は突き続けた。

結局時間終了のコールでノーフィニッシュ。

仁美ちゃんをタクシーで送り届けて仁美ちゃんの家で寝てる横でもう1回、

俺のアパートに帰って昼まで寝て夕方までに2回中出しセックスした。

それから俺が勤めてた会社を退職するまで半年くらいセフレの関係が続いた。

あれから9年、俺も結婚して1児の父、何人かと付き合ったけど、

未だにカラオケでの1回目の射精を超える射精感を味わったことがない。

レロレロやって、ドクドク出した瞬間が最高


PAGE TOP