ダメッダメッ・・中は絶対ダメッ!


昨年冬の事ですが、会社の出張で関連する人達と地方での出来事でした。
同じ地域の人達と連絡し夜食事をする事になり、私と同じ町の人(男性・田中)と隣町の人(女性、当時33歳人妻・雅恵)と3人で少しお洒落な居酒屋に入りました。
3人とも翌日の研修前にもかかわらずビールをジョッキを飲むわ飲むわで、話も盛り上がり気が付けば閉店時間、かなりの量を飲んだにもかかわらず、二次会はスナックに・・・
その後お腹空いたと言い3人してラーメンで締めたのですが、話し足りないと雅恵が言い出して3人してホテルにタクシーで移動しました。
「じゃー、俺の部屋で飲み直すか~」と田中にも声掛けをしたが「眠いから、俺は寝るは~」と隣の部屋に消えてしまった。
残った二人(私と人妻・雅恵)は私の部屋に入り、「缶ビールでも買ってくるわ~」と、自販機からそれぞれの分を購入し、部屋で飲み出す事に・・・

仕事が共通の為その話題を暫く話してしたが、部屋は狭く、椅子は一つで、会話をしている位置はベットの上で横並びだった状況で、隣には豊満な彼女(ベージュのパンツルックに白のセーター)の胸が強調されて(何時も仕事の時は作業着ですが胸が強調気味で、夏場は開いた胸元から谷間が見えます)酔った勢いで、仕事の会話が進んでいたにも関わらず、いきなり抱き寄せキス、そして押し倒してしまった。

本当は抵抗されると思ったのですが、全く無くそのまま受け入れ態勢、さすが人妻。
軽いキスが舌をお互い絡め合いディープキスへと・・・キスをしながらいつも妄想で抱いていた豊満な胸に手が伸び、揉みだすと、「ん・・うん・・あん・・ん」とヨガリ出すではありませんか。

そうなったら、セーターを捲くり上げてブラジャー姿をご拝見!肌は色白に、DかEカップ紺色のブラジャーが“ボロン”って私の目の前に。
少しエロイ・・・セーターを脱がして、耳や首筋に舌を這わせて感じさせまくりながら、ベージュのパンツのボタンを外しファスナーを下ろしていくと、雅恵の手が少し抵抗気味に私の手を押さえてきた。
でも、弱々しいためただ恥ずかしいだけと悟り、ベージュのパンツも脱がしてしまい上から下まで下着姿をご拝見。

上下お揃いの下着で、ブラジャーの肩紐をずらし豊満な胸を舐めまわし直に揉むと、重たい胸なのに形は全然崩れずにすごい張りで、まるでゴムマリみたい。
私の中ではご満悦。
そして雅恵は、「ん・・うん・・あん・・ん」から「あぁぁん・・・あぁぁん」と声が次第に激しくなり、私の首などあちこち舐めまくりだしてきました。
そして、中途半端に上を脱がしてた所を今度は下のアソコを重点的に刺激していると腰をクネクネとし感じまくってすごい状態。

ところが、ショーツが少し厚く感じて直接アソコをイジリだすと、「ダメ!生理だったの・・・」と言い出し、“これは生入れで中出しチャンス!!”と私の中で悪魔の囁きが・・・
もう強引に上下の下着は剥ぎ取り、ありとあらゆる所をペロペロ舐めまくり、雅恵はビクンビクンとイってきてました。
アソコに指を2本入れて刺激していると、もう腰は激しくよがるは、あえぎ声は大きいはで・・・私のナニは全快状態!!でも、イカセてやろうと指で刺激していると、
「あぁぁぁ・・あぁぁぁ・・・ぃぃ・・いっちゃう~・・・ああああ・・」
「いくっ・・いくっ・・ああぁぁぁん」
私は、これでもかって位に雅恵のアソコに指を奥に奥に入れると、雅恵の体は反り返って、
「ああぁぁぁん・・・・いくっ・・いくっ・・うっうっ・・」
とイってしまいました。

その後にキスしまくり再度刺激の再開。
指2本でクチュクチュと音がし出し、又雅恵は、
「あぁぁぁ・・あぁぁぁ・・・ぃぃ・・・・ああああ・・」とよがりまくり。
二回目の絶頂を迎えてしまいビクンビクンと体が反応してました。

再再開の指攻めになると、雅恵は我慢が出来ずに、
「ねぇ~・・入れて・・・」
「何を?・・・」と、とぼけると、「アソコに入れてよ・・・」
「何を何処に?」と意地悪く返す。
「アレをアソコに!」
「正しく言わないと入れないよ!」
と返すと我慢が限界なのか、
「ち○ぽを私のま○こに入れて~」
と切羽詰まった状態でせがみ出しました。

私はニコっと内心待ってましたとばかりに、彼女の上に体を移してアソコに少し当てたり離したりしてると、「あ~ん・・ダメッ・・じらさないでょ・・」と体をよじらせて挿入OK!

少しずつ入れていくと、先程のよがり声より深みのあるトーンに変わり、
「うっ・・あっ・・・・ぁっ・・・うっ・・うん・・・はぁぁっ・・・」
と私のアレが突き進むと共に彼女の欲求を満たすために向かって行きました。
そして、とうとう奥まで満たしてから、キスを交わしながらゆっくりと雅恵に突き始めますと、
「ん・・うん・・あん・・ん」
「あぁぁん・・・あぁぁん・」
と部屋の外や隣に完全に聞こえそうな大きなアエギ声で、あまりにも凄い声なので、キスで塞ぎ舌を絡めながら腰をズンズン突いてやると、
「うむっ・・・ん・・・んん・・・」
と少しは静かでしたが、何時も10分持たず射精感が来るのですが、酔っているのでかなり持続しているので、雅恵の豊満な胸を鷲掴みしながら突きたい衝動にかられ、バックに入れ直してバシバシと突きながら胸をギュッギュッと揉みまくる。

さすがに、私も射精したくなって来たので正常位に体位を変えて突きだしました。
そこで、わざとらしく、「イっていい?」
「アッ・・・アッ・・・うん・・・うん」
「中でイっていい?」
「ダメッ!・・中はダメッ!」
「いやっ・・中に行くっ!」
「ダメッダメッ・・・中は絶対ダメッ!・・・アッ・・アッ・・外に出して!・・・アッ・・あっん・・」
と雅恵がイきかけて来たので、腰を激しく振り、これでもかって位に奥に奥に突いてやる。

「行くよ!」
「中はダメよ!」
「あぁぁん・・・あぁぁん・」
折角のチャンスに向かい、
「中に出すから」
「ダメダメ!・・・アッ・・アッ・・中出ししないで・・・アッ・・あん・・・あぁぁぁぁ・・・はぁぁぁ」
「イ、イくぞ!」
「中はダメッ!・・・・・アッ・・あん・・・あぁぁぁぁ・・・・アッ・・あん・・・あぁぁぁぁ・・あぁぁぁぁぁ」
「中はいゃぁぁぁ・・・アッ・・あん・・・あぁぁぁぁ・・・・アッ・・あん・・・あぁぁぁぁ・・中はダメッぇぇぇぇぇ・・・・・・・・・」
もう限界状態雅恵の言葉を無視して、雅恵のアソコの一番奥にドスッドスッっと突いてやると、
「あぁぁぁぁ・・中はダメッぇぇぇぇぇ・・・・・・・・・」
「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~・・・・・・・・・あっぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・」
ドスッ・・ドスッ・・ズリュッ・・ズリュッ・・

「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・ぁっ・・ぁっ・・・」
とうとう大量の精子を雅恵の膣の最奥に生のまま中出しをしました。
出し切った時には、雅恵もイってしまい、「はぁぁ・・はっ・・・」と物静かに余韻の中に入って行きました。

私は優しくキスをしてその余韻を暫く楽しんでから少し時間がたった時に、話しかけると、「夫にも中に出されてないのにっ・・・」
「何時もゴムするか外だったのに・・・」
と返されました。

そして暫くして抜き、アソコからは私の中出しした大量の精子がドロドロと流れ出て来ました。
その後にまたキスをしてジャレていると、私のアレが復活!二回戦へ。

またまた中に・・・一回も二回も同じなのに雅恵は、
「中はっ・・・ダメッ!・・・いっぃっ・・いっくっ・・・」
後から聞いたら、中出しで初めて味わう絶頂感だった様でした。
そしてそのまま就寝してしまい、朝起き掛けに二回また中出しを犯ってあげました。
何度犯っても中出しには抵抗してましたが、中出し以外はエロエロの雅恵でした。

当然研修は、二日酔いと寝不足で田中には目真っ赤っかだよと言われ、睡魔と戦いながら1日を過ごしました。


PAGE TOP