嫁と義母は身長も体重も、巨乳・巨尻のぽっちゃり体型もほぼ同じで・・


少し前、夫婦で嫁の実家に行った時のことだ。
記憶があやふやな部分もあって、少し話を盛ってるが気にしないように。
嫁は21歳の幼妻。2コ下の義弟は都会の大学に通ってる。
実家は「ど」が付く田舎で、だだっ広い一軒家に義両親が2人で住んでる。
資産家でもないが、なんで田舎の家って無駄に広いんだろうな。
義父は49歳で義母は43歳。
最近は田舎でも高齢出産が増えてるそうだから、夫婦で小学校の授業参観に来て違和感ないかもしれん。

そんな若い義両親に「そのうち孫の顔も拝めそうだな」とか言われたら、なんだか「さっさと娘さんを貰ってすいません!」と申し訳ない気分になる。

まあ、義両親も俺や嫁と似たような年で結婚したんだけどな。
実家では大歓迎された。
子供2人が家を出て義両親も寂しかったんだと思う。

結婚半年、メシマズ卒業を目指し奮闘中の嫁と違って、義母の手料理は絶品。
義父はこの日のために用意した高い日本酒を振る舞ってくれた。
マジでいい酒だった。

文章力のせいで美味しんぼみたいな表現はできんけど、辛口なのにスーッと入って来て全身にクーッと染み入る感じ。
酒自体が久しぶりだったこともあって、感動しながら杯を傾けた。
あまり飲めない嫁と義母も「アラ、おいしいじゃない」と気に入った様子。

一升瓶はさっさと空き、男2人は義父が日ごろ飲んでる安い酒に移ったが、肴もうまいし「もうサイコー!」と、心から楽しい気分になった。

飲んでる途中「おとーさん、この人にあまり飲ませないでよ!」という嫁の酔った声が聞こえた。
ここでいったん記憶が途切れる。

ねえ~~っ」なんてカラカラ笑いながら、女が失神するまで何度も何度もイカせ続けたり。
にわかに信じられんのだが。
俺の方は記憶がほとんど飛んでるわけで、最初は悪い冗談かと思ったが、嫁にも「あなた、飲んだら…凄いよね」と潤んだ目で言われたことがある。

なんでその能力をしらふで発揮しないんだ、と自分で不思議になるな。
実は新婚早々、その酒癖の悪さで大失敗をやらかした。
町内会の飲み会で酔っ払い、会長夫人(58歳!)の前でチンコを出して「奥さ~ん、しようよ~~」と迫った…らしい。

俺は全く覚えてないんだが、その場でオッサン数人に取り押さえられ、ボコられた上で嫁に引き渡された。
もちろん翌日、会長夫妻には土下座して謝罪。
近所の人にも頭を下げて回った。
マジギレした嫁から「外じゃ絶対禁酒!」と厳命されたのは言うまでもない。

そんな俺、嫁の実家で気が緩んだのか、久しぶりに飲んで暴走したらしい。
かすかに残る記憶の断片をつなげ、何をしでかしたか必死で思い出してみる。

嫁の胸をはだけてFカップ乳を吸いまくった記憶はかすかに残ってる。
飲むとオッパイが欲しくなって執拗に吸うんだよな。
嫁は乳首が性感帯だから、かなりヨガってたように思う。

それからM字開脚させた嫁の股間に顔を押し付け、ペロペロ舐めた気もする。
鼻と口に陰毛の感触が残ってるから、下着を脱がせてモロクンニしたんだろう。
かなり小便臭かったが、なんかもう必死で舌を這わせてバキュームしてたぞ。

挿入は正常位。
いや、巨尻にしがみついてバックで突っ込んだ記憶もあるな。
いやいや、騎乗位で下からオッパイを揉みながら腰を突き上げてたかも。

別の日の夫婦生活と記憶が混同してるのか? それとも全部やっちゃったのか?下腹部のカピカピ具合と虚脱感からすると、1発や2発じゃなかった気もする。
まあ、不幸中の幸いは相手が嫁だったことか…と考えて、俺は青くなった。

ということは俺、義両親のいる前で「濃厚な夫婦生活」を見せちまったのか?いくら旦那が相手とはいえ、実の娘が男に犯されるのを見せつけられたら親としては黙っちゃいられないんじゃなかろうか…。

汗をかきながら必死で記憶を呼び起こす。
そうだ、確かエロシーンは暗かったぞ。
田舎の夜は都会よりずっと暗くて、嫁の顔もよく見えないくらいだった。

そういや嫁も「あうううぅ…」
「うぐぐぅ…」という感じで声を押し殺してたな。
ハメながら呑気にも「いつもみたいに、もっと声出せよ~」と思った気がする。


ということは、だ。
義両親が引き揚げてから俺が嫁に襲い掛かって、別室の義両親を起こさないよう嫁は必死で声を我慢した…という仮説が成り立つ。
だったらまだ救いがあるかも…。
何とも自分に都合いい解釈だが、そもそも記憶が曖昧だ。

いくら義両親が寝た後でも、例えば夜中に義父か義母がトイレに起きて、広間でハメハメしてる俺たちを目撃しなかった保証はないよな。
どうしよう…せっかく義両親に気に入られてたのに、一気に嫌われたか?まさか「こんな酒乱男とは別れろ!」とか言われんだろうな。

実は小心者の俺。
嫁の尻にしがみついたまま、朝までまんじりともしなかった。
翌朝、ビクビクしながら義両親の様子を観察したが、怒った感じじゃなかった。
義父はもともとそれほど愛想のいい人じゃないが、朝飯で顔を合わせるとニコニコして「いやあ、昨日は飲んだ飲んだねえ。はっはっは」と上機嫌。

世話好きな義母は「大丈夫? 二日酔いしてない?」と優しく声をかけてくれた。
嫁も「なんか酔って寝ちゃってたわ。何時まで飲んでたの?」とケロっとしてる。

普段エッチした翌朝はベタベタしてきて、そこがまた可愛いんだが、それもない。
まあ義両親がいる前で、ラブラブの姿を見せるわけにもいかんしな。
嫁実家で過ごした間も、自宅に帰ってからも、特に違和感を覚えることはなかった。

どうやら義両親に恥ずかしい姿をさらすことはなかった、と考えて良さそうだ。
まずはひと安心。
いくら身内宅でも、やっぱり外で飲むもんじゃないと反省した。

それから数カ月後…というか先週なんだが、仕事から戻ると嫁が怒ったというか呆れたというか、憮然とした表情で俺に話し掛けてきた。
「ちょっと聞いてよ。うちのおかーさん、赤ちゃんできたんだって」
「へっ?」
「14週目だってさ。もぉ、いい年して何やってんだろ。恥かきっ子だよ~」
「えっ…そ、そうなんだ…」全身から血の気が引くのが分かった。

忘れたはずの記憶が蘇る。
そういやあの朝、俺は下着まで脱いでたのに、嫁の服は全然乱れてなかった。
嫁は泥酔してたわけじゃないし、コトが終わって自分だけ着たのかと思ってたが。

それから記憶だと「嫁」のシャツを左右にはだけてオッパイを吸った気がするが、前の晩も翌朝も嫁は丸首のTシャツで「あれ?」と思ったんだっけ。

それからあの朝、義父が仕事に出て嫁が朝風呂に入ってる間、テレビを観てたら義母が隣にぴったり寄り添って俺の手を握ってきたんで「ん?」と思ったんだ。

というか嫁実家にいる間、俺に向ける義母の視線がやけに熱くて、ずっと「やっぱり嫁としてる所、見られたのかな」と内心ビビリまくってた。

「田舎って近所でいろいろ言われるんだよ。もぉ、恥ずかしいなぁ」
「ま…まあ、お義父さんもお義母さんもまだ若いんだから…」
「娘が結婚してるのにさ。お腹の大きいおかーさんとなんて並んで歩けないよ~」
「でもまあ、おめでたい話だし…」嫁はまだブツクサ言ってる。

まあ、20歳以上離れた弟か妹ができるわけだしな。
適当に相槌を打ちながら、俺の頭は高速回転して記憶再生を続けた。
そうだ、思い出した。

2週間くらい前、義母から電話があって俺が出たんだが、近況を話してたら唐突に「△△君の血液型って何だっけ?」と聞かれたんだ。
「娘との相性診断よ」なんて言うから、今どき血液型占いかよと呆れたっけ。

「また遊びに来なさいよ。娘が忙しかったら△△君だけでも…」とも言われて、その時は社交辞令と思って聞き流してたんだよな。

ちなみに嫁と義母は身長も体重も、巨乳・巨尻のぽっちゃり体型もほぼ同じ。
もちろん義母の方が全体的に少しだけ肉が下がってるが、顔立ちも似てるし、髪型と服装を同じにして遠目に見たら、まるで双子だ。
あくまで遠目だけどな。

最初は恥ずかしいの何のと言ってた嫁だが、やっぱりめでたい話でもあるし、今じゃ「ねえねえ、お祝いどーしようか?」なんて気の早いことを言ってる。

だいたいの出産予定日も決まってるそうだ。
妊娠前の最終生理日が分かれば「仕込み」というか受胎の時期もあらかた逆算できる、と聞いたことあるが、それだけは計算すまいと心に決めている。
もう絶対、外じゃ酒は飲まない。


PAGE TOP