卵子が犯されているんだよ。妊娠確定だねwww


俺は呻き声を上げると、

ラストスパートとばかりに激しく腰を振った。

「ええっ? だ、だめぇ!中はダメぇ! そんなことされたら、妊娠しちゃう!」

友美は、壁に手を突いたままの姿勢で、

顔だけ後ろに向けて、悲鳴のような声をあげた。

「だめだめだめぇっ! 今日は危険日!!危ない日なんだよ!!

ゴムつけてないのに!! 本当に赤ちゃんできちゃうからぁ!!」

「俺には関係ないよ。いっそのこと、俺の子供孕んでみる?」

俺は子宮口まで深々と挿入すると、

そのまま友美の膣内に射精した。
どぴゅっ! どぴゅっ!

「抜いてっ!!抜いてよっ!! 出しちゃだめぇぇぇっ!!」

熱い感触が下腹部に広がっていくのを感じたのか、絶望的な悲鳴をあげる。

それでも俺は、あまりの気持ちよさに、カクカクと小刻みに腰を動かし続ける。

激しい射精は止まらない。胎内で飛沫が上がり、白濁液が子宮を満たしていく。

「・・・あ・・・あ・・・もう・・・もうだめ・・・
できちゃう、わたし妊娠しちゃうよぉ・・・、もうやだよぉ・・・」

震える声で、小さな嗚咽を漏らす友美。頬を大粒の涙が伝わり落ちていった。

「今、俺の子種で、友美の卵子が犯されているんだよ。妊娠確定だね」

「ううぅっ…酷い…赤ちゃん…できちゃったよぉ…」

あの後、友美はシャワーで膣内の精液を掻き出していた。

しかし、あれだけ洗浄したにも関わらず、生理が遅れていると言っていた。

若干19歳で妊娠。年若い娘を孕ませたのだと思うと、また興奮してくる。

今日にでも病院に行くらしい。仕事を続けたい友美は、きっと堕すだろう。

中絶費用は渡しておいた。でも、ピルの服用はさせない。

あの細い身体が、ボテ腹になるのも、そう遠くないだろう。


PAGE TOP