彼のを初めて受け入れた時から忘れられなかった感覚…


その日は彼と早朝に待ち合わせ、ホテルに行きました。

私はまだ1度しか経験がなく、相当緊張していた…

彼とソファーに座り、テレビを見ていた。

少し経ち彼が鞄から袋を取り出した。

中身は媚薬…。

私は興味があったため自ら飲んだ。

彼も一緒に飲んだ。

その後しばらく彼のPCでAVを見ていたら…

突然身体が熱くなる。

頭がボーっとして身体に力が入らない。。

「はぁ…はぁ…」

「M…すごいエロい顔してる…」

彼はそう言い、ビデオカメラで撮影を始めた。

私はソファーにぐったりしていたが、彼に

「いつもどんな風にオナニーしてるの?」

「週に何回?」

などの質問をされ…答えようとするだけで下が熱くなってしまう。

「オナニーして見せて…」

私の中に少しだけ残っている羞恥心が躊躇っていたが、彼に私の手を導かれ…。

私の指が動く。

すごい濡れてる…。

見られてると余計興奮してくる。

しばらくしてベッドに。

力の入らない身体はベッドに倒れ込む。

自分では服も脱げないから彼が丁寧に脱がせてくれた。

「あっ…」

キスだけでも反応する身体。

「M…舐めて?」

身体を起こすと、彼のお〇んちんが濡れてる…♪

とても嬉しくなり、彼のお〇んちんに舌を這わす。

薬が効いてるらしくてなかなか大きくならない。

申し訳ない気持ちになり、

口に含み一生懸命奉仕していたら少し大きくなった。

するとどんどん大きくなってくる。

彼のお〇んちんが私の口から抜かれた。

私は横になる。

「ひゃっ!!」

身体に電流が走った。

彼の指がヌルヌルになった私の中に…。

グチュ…グチュ…グチュ…

もう指では我慢出来なくなってきた。

「入れて…」

彼に小さな声で囁く。

そこで彼のS心に火を付けてしまった。

「何?聞こえない。」

下で動いていた指が止まる。

「きちんとどこに何を入れて欲しいのか言わないと指抜くぞ?」

普段の私なら絶対に言えない。

しかし今は媚薬のせいで大胆なコトが出来る。

「わ…私のおま〇こに…Tのお〇んちんを入れて下さい…」

私が言った途端、一気に入ってきた。

「んんッ!」

彼のを初めて受け入れた時から忘れられなかった感覚…。

「あっ!あっ!きもち…ッ」

奥を突かれて、もう頭が働かない…

すると、何かが出そうな感覚に襲われた。

私が我慢していると

「M…イキそうなの?」と彼。

私は分からずに懸命に我慢する。

すると彼に抱きかかえられて,繋がったまま彼の膝の上に。

グチュッグチュッグチュッ

「すご…っ!奥に…当たるぅッ!」

また何か出そうな感覚…。

これがイキそうな感覚なんだというコトは後から知ったが、

この時は知らずに我慢していた。

再びベッドに寝かせられて…今度は足を持ち上げられた。

「ぁぁッ!!!」

すごい気持ちいい…。

「イキそう…」

切ない声で彼が。

「んッ…いいよ…ぁッ」

「Mの中にザーメン出して下さいって言ってみろ」

「は…ぁッ!私の中に…ッTのザーメン出してェッ」

「どこに!?」

「私の…おッおま〇この中にッ」

「よし…出すぞ…ッ」

ドクッドクッ…ドクッ…

ぁ…Tが私の中でビクビクしてる…幸せ…♪

私達はそれからずっと中出しをしてます♪♪

それと…媚薬もたまに私からねだってしまう程ハマりました(笑)


PAGE TOP