生まれて初めて女穴からこぼれる自分の精液を見た…


あれは大阪万博の翌年、俺が大学三年の頃だった。

夜間の道路工事のアルバイトをしていた俺は、

雨で工事中止になったことを知らずに大学から直接現場に行った。

携帯電話はおろか、固定電話さえ一家に1台ではなかった時代、

連絡のつかないことは多々あった。

俺は現場で親方に聞いて初めて中止を知ったが、

親方は俺を飲みに誘ってくれた。

焼き鳥でホッピーを煽った後、

親方に連れられて路地裏のバー『四馬路』に入った。

そこは、細長い2階建ての建物の一階中央をくり抜いたような構造で、

そこが通路となって両側に店舗が並んでいた。

バーは、5人も座れば満員のカウンターの奥に

6人掛けのソファーがあるだけの小さな店で、

53歳の美弥子ママと30歳の美奈子さんが2人で切り盛りしていた。

工事中止になるほどの雨のせいか夜10時でも客はまばらで、

11時になったら美弥子ママが・・・。

ママ「今日は早仕舞いして、2階に上がろうかしらね。

親方、そちらのセイガクさんはどうするの?」

親方「ああ、一緒にお願いするよ。

おい、儀一っつあん(俺)、行くぞ」

そう言うと、親方はママに何かを手渡した。

カウンターの裏のトイレの脇のカーテンを開けると、階段があった。

2階は、1階の通路部分の半分まであるのでかなり広く、

隣室とは押入れで隔てられていた。

ママ達は、北側にある流しの瞬間湯沸かし器で股ぐらを洗っていた。

親方もそれに続き、俺も促されて洗った。

ママ「何隠しちゃってんだい。お見せよ。初めてってわけでもないんだろう?」

ママに手を払われて男根を露わにされた。

女は初めてではなかったが、複数の男女が下半身を晒す局面は初めてだった。

ママ「あらま、いい物持ってるじゃない。

美奈ちゃん、今日はセイガクさん私がいただくわね」

俺の男根を手で撫で始めて、あっという間に脈打つまでにさせられた。

ママ「ママのオマンチョも弄ってくれるぅ?」

ママの股ぐらには、真ん中で切った干し椎茸のような女陰が開いていた。

我が母親より年上のママの女陰を弄ると、糸を引くほど濡れていた。

ツンと尖って飛び出した女核を指先で弄ると、

ドロドロの液体を流して腰を揺らした。

隣では親方が、黒光りする男根を美奈子さんに舐められていた。

親方「ほーう、美弥子、なかなか上手くなったじゃないか」

美奈子「親方、私は美奈子よ。

美弥子はママ」

親方「ワリイ、ワリイ、名前が似てるんだよなあ。

どうだ、美弥子、セイガクのチンポは」

ママ「あ、あ~~~ん・・・親方より硬いわあ。

こんな硬いの久し振りだわ」

親方「何だ、もう入れてんのか。

おい儀一っつあん、ちゃんとサックしてるんだろうな?」

俺は、快楽だけを貪るセックスと言うものを初めてした。

この時付き合ってたお下げの女学生は高校2年生、純情で真面目な娘さんだった。

初めて肌を合わせる時も、かなり躊躇っていた。

この時代、結婚相手でもない男に抱かれることは貞操の無さを咎められた。

まして16歳の女学生では尚更だった。

『愛しているんだ。

君が欲しい』

そんな台詞を小娘に大真面目に吐いていた。

ミルクのような甘い香りを漂わす女学生の、

綺麗な桃色の舟形に開く女陰と比べて、

ママの女陰は色も形もグロテスクだった。

でも、蠢く女穴と悶える女体は妖しい色気を放っていた。

ママ「くうぅぅぅぅーーーーっ」

決して上品な喘ぎではないママに、早々に精を吸い取られた俺は、

スキンを処理しながら親方と美奈子さんの交わりを眺めていた。

筋肉隆々の親方は、美奈子さんを後ろから膝下に腕を入れて抱えて、

中腰で腰を振っていた。

親方「どうだ儀一っつあん、抜き差しが丸見えだろう」

美奈子さんの女穴を黒光りする男根が出入りしていた。

美奈子さんは感じすぎてヨレヨレだった。

パツンパツンと音を立てて親方が美奈子さんを突いていた。

親方「ふうんっ、うんっ、ううっ」

親方が射精した。

畳に下ろされた美奈子さんは、グッタリとしていた。

次に四馬路を訪れたのは3ヶ月後。

親方に連れられ、例のように雨の日だった。

この日は、美奈子さんと交わった。

年は近いが、女学生ほどの初々しさはなかった。

しかし、熟しすぎて腐る手前のママと違って、美奈子さんは瑞々しかった。

美奈子「あ、ああん、はあーん」

ママより可愛く上品な喘ぎの美奈子さんに、

この日も俺は早々に精を搾り取られて、今度は親方とママの交わりを見ていた。

正常位で交わる親方の男根には、スキンが被っていなかった。

生の男根がママの女穴を貫き・・・。

親方「ふううぅーーーーーっ、ふうぅぅ、う、う、うう」

親方はママの女穴に精を放った。

ヌポッと女穴から抜けた親方の男根の後から、ドロドロドロッと精液が零れ落ちた。

俺「親方、中に出したんですか?」

親方「え?おうよ。

どうせ今の美弥子にゃ子はできねえさ。

俺と美弥子は同級生の幼馴染でな、戦争が無けりゃあ祝言をあげてた仲だったんだよ。

今はお互い連れ合いを亡くしてよ、こうして現世では寄り添ってるわけよ。

どっちかがくたばった時にゃあよ、元の連れ合いの墓に葬って貰おうって寸法よ。

だからよ、生中出しは俺以外にはさせねえわけよ」

親方の違う一面を見た気がした。

年度末までかかって道路工事は一段落。

その間、更に二度、四馬路へ行った。

美弥子ママと美奈子さん、都合2回ずつさせてもらった。

バイトが終わり、親方とも四馬路ともお別れになった。

俺は4年生の1年間は普通の大学生、就職活動のため何度も帰省した。

俺は卒業を前にした雨の夜、四馬路を訪ねた。

雨の夜を選べば、親方がいるような気がしたからだ。

ママ「あら、セイガクさんじゃない。

どうしたの?」

俺「今日、親方は来てないんですか?」

ママ「美奈ちゃん、ちょっと一人でお店お願いね。

雨だからそんなに来やしないからさ。

セイガクさんおいで。

タダでいいからさ」

この日、美弥子ママと生で交わった。

女学生とも生ではした事がなかったし、この夜が俺の初生入れ初中出しだった。

この夜は、ママはとても切なく喘いだ。

何かを思い出すように、刹那なひと時を過ごしているようだった。

俺は、生まれて初めて女穴からこぼれる自分の精液を見た。

ママ「あたしゃしばらく休んでるから、アンタは早くお帰り」

そう促されて1階へ下りた。

客は誰もいなくて、美奈子さんが寂しそうに座っていた。

俺「あの、これ。

親方が来たら渡してください」

親方が好きだったタバコを1カートン手渡した。

美奈子さんは少し目を曇らせて・・・。

美奈子「親方ね、亡くなったのよ。

工事現場で土留の下敷きになったの。

今は亡くなった奥さんと同じお墓に眠ってる。

ママね、きっと親方を思い出してセイガクさんに抱かれてたのよ。

ね、もう、お里に帰るんでしょ。

後は気にしないで頑張ってね」

俺は、雨の中を歩いて親方のご冥福を祈った。

就職して5年、俺は東京に出張があった。

生憎の雨の夜、ふと思い立って『四馬路』を訪ねた。

結婚した事を報告に行こうと店の前に立った。

でも、そこには『四馬路』は無かった。

入居者募集の貼紙もかなり古く、何年も前に店が閉じられた事が感じられた。

今、平成の世。

世話になった頃の親方達の年齢をとうに超えて、俺には孫がいる。

俺も連れ合いを亡くし、同じく連れ合いを亡くした6歳年下の女と付き合っている。

親方のように、どちらかがくたばったら連れ合いの墓に入る約束をして、

再婚はしないで現世で性愛に耽る。

お互い、連れ合いを独りにさせたくないのだ。

それにしても、親方・・・、美弥子ママ・・・、美奈子さん・・・。

もう一度会いたかった・・・。


PAGE TOP