両肩をひきよせ子宮の中をめがけて放出www


地方出張はそれなりに楽しみがあったりするものではあるが、毎週同じところ、しかもホテルのフロントが厳しくデリも呼べない、、、となると退屈なものとなる。となると、、、現地調達。

先週、40歳の人妻を地域別の出会い系サイトで調達した。
メールで何回かやりとりをした後、お互いに既婚だからと、仕事後、車でピックアップしてもらい、部屋ごとにシャッターの閉まるガレージ付きのラブホに直行。結婚して15年経ち、小学生の子供がふたり、旦那は単身赴任とのこと。

世間話をしながら、このままどうでもいい時間を過ごすわけにはいかないので、お茶をグラスに入れ、それを渡しつつ手を取り、そのまま軽くキス。それでスイッチが入った。
二人でベッドになだれ込み、電気を消す。

服を着たままなのにお互いに股間を探りあう。
ジーパンの上から分かるくらい洪水のおまんこ。いやらしい。
一瞬冷静になり、それぞれ服を脱ぎ、再度絡み合った。当然ビショビショの洪水。にもかあわらず2本指を入れてきつい位のGOODおまんこ。

お互いシャワーも浴びずに体のすみからすみを舐めあい、しかも無言で、不思議な20分。
そして挿入。正常位でゆっくりと、濡れていても、きつい。彼女は久しぶりらしく、大きく深呼吸をしながら、全神経をま○こに集中しながら、俺のちんぽを味わいながら受け入れる。

「そういえば、ゴム着けてないよ。」
「えっ。」
一瞬我に返った人妻だが、腰を振ると喘ぎ声が部屋に響く。入れたまま、上下交代。

「いいの?動いていいの?恵美が動いていいの?」
と大興奮。(初めて名前を聞いた。)
「当たる、当たる~」
「何が当たってるんだ?」
「生のおちんちんが当たるの!」
と絶叫し、勝手にいってしまい、ぐたっとしてきた。あとは俺の番。

一度抜き、恵美に咥えさせる。うまくはないが一生懸命な感じ。
そのしゃぶりっぷりを見ようと、電気をつける。眩しいのと恥ずかしいのと、でもうっとりとした表情でこっちを見ながら、丁寧に咥えている。

そして再び挿入。正常位→騎乗位のあとは、体勢を変えてバックで。突くたびに、
「壊れる、壊れる」
と叫ぶ恵美さん。
「恵美、いくぞ」
(中出しの確認?)
「恵美を壊して~、壊して~」

(OK?)恵美の両肩をひきよせ、子宮の中をめがけて放出。恵美のまんこがヒクヒクしながら飲み込んでいる。

その後、シャワーをあびながら風呂場で1発、帰り仕度をしようと服を着た後に下だけおろしてもう1発と中に出した。

帰りの車の中で、ふと見るとジーパンに大きなシミができている。
俺の精子と恵美の愛液、どっちのほうが多いのかな?聞くとちょうど生理前とのこと。

それで来週も会いたいとのこと。
ちょい引きつつ、これから先の出張先の寒い夜を考え、約束を交わした。


PAGE TOP