以前から気になっていた不動産屋の人妻店員とのセックス体験

以前から気になってたスタイル抜群の人妻と昨日結ばれた。
会社近くの不動産(厳密に言えば隣の建家)
昨日、接待を受けた。
仕事の関係上、賃貸契約をたまにするのだが、その御礼にと、不動産の社長と人妻女性ともう1人女性。
会社からは俺1人参加。
  
人妻女性の容姿
身長168cm 背筋が真っ直ぐ伸び、昔モデルをしていたせいか、歩き方はほんとに綺麗
髪型ロング
乳は小ぶり

顔は綺麗系で上品さがある年齢は俺の3つ上の33歳
洋服はいつもワンピースに膝上のスカート。

1件目は料亭で食事
話も弾み2件目のスナックに行くことになった。
途中社長は仕事のクレームが入り退散。
3人で飲むことになり、話を下ネタへ持って行く。
ひかれるかと思いきや、女性陣もノリノリで答える。割りばしを用意し、王様ゲームが始まった。
割りばしに細工をし1番がわかるようにした。
女性陣は気づいていない。最初はエッチ系の質問だったが、徐々にエスカレート。
俺が王様の時は、必ず人妻の高橋さんが当たる。
質問も最初はほっぺたにチューや、フレンチキスだったが、エスカレートし、1分間キス(普通に口を合わせるだけだったが、途中から抱き寄せ、舌を入れ絡ませた。すると高橋さんも絡めてきた。)
股間を触るも高橋さんが当たり、ズボンの上から撫でさせ、途中から勃起しているのも高橋さんは気づいていた。
このままだと時間だけが経過すると思い、お開きにして帰ることにした。
このままでは終われない俺は、高橋さんの耳元で『もっと高橋さんのこと知りたい。このあと、2人で会おう』
すると高橋さんはコクりと頷いた。
一旦その場で別れ、その後高橋さんと合流。
近くで顔を見ると、高橋さんは目を閉じた。
抱きしめ、舌を絡ませキスをした。
もう、言葉はいらなかった。タクシーに乗りラブホへ向かった。
部屋を高橋さんに決めてもらい、303号室に向かう。
入ると、ベッド付近は全て鏡貼り。天井にも鏡。
お風呂もガラス貼りで室内から見える。
ベッドに座り、抱き寄せた。
高橋さんは耳元で『初めてなの。』
俺『何が?』
高橋さん『結婚して旦那以外の人に抱かれるの。スナックでキスして、舌を絡められた時、すごく体が熱くなったの。中西さん(俺)に抱かれてもいいかもって』
俺はキスをしながら、ワンピースのボタンを外し脱がした。
スカートのホックも外し脱がせ、パンストも脱がし、下着姿にさせた。
上下ピンクの下着。
パンティは前は透けて、陰毛がわかる。形はTバック鏡に写る姿が、これまたエロい。
高橋さんは俺の服を脱がしてくれる。
パンツのみになり、ベッドに横たわった。
俺『高橋さんほんとに抱いていいの?』
高橋さん『うん。中西さんに抱かれたい。今は、中西さんの女だから、綾子って呼んで。その方が私感じやすいの』
俺『だったら、俺のこともマサヤと呼んで』
綾子『マサヤに抱いてほしいの』
綾子の下着をとり、裸にする。
乳はあまり大きくないが、Cカップで乳首は綺麗。
乳を愛撫しながら、マンコを触ると、かなりびしょ濡れ
耳元で
俺『綾子すごく濡れてるよ』
綾子『だって舐められるとすごく感じちゃう』
俺『どこ舐めてほしいの』綾子『クリトリス舐めながら指で弄って』
清楚な綾子が卑猥な言葉を連発するので、チンコは勃起状態だが、クンニしながら手マンすると、綾子のマンコはずぶ濡れ。
綾子『オマンコ気持ちいい。アーンアーン、マサヤマサヤ、イクッイクッイクッ』痙攣しながら、綾子は逝った。
普段では考えられない、淫乱状態になってる
綾子『マサヤのチンチン舐めさせて』
パンツを脱ぎ、勃起しているチンコを綾子に見せつける。
綾子『マサヤのチンチンすごく大きくて太い』
俺『誰と比べて』
綾子『旦那よりマサヤのチンチン。マサヤのデカチン舐めたい』
音を出しながら舐める。
かなり上手い。
綾子『もう射れてもいい?マサヤのほしいの。』
すると綾子は騎乗位で挿入してきた。
俺『生だけどいいの?』
綾子『大丈夫。ピル飲んでるから、中に出しても』
綾子のマンコはすごくシマリがきつい。
綾子はグラインドしながら自ら乳首を弄って喘ぐ。
体位を変え、座位で突きまくり、綾子にチンコが入っているところを見せる。
綾子『マサヤのチンチンすごくいい。また逝っちゃうよ』
俺も射精感が込み上げ、正常位で激しくピストン。
綾子は喘ぎ、同時に逝き、俺は中にたっぷり中に出した。
チンコを抜くと、膣内から大量の精液が流れ出てきた。
腕枕しイチャイチャしながら
俺『綾子気持ち良かった?』
綾子『すごく気持ち良かったよ。だってマサヤのチンチン旦那より大きいし奥まであたるし、旦那は仮性包茎ですぐ逝く早漏だけど、マサヤは何度も逝かしてくれたしね』
俺『綾子がこんなエッチとは思わなかったよ』
綾子『だってマサヤのチンチンが気持ちいいから。ねぇマサヤ。お風呂入ってもう一度抱いて。』
一緒にお風呂に入ると綾子は体を洗ってくれ、再び勃起したチンコにしゃぶりついてきた。
一旦やめさせ、綾子の片足を浴槽に上げ、手マンしながら、卑猥な言葉を言う。『綾子のマンコすごく濡れて、ビチョビチョになってきたよ。もっと旦那より気持ちよくして、満足させてやるよ。』
すると綾子は『アーンアーンダメダメイクッイクッイクッ』と叫びながら、大量の潮吹きしながら、体を痙攣して逝き果てた。
風呂から出て、洗面台の前で立ちバックで挿入。
鏡に抱いてる姿が写る。綾子の顔は女の顔をして喘ぐ。
言葉責めしながら、ピストンすると、綾子はまたもや絶頂を迎えた。

ベッドに行き、再度激しく愛し合った。
最後はもちろん中に出した。
綾子『これからもマサヤに抱かれたい』
俺『どういうこと?』
綾子『マサヤとの関係続けたい』
俺『旦那は?』
綾子『旦那は気持ちよくないし、マサヤに抱かれたいの。私の体好きにしていいから』

今日、夕方綾子は家に来る。





PAGE TOP