ソファーに座ったままペニスを出し咥えるように言って・・


私は社員60名ほどの中小企業の中間管理職をやっております。
私の下には十数名の部下がいます。
二年ほど前に業務の繁忙に伴い、怜子(仮名)が私の下に配属されてきました。
その時ちょうど40歳で制服の上から見ても中々の巨乳であることはわかりました。
顔立ちもはっきりして、30半ばぐらいだと思っていました。
ある時、部屋に入るとちょっとした荷物を床から持ち上げている怜子の姿が目に飛び込んできました。
ちょっとタイトな制服のスカートがお尻の張りでパンパンになり、ショーツのラインくっきりと浮き出ていたのはレースの縁取りのあるTバックでした。

迂闊にも見とれてしまった私に、他の部下が「どうしたんですか?」などと声をかけて来たので「荷物ぐらいお前が持て」などとその場を誤魔化しましたが、頭の中は妄想で一杯になっていました。

怜子を自分のものにしたくて我慢できなくなるのに、さほど時間を必要としませんでした。
とにかく個人的な情報を得るため、仕事の合間に話しかけることを多くしてみました。

セクハラがうるさくなって来ていたので言葉を選びながら、プライベートを聞き出すのに少々手間を食いましたが、色々なことが判り始めました。
二十歳で結婚し子供が一人いて手がかからなくなってきたこと。
旦那はかなり年上だとのこと。

一度プライベートな話を聞き出せばかなりのエロ話もしやすくなり、夜の生活なんかも意外と簡単に話すぐらいになりました。
旦那が今だ現役で求めてくること。

仕事が不規則な勤務らしく昼でも求めてくること。
その割りに正上位と騎乗位しか知らないこと。
旦那しか知らないこと。
最近は旦那としてもいく振りをしていること。
等‥付け入る隙はその辺にあるかと、それとなく私が怜子に関心を持っていることを伝えたり、冗談を言いながら手を握ったりと少しずつ距離を近づけていきました。

それから1ヶ月ほど過ぎたころ、二人っきりになるチャンスが訪れました。
本社から少し離れたところに昔の事務所が残っていました。
今は倉庫がわりになっていたのを取り壊す事になり、必要物品を分けることになり、比較的手の空いていた怜子がその業務をやることになったのです。

あまり人気のないところに女子社員一人を送るのもと言うことで私が付き合うことにしました。
正直、残しておく必要がありそうなものは差ほど無く2~3時間で終わってしまいました。

備品庫の方はデスクや椅子、初期のPCなどで埋もれていましたがその中に古いソファーが残っていました。
一息入れようとソファーのカバーを剥がすと、意外と綺麗で軽く拭けば十分使えます。

怜子を呼び、買ってきたペットボトルでお茶をしながら少しずつ距離をつめていきます。
最初は仕事の話を徐々に口説き文句を交え、怜子の右手を握り、私の方へ引っ張ります。
私の胸の中で軽い抵抗をしましたが、やや強引に唇を奪い舌を差し込むと怜子も答えてきます。

しばらく、キスを楽しみ左手を怜子の胸にあてがいます。
思っていた通り豊かなふくらみは十分な弾力を持っていました。


制服のボタンに手をかけると「それ以上は・・・」そんなことに耳を傾けることなど無く脱がして行きます。
同時に私の肉棒を出し怜子に握らせ反応を見ました。
最初は目をそらせていた怜子でしたが、握っているうちに力がこもって来ました。

制服を脱がすと濃い目のピンクのブラが目に眩しく、スカートの裾から手を入れショーツの敏感なところを指で弄りました。
しばらく嬲っているとかなり熱くなってキスを求めてきます。

ブラをはずしスカートを脱がしストッキングとショーツだけで私の前に立つように言い、豊かな胸、くびれた腰、張りのあるお尻、をゆっくり鑑賞させてもらいました。

下着の趣味は自分の好みらしく、なかなか趣味がいいと思います。
ストッキングを脱がし、ブラと同じデザインのTバックを履いたまま足を開かせお尻を突き出させ割れ目を指でなぞります。

「こんな格好したこと無いから」と顔を火照らせながら、私の指に割れ目をこすりつけようとしてきます。
ショーツの脇から人差し指を一本差込み中を少しずつ掻き回します。
切なげな声が怜子の口から漏れてきました。

私はソファーに座ったままペニスを出し、怜子に咥えるように言いました。
旦那のもあまりしゃぶった事の無い女ですから、上手いわけも無く、咥えるのがやっとで、歯を立てなかっただけでもマシかとも思いましたが、舌使いぐらいは教えようとあれやこれや注文を出しフェラ調教をしてみました。

いよいよ夢にまでみたおまんこへの挿入です。
ショーツを脱がし先ほどと同じ格好をさせ、生で挿入することを耳元で囁きます。
怜子は妊娠を極度に恐れていたのは事前の話で知っていましたが、「初めてのときは生だ」と言い、そのままカリ首まで一気に差込みました。

そのままゆっくり竿の根元まで入れ、また引き戻し、カリ首が抜ける間際で又挿入しました。
旦那とのセックスは意外と忙しなく淡白で行けば終わりのようなので、少し遊びを加えながら怜子の中を楽しみました。

立ちバックも初めてなら、旦那以外の男を受け入れるのも初めてで、1時間ほどの間に幾つかの体位を入れ替えて楽しみました。
怜子は何度も行ったようです。
私のフィニッシュは怜子を四つんばいにしてのバックで中出しにしました。

最初は中に出されたのも判らないくらいに果てていた怜子もようやく正気に戻って時にはやや怒っていましたが、「後、何日かで生理だろ」と言うと、何で知っているのか目を丸くしていました。

その日のうちにもう2回戦し、「私の性処理担当は怜子がすることと、旦那とのセックスは極力避けること、したときは逐一報告すること。」この三つを誓わせることが出来ました。

後日、怜子をホテルで犯したあと何で私に抱かれたのか聞いたら、旦那以外の男を知りたかったのと、仕事にかこつけてセクハラしてくる私の股間が目についてしょうがなかったと言っていました。

今日は部署の忘年会で今この部屋に残っているのは私と怜子だけでになりました。
私の指示で今更衣室でノーパンになるように言いつけました。
忘年会の前に怜子にミルクをご馳走してから宴席に行くことにしようと思ってます。


PAGE TOP