舌を奥さんの口の中にぶち込んだような状態にして奥さんがイクまで腰を振ったwww


昔訪問販売をしてたんだけど、

昼間声掛けっていう、夜に商談するためのアポを取る作業をしてた。

その時凄く美人の若妻さんが出てきた家があった。

仲間由紀恵に似てたって思う。

長い黒髪が印象的だった。

旦那と夜に話が出来るって事でアポ取って夜に行ったんだけど、

旦那は急遽飲み会で不在に。

俺も他にアポ取れず、行くとこないんで奥さんに話をした。

そしたら奥さんが俺を気に入っちゃったみたいで、

数日後の昼間にまた話を聞きたいって言われてた。

もちろん向こうがどういうつもりかは俺も分かってOKして、

約束の日にまた奥さんの所にお邪魔した。

奥さんはまるで恋人を迎え入れるように俺を迎え入れて、

応接室に通されたんだけど、お互い我慢できず応接室で立ったままキス。

俺はもう興奮してて奥さんの胸を揉みしだいてたら、

奥さんも俺の股間をサワサワ。
完全に勃起してスーツ越しに形分かるくらいに反ったモノを撫でながら、

奥さんが「舐めてあげようか?」

と言ってきたのでお願いした。

奥さんは仲間由紀恵に似てたって思うくらいなんで、

当然清楚な雰囲気があったんだけど、

普通にしゃぶるのも上手かったし、

舌で裏筋を舐め上げたり玉舐めしながら

しごくなんていうテクニックを持ってた。

「奥さん上手いね」

と言うと、

「○○さんの大きくて美味しいから」

と何ともエロい事を言ってくれた。

正直イケそうなくらい上手かったけど、

俺も年なんで連射はキツいからイク前に止めさせた。

応接室にはソファがあったが、

狭いので立ったまましようと思って、

俺は奥さんを立ちバックの格好で壁に手をつかせた。

奥さんは細いように見えて尻の肉付きがなかなか良く、

何度も撫で回し、その後スカートを捲り上げて下着を脱がした。

オマンコを軽く指で触ると物凄く濡れていて、

そのまま挿入できそうだった。

でも、俺は手マンが好きなので

指を1本入れて探るように奥さんのオマンコの中に入れた。

膣内はとても狭く、指2本がギリギリかなという感じ。

奥さんの反応を見てると、一番感じてるのは指を少し中に入れ、

尿道側に折り曲げたところ、

つまりGスポットのあたりかな?と思ってそこを触る。

すると奥さんは

「あ、そこ凄い気持ち良い!」

と言いながら形の良い尻をぷるんぷるんさせていた。

そのうち奥さんが

「指2本入れてる?」

と聞いてきたので

「1本だよ?何で?」

と聞くと、

「2本欲しいな」

と言われた。

言われるがままに2本差し込むと、もうギチギチな感じだった。

そんなに激しく動かす事も出来ないくらい、

でも少し擦れるだけで気持ち良いのか

「あん!あん!」

と細い声を上げて物凄く感じてた。

奥さんの膣内はさらにドロドロの愛液が垂れ流しになって、

太もも位まで垂れてた。

それでアソコも大分ほぐれてきて、

指も大分スムーズに動かせるようになり、

俺はかなり激しくGスポットを刺激した。

奥さんの下半身は俺の指が

そこを刺激するリズムでビクンビクンと動いてた。

喘ぎ声というより

「あうっ!はうっ!」

みたいな快感に必死で耐えてるような声を上げてた。

そのうち、

「あ、ダメイッちゃう」

と言いながら俺の手を制しようとしてきたから、それを逆に押さえて

「イクとこ見ててやるから気持ちよくなっていいよ」

と言いつつ全力で手マンしたら

「ダメダメダメ!イク!」

って言った瞬間体がビクッ!と軽く痙攣し、その場に崩れ落ちた。

崩れ落ちた奥さんを介抱しながら

「凄い感じるんだね」

と声を掛けたら、

「○○さんが上手すぎるんだよ~真面目そうなのに遊んでるでしょ」

と言われた。

俺は訪販の仕事を始めてから女なんか作る余裕もなく、

たまに風俗行く程度だったんで、

風俗遊びが役に立ったかとか思ったけど、

さすがにそれは言わなかった。

「もう入れたくなったよ」

と言ったら

「せっかくだからベットでゆっくりしよ?」

と言われてベッドへ。

「ベッドだと旦那さんにバレそうじゃない?」

と聞いたら

「どうせ旦那は向こうの部屋で寝てるから大丈夫」

と言われて、セックスレス夫婦なんかな?と思った。

お互いの服を脱がせっこしてベッドに入り、

少しイチャイチャしてたら奥さんが

「ね?もうしようよ」

とせがんできたので、開脚させて

正常位の体勢でチンコをオマンコの割れ目にあてがった。

さっきイカせた後に1回タオルで拭いたんだけど、

新しい愛液が割れ目から少し垂れるくらいになって、非常にエロい。

亀頭の先を押し当てると”ぬちゃ”っという音が聞こえた気がした。

俺はやる事を見越してたんでゴムを財布に入れてきた。

理由は着けないとやらないって言われた時の為。

ここまで来てトラブル避けるためにはやっぱり生はヤバいか?と考えてしまい、

入れないで割れ目にチンコを擦り付けてた。

そしたら目を閉じて挿入を待ってる奥さんが

「早く入れて?」

とさらにせがんできたので、もう勢いで生で挿入した。

風俗でも本番はしてたけど、

病気怖いから絶対ゴムを着けてたので、

かなり久々の生挿入。

そのせいなのか、あるいは奥さんの締まりが良いのか、

物凄く濡れてるのにすんなりと入ってくれなかった。

腰に力を入れて亀頭を進めると、ズブズブッと入っていく感じ。

奥さんは俺の亀頭が入ってく度に

「あぁっ・・・」

と切なそうに眉間に皺を寄せている。

俺の方も、奥さんの膣内を割り広げて行く感覚がどうしようもなく気持ちよかった。

全部入る直前に何か壁のようなものに当たった。

何だか分からなかったけど、チンコを全部入れたいので押し込むようすると

「ああんっ!」

と凄い反応しながら奥さんが仰け反った。

俺は奥さんの頭を撫でながら

「締まりよくて入れただけで気持ちいいよ」

と言った。

奥さんは、

「○○さん大きすぎてヤバいとこに当たっちゃってる」

と身悶えしながら言ってきた。

さっきの壁のような部分の事なんだろうなと思って、

俺はそのままの状態で亀頭の先を押し付けるようにしてグリグリと腰を動かした。

奥さんは

「それ凄い気持ちいいよぉ」

と言ってかなり感じてた。

両手はしっかりとシーツを掴み、

下半身は俺の腰の動きに合わせてグリグリと動いていた。

俺はセックスのかなりの部分が

精神的な部分で気持ちよくなるタイプの人間なんで、

仲間由紀恵似の綺麗な奥さんに生挿入して乱れさせてるって事が

とても気持ちよく、征服感が最高に高まった。

まだピストンもしてないのに

奥さんはもう気持ちよすぎてぐったりって感じだった。

俺が「気持ちよかった?」

と聞くと

「○○さんいじわる・・・」

と弱々しく言った。

「動いていい?」

と聞くと

「うん」

と言ったので、俺は抜き差しを開始した。

抜こうとすると何か引っかかりのような感覚があったんだけど、

構わず抜くと、本当にゾリゾリっと

まるで音が聞こえそうなくらいの引っかかり具合。

カリの部分が奥さんの膣と擦れた感覚があり、

あまりの快感に背筋がゾクゾクッとした。

奥さんは抜かれる時に、喘ぎ声というより切なそうな声を出した。

先っぽだけ膣内にあるような状態で

「あんまり締められたら動きにくいよw」

と俺は言った。

そしたら

「ずっと入れてて欲しいもん、早く奥までちょうだい?」

とまた懇願。

思わず腰を進めると、また奥の壁のような部分に当たる。

そうすると奥さんが

「ああっ!」

と泣く様に喘いだ。

しばらくは抜く時のカリへの刺激で

それほど早く腰を動かせなかったけど、

だんだん慣れてくる。

そうすると、今度は奥さんが感じる奥の部分を

亀頭の先でこれでもかというくらい潰すようにピストン運動で攻める。

すると俺のペニスはいつの間にか白濁したものが絡み付いてて、

恐らく本気汁ってやつなんだと思った。

奥さんは間もなくして

「イ、イキそう・・・」

と呟いたので、俺はさらに激しく腰を振った。

すると

「もうダメ!イク!」

と言ったと思ったら、本当にハッキリ分かるくらい

膣内がキュっと締まって背中が軽く反ったと思ったら脱力した。

俺は奥さんのイキ顔を眺めた後、

まだイってなかったのでちょっと腰を動かした。

するとさっきまでの締まりが嘘のように緩んでいた。

しかも、イッた直後に大量の愛液が溢れて、

彼女の膣内どころか下のシーツまで

染みがつくほど垂れているせいもあって

全く摩擦を感じない、ただの穴みたいになってた。

奥をこつんと突いてやると

「・・・んっ」

とぐったりしてる奥さんが少し反応する。

さらに何度か突いてやると体がピクンピクン動いて

「今敏感だからダメだよぉ」

と奥さんが言った。

気持ちいいというより本当に反応してしまうって感じでだったけど、

俺はその時無性に責めたくなって、

そのままもう一度ピストンを開始した。

奥さんは

「あ、今本当に無理なの…」

と俺を止めようとしたが、逆に俺が奥さんに覆い被さり、

奥さんの動きを封じて腰だけをガンガン振った。

奥さんは最初抵抗しようとしたが、

無理だと諦めて俺の体にしっかりとしがみついて俺のピストンを耐えてた。

俺は俺にしっかり抱きついて来る奥さんが可愛くて夢中で腰を振った。

そしたら奥さんが

「あ、またイッちゃうかも・・・」

と抱き締めてる耳元で喘ぎながら囁いた。

俺は今度は奥さんにキスした・・・

というかもう舌を奥さんの口の中にぶち込んだような状態にして、

奥さんがイクまで腰を振った。

奥さんは当然のように俺の舌にむしゃぶりついてくれて、

まるで俺の舌をフェラするかのように夢中でしゃぶってた。

そのままの状態で奥さんは言葉も発せず

「んーっ!んーっ!」

と呻きながらイッた。

俺は舌を抜き取ると、余韻に浸る奥さんの顔を見て

「気持ちよかった?」

と聞いた。

そしたら

「気持ちよすぎて壊れちゃうかと思った」

って言われて、そういう奥さんが可愛くて

俺は奥さんに今度は優しくキスをしてやった。

何だかんだで長く腰振ってた事もあってお互い疲れてしまい、

休憩もかねてベッドの上で少し話をした。

その中で俺が

「久々にこんな激しくしたから結構疲れた」

と言ったら、奥さんは

「じゃあ次は私が上になる?」

と聞いてきた。

「お願いしようかな」

と言うと、奥さんは可愛らしくニッコリ笑って俺に跨る。

しかし話をしてるうちに俺のちんこは小さくなってしまっていた。

奥さんは

「元気なくなっちゃったねぇ」

と言いながら俺にキスをしてきた。

柔らかな唇を俺の唇にピトッと押し付けると舌を入れてくる。

俺は奥さんの舌の動きに任せていたけど、

奥さんのDKはとても優しいというか、

DKに初々しいとかって表現があるのか分からんが、

例えるならそんなキスだった。

そうしながら奥さんは俺のチンコを優しく触り、

キスだけで半立ちしたそれをしごき始める。

動きとしてはしごく動作なんだけど、

しごくというより撫でるような優しい動きだった。

だが、その可愛さが逆に俺を欲情させたのか、

あっという間にまた勃起した。

奥さんは固くなったのを確認すると、

またニッコリ笑って、再び俺の上に跨る格好になり

チンコをオマンコに押し当てた。

奥さんのオマンコはさっきのが乾いていないのか、

もしくは俺とキスしてまだ興奮したのか、

亀頭が当たるとヌルっとしてるのが分かるくらい濡れており、

奥さんはゆっくりと俺のチンコを咥え込んでいった。

腰を完全に落とすと、さっき突きまくった膣の奥の壁の部分に

ちょうど当たるような感じになり、奥さんは当たった瞬間

「んっ」

と声を漏らして眉間に皺を寄せて悩ましい顔をした。

最初は何もせずに奥さんの腰振りに任せていたんだが、

俺が元々騎乗位はそんなに気持ち良いって感じる方じゃないのでイマイチだった。

意地悪のつもりで腰の部分を少し突き上げるようにすると、

それまで目を瞑って夢中で腰振ってた奥さんが

「ああっ!」

と声を上げて反応した。

膣の奥の部分で亀頭の先がちょっと押されてるような感じで、

そこからじわっと気持ちよさが伝わる。

俺はそのままにしてると、奥さんはその部分を自分から

グリグリ押し付けるように腰を使い始めた。

さっきまではどっちかと言うと心地良さそうに

腰を振っていたのだけど、奥の部分が強く刺激されてるのか、

「あっ・・・んっ・・・」

とさっきより切なそうな声と表情をしていて、それが凄くそそられた。

いつの間にか奥さんは、右手で自分の胸を揉んだりしていて、

見た目的に凄く乱れてる感じ。

そしたらさっきまで我慢してた射精欲が自分の中でググッと持ち上がってきて、

このままだとイッてしまいそうな感覚がしてきた。

俺の好きな体位はバックか正常位なんで、

騎乗位でイッてしまうのはもったいなくて、

奥さんの頬に手を当ててこっちに気がつかせてから

「バックでしたくなった」

と言った。

すると、奥さんはとろんとした目をこちらに向けて

「うん」

と言うと、のそのそと俺から降りて、

俺に尻をむけ四つん這いの格好をした。

奥さんは色白で身体は細いんだけど、

尻だけは妙に大きいというかプリッと突き出てる感じだったので、

その格好はもの凄く扇情的だった。

俺はすぐ奥さんの細い腰を掴むと、

亀頭を膣の入り口に突き当て挿入した。

体勢のせいなのか、騎乗位の時よりも

さっきの正常位の時よりも膣の中は狭く感じた。

奥さんは

「凄い奥に当たってる・・・」

とこぼした。

どうやら奥さんの感覚的にも一番繋がってる感じが強いらしい。

奥さんの尻を撫で回したりしながらゆっくり腰を振ると、

奥さんは俺のちんこが奥に入る度に大きく喘いでいる。

本来はもう少し楽しみたいとこなんだけど、

もう俺の射精欲も限界に来ていた。

俺は奥さんに

「イキそうだからちょっと激しくするよ」

と言うと、奥さんは

「いっぱい気持ちよくなっていいよ」

と言ってくれた。

そこからはもう俺は夢中で奥さんを突いた。

奥さんは腰が細く尻が大きいのでくびれの部分にもの凄く手がフィットした。

腰を前に出しながら手で奥さんの腰をこっちに引きつけるようにすると、

当然ただ腰を振るよりも何倍も激しく奥さんの奥に俺のチンコが突き刺さる。

奥さんは

「ひぃ!あぅ!」

というような、文字にすると何とも情けない感じの声を上げていて、

俺の加虐心を刺激した。

手はシーツを強く掴んで、

もはや尻だけを俺に突き出して上半身はベットに倒れこむような形になってた。

それでも俺が激しく突く度に、

頭のてっぺんまでまるで電流が走ったようにピクピクと反応していた。

そのうち奥さんは

「もうダメ、お願いちょっとまって・・・」

と言いながら、俺の方に片方の手をかざして

ストップというようなジェスチャーをした。

俺はもう射精直前なのでそれを無視して、腰をがっちり抑えて猛ピストン。

さすがに中に出してはマズいだろうが、

せっかくイイ女のオマンコで気持ちよくなってるのに

抜いた後に手でシコシコするのはもったいない。

だから俺は本当にイク直前ギリギリまで我慢してから引き抜いた。

俺は普段バックで外出しする場合はアナルを狙うんで、

その時も奥さんのアナルを狙って射精するつもりだった。

が、その時は我慢しすぎたせいか、抜いた瞬間ちんこが上に跳ね上がってそこから精液が飛び、奥さんの長い黒髪に少しついたんじゃないかと思うくらい飛んだ。

ほとんどは背中から腰にかけてにかかり、申し訳程度に尻にもかかった。

俺はそうした時にいつもやるように奥さんの尻に最後の一滴まで精液を擦りつけた。

その後、これもいつもやるように

「気持ちよかったよ」

と言いながら奥さんにかかった精液を拭き取ってあげたんだけど、

奥さんはぐったりして荒い呼吸をしてる以外の反応がしばらくなかった。

落ち着いてから話を聞いたら、

奥さんは俺が夢中でピストンしてる最中にイッてたらしい。

あまりに激しくてイッた事も言えないままで、

敏感状態の中激しく突かれてしんどかったけど、

俺がイキそうだと言ってたからせめてそれまで我慢しようとしてくれてたらしい。

でも、俺がなかなかイッてくれないので

もうダメだと思って止めようとしても、

俺が無視したので変になりそうだったと言われた。

俺が

「ごめんね」

と謝ったら

「気持ちよかった?」

と聞いてきたきたので

「最高だった」

と言ったら、ぐったりとしてる中でも満足げに

「なら私も嬉しいし、それに気持ちよかったよ」

と言ってくれた。

1回のセックスでこんなにイカされたのは初めてだと俺の事も褒めてくれた。

それからは簡単に言うと不倫の関係になって

何度も関係を持ったんだけど、

俺は訪販の仕事が結局そんなに長持ちせず辞めてしまった。

それでも同じ頃に入社した奴よりは長く勤めたが、

それは奥さんとの関係があったからだと思う。

そして地元に帰ったので会う事は無くなった。

奥さんはもう旦那との間に子供も出来たんだけど、

俺とはメル友として今もちょっとした繋がりはある。


PAGE TOP