うちに極太バイブあるからもってこようか?w


俺が結婚してアパートを借りたとき。

妻はまだ引っ越してこなかったので一人暮らしみたいになった。

そこのアパートはみんな新婚の4家族が住めるようになっていた。

大体30弱で年齢が近かった。

俺は夜に仕事なので昼間家にいることが多く、

奥様方と仲良くなっていた。

ある日、

家の前を掃除してくれている隣のH美ちゃん。

一つ年下で深田恭子みたいな感じで可愛い。

しかもちょっとラフなので、

胸元とかが開いた服でホウキで前かがみに掃いている。

Dカップはあるだろう。

俺は気づかぬふりをしながら話をしていた。

すると、

「さっきから視線をかんじるんだけどw」

って笑顔で言われた。
俺はとぼけようとしたけど開き直って、

「だってそんなにセクシーなら目にはいっちゃうよ」

って言った。

「奥さんとどっちが大きい?」

って聞いてきた。

「触ってみないとわかんないよーw」

というと手を引っ張られて

「じゃあちょっと来てー」

って家に呼ばれた。

玄関で

「ねえ、私新婚だけどさあ、付き合い長いからHしてないんだよねー」

だって。

俺は

「へー、じゃあ相手しようか?」

って笑いながら言った。

すると

「ほんとー、お願いしちゃおうかな」

ってベットのある部屋に呼ばれた。

H美は明るい性格で積極的だった。

「ねえ、脱がしてあげるよー」

「まじー」

俺はズボンを下ろされてチンポが出たときにはもうびんびんだった。

「おっきいねー」

そうH美が言うとぱくってシャブラレタ

「うわっ」

きもちいいー、すごいネチョッとして音を立てるふぇらだ。

「ジュポジュポ」

すごい激しい。

「H美ー、すごい気持ちいいよー」

俺はそういいながらH美のおっぱいを服の上から触るとノーブラだった。

「うわ、すっげーやわらかい」

「ん、あーん」

H美はしゃぶりながら感じ始めた。

乳首がびんびんだ。

「やらしい女だなー」

「だってー、したかったんだもん」

「なあ、うちに極太バイブあるからもってこようか?」

「うん、面白そう。」

俺は裸のまま玄関をでて隣の自分の家に速攻入って、

バイブを手にした。

H美の所に戻ると

「うわー、でかい!」

H美が驚いてる。

長さ25Cmだよ、俺の倍はあるね。

激しくしてやるよ。

「あーん、すっごいぬれてる」

H美は興奮を止められない。

俺はH美を四つんばいにさせて後ろからバイブをいれた

「あっ あっ んー はあはあ」

「どうだ、すごいだろー 、奥に当たるぜー」

「いいー いっちゃうよー」

「まだだめだよ」

俺はバイブを抜いて自分のを入れた

「あー んー 気持ちいい ビクんビクンしてるー」

「おらおら、いけ いっていいぞー」

「あーん い、いく」

H美のま○こから潮が吹き出た

「俺もいくぞー んっ」

俺はチンポをぬいてH美の顔面にかけた。

H美はビクンビクン痙攣してる。

「ほら、バイブ加えろよ」

俺はH美の口にバイブを突っ込み、

携帯で写真をとった。

今は、俺のしたいときだけ呼ぶ、SEXロボットだ。

ブログランキングに参戦中!この3つポチッとお願いします^^




官能小説ランキング


アダルトブログランキング

PAGE TOP