セックスのレッスンを受けたりしながら関係が続いていますw


学生時代付き合ってたK子は同じクラスで、

高校2年から3年まで付き合っていました。

髪は長く、細身で目がおっきく、

ひいき目に見ても凄く可愛くて、

俺にはもったいない位でした。

エッチもお互い初めてでしたが、達成しました。

K子の家に行くと、

同じ背丈・同じ髪形の美人な母親のM美さんが居ました。

当時38歳で、まわりよりかなり若いお母様。

自分の親も早い方でしたが、

M美さんは19歳の時にK子を産んだとか。

見た目も若いが、言葉もK子と変わらない感じのフレンドリーな母親でした。

「ヘェ~結構格好いいじゃん!K子別れたら私が付き合うからね~」と話す面白い人。

一緒に三国無双をしたりするらしく、

M美さんが「○○君超うまい!」とゲームで仲良しに。

それからもお邪魔してはゲームで一緒に遊んでましたね。
学生卒業になり、K子は遠方に進学になり、別れました。

自分は、地元の隣町の大学に入りました。

そして、ある時にM美さんに声を掛けられた。

「お久し振り!彼女出来た~?」と話すM美さんが、

「ねぇ、暇なら三国無双新しいの買ったんだけどさ、一人ですんのつまらないから家に来ない~」だと。

さすがにそれは気が引けたが、M美さんが

「誰も居ないしさ!乗りなよ。」と車に乗せられ家に。

気が引けるままに上がり、M美さんとゲームをした。

着替えたM美さんは胸元ユルユルで屈むと谷間が・・・

俺はチラチラと覗いてしまいました。

気が付くと19時になってました。

遅くなったので送って貰う時にメルアドと番号を聞かれ教えました。

時折、ゲームの話などでやり取りしたり、

1人暮らしがしたくて住んでた俺のアパートを教えて

1回ゲームをしに来ていました。

ちょうど今くらいの時節、夜21時過ぎに携帯に電話が来た。

「ねぇ~なにしてんの~」と何か酔ってる感じの喋り方で、

「今からさぁ~忘年会つまんねぇから行くから!」と滅茶苦茶な電話が。

ちょうどアダルトを見てたのに・・・・・・断ると

「遅いんだけど~もう部屋の前だし」と言われ、

慌ててレコーダーとテレビを消した直後に来ました。

ちょっとフラフラしてて、支えながら部屋に入れ、座らせました。

「部長にお尻触られて気分悪い!」と言われ、

「どうせ触られんなら若い男に触らせるし」と。

苦笑いだが「○○君ならオッケ~!」とお尻を可愛く突き出す。

確かに細い身体の割におっきめで、触り心地良さそうな・・・。

「触っていいよ・・・」と言われ、ちょっと触ってみたら、柔らかな感触。

「どうよ~」と言われ、

「柔らかいですよ」と話したら

「○○君のも触らして」と言われ向けたら、

「どれ」と触って

「すごいっ!硬いなぁ~」と触ってきた。

しかし、「こっちも硬いんじゃない~」と股間まで。

慌てて避けたら

「最近使ってんの~」と言われ

「ご無沙汰してます」と話したら

「あいつ(K子)と別れてから~」と言われ黙ってたら、

「ヤった話も聞いてるから」

と。

「隠さなくていいよ」と。

「硬くて痛かったらしいじゃん~」と近くに来て触って来たM美さん。

「見せてよ」と言われ嫌がったが、撫で回されたら正直な息子。

触り方が上手いし膨らむと、チャックを開けて・・・

「ウワッ!超硬いんじゃん」とズボンを下げられトランクスも下げられあらわに。

「デカくない~」と言われ

「いいの持ってるじゃん!」としごき出された。

流石は大人で、触り方が絶妙だったので、膨張もあっという間。

「あ~溜まんない・・・。もう我慢できないっ!」と言うと、

スカートを捲りストッキングを脱ぎ、パンティを脱いだ。

「入れたい!」と言いながら股がるM美さん。

しばらくクリトリスにチンポを擦り付けていた。

「こんな硬いの大丈夫かな・・・。」とゆっくりと腰を落としました。

ヌルッとゆっくりと生暖かい中に包まれるのがわかり、

「んンッ!凄い 硬いっ!」とゆっくりと沈められました。

おまんこに馴染ませるように上下左右に動かし、

「イキそうになったら絶対言ってよ!中はヤバイからさ」

と言うと上下動を始めるM美さん。

ヌルッと滑らかで、締まりは強くないが濡れ方が凄い。

セーターを脱ぎ捨て、ブラを外すと大学生の娘がいると思えないほど、

白くい美巨乳が目の前に現れた。

触ってと言われてないが、たまらず触りまくって、時々乳首に吸い付きました。

「やだっ!それいいっ!すごいっ!!ああっ、あ、ああっ!」

とM美さんが上下動を繰り返した。

聞いた事がない喘ぎ声と苦悶する姿に、

すっかり元カノの母親だと言う事を忘れてM美さんとの行為を楽しみました。

だんだんリズミカルに動かれ、

生の初感触は俺をイカすには充分な刺激でした。

「そろそろ・・・」と話すと、

スッと起きて横に来てティッシュをつかみ、チンポをしごき始めました。

「やばいっ!出るっ!」と声を上げると、さらに激しくしごかれて発射。

M美さんはティッシュを先端に押し付けながら射精させてくれた。

そして拭き取ると、出したのを観ながら

「すごい・・・。ドロッとしてるじゃん。溜まってたんだね。」と笑ってました。

「気持ち良かった?」と聞かれ、

「イヤらしくて気持ち良かった」と話す。

「私も良かったよ!やっぱり若いと硬さがぜんぜん違うね」

と寄りかかって来ました。

そのまま話をし、しばらくするとベッドを見つめ

「まだ出来るんでしょ~」とベッドの上で二回戦。

疲れたと言われ正常位で突入。

「中に出しちゃダメだから、外に出してよ!」とキツく言われました。

2回戦になると冷静になって、キスもしたり肌の感触も確かめられました。

見た目よりは肉付きが良くてムッちりした太股、

白い肌のもモチモチしてて良かった。

フィニッシュ前に腕を掴むと、

「だめぇっ、イク、あんっ、あっ、あっ・・・イッちゃう・・・もうダメ・・・いくぅっ!!」 とM美さんがビクッビクッと体を硬直させてました。

女性の行き果てる姿を初めて見て、外に抜けてきっちりと約束を果たしました。

そのまま二人でベッドに寝て、朝に起きたらM美さんの姿はなく、

「凄い良かったよ!流石に早目に帰らないとヤバイから・・・。近いうちにまた行くからね!」

と携帯にメールが来ていた。

翌週、メールのとおり、彼女が定時に上がった後にアパートに来た。

「これ置いといて」と袋を渡され、見たら箱が3つ。

「何ですかこれ・・・」と話すと、

「ゴム、店で1番薄いの買ったから気持ちいいんじゃない~」と。

10コ入り3箱www

ビックリしたが、

「一日に2回以上はしちゃうから、無くなるんじゃない、すぐに・・・」

と笑うM美さん。

ベッドで早速使用して見ると、確かに生に近い感触でした。

M美さんのオマンコに入れてると、「元カノの母親に手を出す鬼畜め!」

と意地悪を言うので、

「そりゃ、そうですよ!こんなに綺麗でエッチ上手だから!」

と、ちょっと荒々しく犯すようにやっちゃいました。

「最低~!」と言うわりには感じてるし、

確かに元カノの母親としてると思うと凄く興奮してきた。

そしてフィニッシュの時に「お母さんにタップリ出しますよ!」と話すと、

「いやぁっ!やめてっ!やらしいっ!」

と言うM美さんの両手首を掴み、ベッドに押し付けた。

その行為が良かったのか、俺が射精する瞬間・・・。

「いやぁっ!そこ、いいっ!すごいっ!!ああっ、あ、ああっ!だめぇ、おかしくなっちゃうっ!!」

「あんっ!ダメッ!おまんこ逝っちゃう!あっ!あっ!イクッ!逝っちゃう!いっくぅぅっ!」

M美さんが腰をビクッビクッとさせて逝き果てるのが判りました。

「意外にドM~」と話すと、

「違うから・・・」と否定するわりには、

射精する瞬間に果てる姿にM女の確信を持ちました。

負けず嫌いで、

気が強いわりには押さえつけられるのは嫌いじゃないのが堪らない。

図星だったからか

「親子丼鬼畜だ」と言うが、

「食べられたんです俺」と言うと

「美味しいのはK子?それとも私?」と意地悪を言うので、

「お母さまは極上品で止められません」と2回戦目に。

そんな関係を続けて、半年した頃にはついに。

「中に出してみる?」とM美さんに言われ、

「いいの?」と聞くと、

「お腹痛くなってきたから、明日位に生理来ると思うから・・・どうする?」

と言われたらもう・・・

お互い興奮し、熱くなりフィニッシュはついに膣中に・・・。

放出感がまるで違い快感も桁違い・・・。

「気持ちいいでしょ~」と言われ頷いた。

「女も生で出されたら気持ちいいんだよ~」

とキスをされて抱き合いました。

それからもほんとに時折しか出来ませんが、

生で中出しさせて貰ってます。

もう2年近くになりますが、

M美さんにセックスのレッスンを受けたりしながら関係が続いています。

来週末は彼女が忘年会帰りに来ると予約されました。

ブログランキングに参戦中!この3つポチッとお願いします^^




官能小説ランキング


アダルトブログランキング

PAGE TOP