匂いに興奮し割れ目の周囲から丹念に舐めあげていった…


前の職場を辞めるときの話、当時俺は34歳だった。
その職場の管理職がパワハラ上司を絵に描いたような男で、俺は媚びるのが苦手だったのもあってミスするたびにネチネチと嫌味を言われ続けていた。
俺以上に攻撃対象になっていたのがベテランの熟女、恵美さん(55歳位)だった。
恵美さんは結婚しているが晩婚で子供は出来なかったそうだ。旦那とは職場が遠くて、平日は別々に住んでいるそうだ。
まあキャリア積んでる割にミスの多い人である程度叱られるのは仕方ないという面もあったが、それ以上にボロカスに言われていて見ている同僚も眉をひそめる程だった。
恵美さんとは普段から管理職の愚痴などを言い合って、家も近いこともありたまに食事に誘ったりしてくれていた。

恵美さんは小柄で、若い頃の写真を見れば可愛らしい感じだが今は白髪も多く年齢よりも少し上に見える感じで、体系もチビぽちゃでお世辞にも色気など全く感じない人だった。
なので俺もその時は「おばちゃんの愚痴に付き合う」程度で、職場でそれなりに世話になっていたのである意味仕方なく飯を食ったりしていた。

ある日、本当につまらないミスで管理職が俺をさらし者にしようとしたので、ついにブチ切れて退職することに決めた。

そして有給消化で休んでいる時も恵美さんはメールや電話で心配半分愚痴半分みたいな感じで連絡を取り合っていた。

その時の俺は色々なストレスが積もって、やたらとムラムラしていた。そしてふと思いついた。
「恵美さんに何だかんだ理由つけて頼み込んだら一回くらいヤラせてくれないかな?」

そして恵美さんに「食事でもしませんか?」と誘うとすぐにOKの返事が来て、週明けの夜に食事をすることになった。
カップルシートのあるダイニングバーで、いつもどおり愚痴とかいつもより突っ込んだプライベートな話などをした。

食事も終わり恵美さんが「どこかでお茶でもする?」というので「ちょっとドライブしましょう」と穴場の夜景スポットへ
連れて行った。夜景を見ながらしばし沈黙の後、
「実は俺、恵美さんのこと女性として見てました」
と言うと恵美さんは少し硬直してからため息を付いて
「そうだったの……なんかデートみたいだなって思ってて”もしかして?”とは思ったけど……」

「一度でいいから、恵美さんを抱かせてくれませんか?」
「……ハグさせて欲しいということ?」
「いえ、その……」
俺が言葉を濁すと恵美さんは少し考え込んで
「私と……セックスしたい……ということ?」
「はい……」
「私、結婚しているのは知ってるわよね?」
「はい、分かっています。だからずっと俺も悩んでいました……」
「ごめんね、あなたを苦しませてたのね……」

そういうと沈黙がしばらく続いたので俺は車を発車させ、家の方向に向かった。
恵美さんは俺があきらめたと思ったか話題を反らそうとしたのか、世間話を振ってきたが俺は上の空で適当に相槌をうっていた。
不意に国道沿いのラブホの駐車場に入り、車を停めエンジンを切った。

「すみません俺……本当に一度だけあなたを抱かせてください!」
と恵美さんの目を見つめて言った。恵美さんはため息をついて、
「わかったわ……でも約束して欲しいの、絶対に中には射精しないでね? 私こういうこと割り切れない性格だから、そこだけは守って欲しいの」
俺は了解し、恵美さんとホテルへ入った。

部屋に入り、二人でソファに座ると、恵美さんの方からもたれかかってきた。
俺は肩を抱き寄せてキスをした。
触れる程度の軽いキスを繰り返しながら髪を撫で、服の上から胸を揉むと微かに「ん……」と声を出す。

キスをしながら身体を弄っていると、恵美さんは次第に声を上げ始めた。
キスも軽いキスから少しずつねっとりしたキスへと変化していく。
「ベッドへ行きませんか?」
「……ええ」
お互いに服を脱いでベッドへ上がった。

「ごめんなさい、こんなことになるなんて思わなかったから、下着とか普段のままなの」

恵美さんは照れくさそうに言った。
二人とも下着姿で抱き合い、キスをした。恵美さんはまだ緊張しているのか固く、いわゆるマグロ状態だった。

俺がブラを外すと「ごめんね、こんなおばさん体系じゃ全然色気ないわね……」と済まなさそうに言った。

恵美さんは外見どおりくびれの無い完全なおばさん体系で、胸もちいさく乳首が異様にでかかった。
しかし、そんな「普通のおばさんとセックスしている」という状況に妙に興奮し、俺は恵美さんにたっぷりサービスした。

乳首を丹念に舐め、時に吸い、時に軽く歯を立て、ことさら音を立てて吸ったりした。
恵美さんは微かに声を出しながら、耐えるように目を閉じていた。

次に乳房を弄びながらショーツの上から指で割れ目をなぞった。
そして下半身に周り、恵美さんの股間に顔を近づけてショーツの上から指で弄りつつ、内腿や膝に舌を這わせた。
恵美さんは顔を両手で覆い、羞恥に耐えている。

ショーツが湿り気を帯びて来たので脱がせ、恵美さんの割れ目を拝んだ。
そこは肉付きがよく、ビラビラははみ出していなかった。
陰毛は細く少な目で所々に白髪が混じっていた。

肉付きの良い大陰唇を広げると小ぶりな小陰唇があり、すでに十分な湿り気を帯びていた。
そこからは女性器特有の匂いと混じったおしっこの匂いがしていた。

完全に興奮しきっていた俺はその匂いに興奮し、割れ目の周囲から丹念に舐めあげていった。
「だめ、シャワーも浴びてないのに……汚いわ」
「そんなことありませんよ、恵美さんのここ、かわいいですね……」
俺は股間から顔を離し、再び胸を弄びそして唇を重ねる。
さっきまでマグロ状態だった恵美さんは、自ら俺の背中に腕を回しキスの度に舌を絡ませてきた。

そして次に、俺が69の体制で割れ目を舐め始めると、何も言わず恵美さんは俺のペニスをくわえて舐めてくれた。
ぎこちない舌使いだがそれが妙に興奮して、お互いの性器をしばらく舐めあっていた。

俺もそろそろ我慢できなくなってきたので正常位で挿入した。
恵美さんもすっかり興奮していて、腕と脚を俺に絡みつかせて喘いでいた。

異常に興奮していることと、生で挿入していることもあり、いつもより早く射精感に襲われた。

俺はまだ出したくないのでピストンを止めたりしていたが、ついに我慢しきれずに恵美さんのお腹に大量の精子を吐き出した。

恵美さんは放心状態だったので精子をふき取ってあげて、しばらく添い寝をした。
恵美さんは俺にぴったりと寄り添い、「おばさん」ではなく「女」になっていた。

一緒にシャワーを浴びてホテルを後にし、恵美さんを送っていった。
その後メールや電話などでたまにやりとりはしていたが、それも徐々に疎遠になっていった。

今でもこの時のことを思い出してはオナニーしている。


PAGE TOP