あの巨根をイカせたい!って思いはじめたんです・・


今回の体験談は、昔、勤務先の社員旅行であったエッチな体験談です。
その時に勤めていた会社は、社員数が300人位の会社でした。
男女の比率が6対4位で、男性の方が多いのですが、比較的女性も多い会社でした。
そんな会社なので、合コンと言う訳ではありませんが、週末には社内の違う部署の方と飲み会がある事がありました。
何回か飲み会を重ねていると、今年の新人の中に「童貞の巨根」が居ると言う噂を耳にしました。
私はそれを聞くと、ちょっと「ドキッ」っとしてしまいました。

その時は20代半ばでしたので、年下の男の子もいいかも!っと思いはじめた時でした。

話によると、出張で一緒になった男性社員が、一緒に風俗に行った時に見たらしいのです。

その風俗は「ピンサロ」と言っていましたが、暗い所で、個室ではない所で口だけでするらしいのですが、隣にいた新人君の方から、女の子が「こんなの無理ですよ」と言っていたので、良く見てみると、500ミリのペットボトルがあったそうなんです!

皆「うそーーー」とビックリしていましたが、私一人で興奮していました。

男性社員の話では、女の子と話をするのが苦手で、良い男なんだけど、彼女が出来なかったらしいのです。

私は何とかお話してみたいと思ったのですが、チャンスは有りませんでした。

そんな話も忘れかけた年末に、社員旅行がありました。

参加社が多いので、毎年箱根の旅館を二つ貸し切って行っていました。

当日、男性のほとんどはゴルフに行き、女性陣は早めに行って温泉でゆっくりしていました。

そして宴会が始まりました。

宴会は旅館が二つで半分に分かれてしまうので、部署に関係なく、くじ引きで、シャッフルされて行います。

安易に席決めをすると派閥的な問題でうるさく言う人がいるみたいでした。

私も最初は知らない人ばかりで、盛り上がりに欠けましたけど、すぐに打ち解けて、逆に知らない人同士の方が盛り上がりました。

私の飲んでいたグループは主に10人位で固まっていましたが、その内の一人が例の「童貞の巨根君」の話をしはじめたので、私も思い出しました!

その時はお酒が入っていたので、妙にドキドキしてしまいました。

するとその男の人が、「あいつ何処行った?」と、その童貞君を探しはじめました。

どうやらこっち側の旅館にいるみたいです。

そして「おい、滝沢、こっち来いよ!」と呼ぶと、浴衣姿の若い男の子が現れました。

ブサイク系を想像していたので、意外にかっこ良くてビックリしました。

そして滝沢君を呼んだ男の人が「お前チンコ見せろよ」と言うと、恥ずかしそうに「無理っす、それは無理っす」と赤くなっていました。

でも、男の人が無理矢理浴衣を広げて、パンツが一瞬見えたのですが、アソコの膨らみが凄かったんです。

私は一緒に笑っていたんですが、内心はドキドキでした。

そして、何とかあの男の子を食べてみたいと思いはじめました。

それから滝沢君は私達のグループに入って飲むようになりました。

私もドンドン自分から話し掛けていきましたが、やはり私達女性が話し掛けると、返事をするのがやっとで、全然話が出来ないようでした。

宴会が終わると、その後は各々勝手に2次回をするみたいで、旅館周辺の施設や旅館内の施設へバラバラになって移動していました。

私達も大きなカラオケパブみたいな所に移動して、カラオケをしながら飲みまくりました。

私もかなり酔っぱらって来て、どうしても滝沢君を味わってみたくなったので、滝沢君に歩けなくなったからと嘘を付いて、部屋に送ってもらいました。

部屋に入ると、私はすぐに布団に倒れ込んで、「滝沢君、お水買って来てー」と言いました。

滝沢君が部屋を出ると、私はブラジャーを外して、見えるような場所に置いておきました。

そして浴衣の帯を緩めて、脚を露出させときました。

私はGカップあるので、浴衣を緩めた時点で、おっぱいがほとんど露出しそうになってしまいます。

横向きに寝て、なるべく谷間を作って、滝沢君が来るのを待ちました。

そして滝沢君が帰って来て、水をもらいましたが、明らかにブラジャーに目がいっていました。

私は酔っぱらったふりをしながら、ゴロゴロしながら滝沢君と少し話していました。

やっぱり滝沢君は私の谷間をチラチラ見ていました。

私は話の途中に眠くなったフリをして、寝てみました。

寝返りをする感じで、浴衣をドンドン乱れさせました。

胸はほとんど露出して、乳首を隠すていどで、下はパンツが見えていると思います。

しばらく様子を見ていると、滝沢君は部屋を出て行かないで私の後ろに廻りました。

後ろからは、おしりに食い込んだパンツが良く見えていると思います。

私は滝沢君の音だけを聞いていると、何かゴソゴソ動いている感じがしました。

私は少し目を開けて、ガラス越しに滝沢君を見ると、私のお尻を見ながら、自分のアソコを擦っているようでした!

私は凄く興奮してしまい、アソコが凄く濡れるのが分かりました。

ひょっとしたら滝沢君にもシミを見られていたのかもしれません。

私は滝沢君の動きが激しくなってくるのを感じて、『このままイカせてはダメ!』と思い、「うーーーん」と声を出して起きました。

滝沢君は「ビクッ」っとなって慌てて浴衣を閉じていたようですが、何も気付かないフリをして、「ねぇ滝沢君、マッサージしてくんない?」と言いました。

滝沢君は「あっ、えっ、ええ、分かりました」と動揺しながらもマッサージをはじめました。

私はうつ伏せになりながら、肩からはじめて、腰の方に移動させました。

最後は太ももをマッサージさせたんですが、浴衣を少し上げるふりをしてお尻を丸出しにしました。

私は気付かないフリをしてマッサージを続けさせました。

太ももを揉ませながら、「もっと付け根の方まで揉んでよ!」っと催促すると、躊躇しながらもアソコギリギリまで揉んでいました。

たぶんパンツにはシミが出来ていたと思いますし、アソコの毛もはみだしていたかもしれません。

そうしていると、私の脚の方に硬い物が当たる感じがしました。

私はすぐに「アレだ!」と気付いて、「ちょっと待って、滝沢君何?何かおかしいよ!」と言って起き上がりました。

滝沢君は「あっ、えっ、何ですか?」とオドオドしていましたけど、私はズカズカ近付いて、滝沢君のアソコを触りました。

そうしたら信じられない位の硬い固まりがありました。

滝沢君は「あっ、ちょっ、まずいっす」と隠していましたけど、「ちょっと私の体見てたの?変態じゃん、皆に言うよ!」と言うと「違います、すいませんコレは・・・」と下を向いてしまったので、「じゃあソレ見せなさいよ、そしたら許すかも!」と言いました。

滝沢君はかなりビックリしていましたが、渋々「ホントですか?皆には内緒で・・・」と言って浴衣を広げました。

そしたら凄い物が目に飛び込んで来ました。

すでに、滝沢君のアレがパンツから少し飛び出して見えていたんです!!!

先からは我慢汁が出ていて、私は一瞬でアソコがビショビショになりました。

私はすぐにパンツに手をかけると、パンツを下ろしました。

全部が見えると、改めて凄い大きさに興奮してしまいました。

もうそれだけで全部を征服されたような気になってしまいました。

私は我慢出来なくて、勝手に両手で握ると、我慢汁を広げながら「クチュクチュ」と上下にしごきはじめました。

滝沢君は「ああああ」っと情けない声を出していました。

途中で唾液も垂らして、ヌルヌルの状態でしごいていると「あああ、出ます」と言い出したので「ダメよ!まだ!」と言って寸止めしました。

そして少し納まると、今度は口で舐めてあげました。

先の方しか口には入りませんでしたけど、根元の方を両手しごきながら舐めるとすぐに「あああ、出ちゃいます」と言い出すので、何回も寸止めを繰り返しました。

そして私は滝沢君を全裸に脱がせると、私も全裸になりました。

滝沢君はアレをビクビクさせながら、私の体に見入っていました。

私が「女のアソコ見たい?」と言うと「はっ、えっ、はい、見たいっす!」と呼吸を荒くして言っていました。

私は滝沢君を寝かせると、アソコを手で隠しながら滝沢君の顔をまたいで立ちました。

そしてそのまま、ゆっくりしゃがんで行きました。

滝沢君は「ハァハァ」言っています。

そして隠している手をどかせ、ビッチョビチョのアソコを見せつけました。

滝沢君はメチャクチャじっくり見ていて「なっ、舐めていいっすか!!」と焦って聞いて来ます。

私が「いいよ」と言い終わらない内に、滝沢君はむしゃぶり付いて来ました。

全然的外れな愛撫でしたけど、童貞君が一生懸命舐めていると思うと、凄く感じてしまい、すぐにイッてしまいました。

滝沢君はそれでも関係なく、もっと愛撫をしてきました。

「ちょっと、ああん、あん、あん、滝沢くん、まっ、ああん、ああん、ダメ、あああ、またイク、ダメ、イク、あああああ、イイ、イクううううううう」

と童貞君に2回もイカされてしまいました。

先日の続きですが、童貞の巨根の滝沢君に舐められて2回連続でイカされてしまいました。

私はちょっと悔しくなって、滝沢君の顔の上に股がって舐めさせていたので、そのまま回転して69の形になって、私も攻めはじめました。

滝沢君のは全然口に入らないので、亀頭を舐めながら、唾液を垂らして両手でシゴいていました。

するとそれまで何回も寸止めしていたので、滝沢君は「もう無理です、お願いします、一回出していいですか、お願いします」と弱々しくお願いしてくるので、可愛くなってしまい、「じゃあイイよ!思いっきり出して!」と言って更に激しくシゴきました。

そしてすぐに滝沢君は「あああ、出ます、出ます、イク、ああああ」と叫びました。

私は出てる所が見たかったので口を離して見ていると、今でもはっきり覚えていますが、おチンチンが「ブワッ」っと膨らんだ瞬間に大量の精子が飛び出してきました。

そして凄い勢いで飛び出してきたので、顔中が精子まみれになってしまいました。

予想外の顔面シャワーをされると、胸の奥がジンジンしてきて、征服された気分になってしまい、私も興奮しました。

私は滝沢君が出した後も、同じ様にアソコをシゴいて、亀頭をしゃぶっていました。

男の人は出した後に触られるのを嫌がるので、逆に虐めてやろうと思い、無理矢理続けていました。

そうすると滝沢君が「ああああ、ダメっす、それ以上ダメっす、ああああ、やばい、ああああああああ」と大声で叫んだかと思うと「ビシャッ、ビュッ、ブシュッ」とオシッコみたいなのが飛び出しました。

私はビックリしてそれを顔中に浴びてしまい、滝沢君は放心状態です。

その液体は何だか分かりませんが、全然臭く無くて透明な液体でした。

その後はさすがにおチンチンに触られるのは無理みたいだったので、少し休憩しました。

ちょっと休みましたが、私はまだまだイキ足りないので、滝沢君のおチンチンを勝手にまたフェラしはじめました。

滝沢君は「ビクッ」っとしていましたが、もう大丈夫みたいで、すぐにカッチカチになりました。

私はもうビッチョビチョで早く入れたかったので、滝沢君の上に股がって「見て滝沢君、童貞じゃなくなる瞬間だよ!」と言っておチンチンをアソコに当てました。

そしてゆっくり腰を沈めましたが、中々入りません。

「ブチュッ、ブチャ」と音を出しながら、ゆっくり入れたんですけど、やはりちょっと痛いです。

私は我慢してそのまま「ブチュブチュ」と言わせながら根元まで入れると、普通じゃ無い違和感でした。

まるでワインの瓶に一度抜いたコルクを入れるみたいに、ギュウギュウに押し込んでいる感じです。

滝沢君は幸せそうに「うああああああ、ハァハァ、もう童貞じゃないっすね!」と言っていました。

私は凄く滝沢君が可愛く見えてしまい、滝沢君に倒れ掛かって激しいキスをしてしまいました。

キスをしていると奥から濡れてくるのが分かり、激しく突いて欲しくなりました。

私は自分でゆっくり腰を動かしましたが、やはり少し痛いです。

何分か繰り返していると、痛みは無くなり、滝沢君のサイズにぴったり広がった感じがしました。

そして段々激しく腰を振ると、今まで味わった事の無い快感が押し寄せてきました。

私は自分でも気が付かない位、自然に「フワッ」っとイッてしまいました。

凄く不思議な感じで、声も全く出ずに、頭だけいつものイッた感じになって、勝手に体が痙攣して、自分ではどうにも止められませんでした。

すると、私が全然動かないので、滝沢君が下から突き上げてきました。

私は「まって」と言ったんですが、声が出なくて聞こえていない様でした。

滝沢君は初めてなので、容赦なく激しく突き上げます。

私も段々正気に戻ってくると、ムチャクチャな快感が体中に駆け巡りました。

「ああああ、うはあぁっっぁっ、あうっ、ダメ、またイッちゃう、ねぇ、またイク、イクうううううううううう」

あっという間にまたイカされてしまいました。

私は元々巨根が大好きだったので、こんなに若くて硬い大きな物を入れられたら、今後他の男の人では満足出来ないかもしれないと思いました。

そして滝沢君は「先輩バックやってみたいんですけど」と言うと、私の返事も聞かずに体位を変えはじめました。

この位から滝沢君の様子が変わってきて、今までは主導権が私だったんですけど、いつの間にか滝沢君が仕切りはじめていました。

でも私は主導権を奪い返す事なんて出来ない位にフラフラでした。

そして滝沢君はバックで入れ直すと、「あああ、すげー気持ちイイ」と独り言の様につぶやくと、いきなり「ブチュッ、パァン!!!」っと突きました。

私は一突きで失神しそうになってしまい、声も出せずにビクビク震えていると、連続して凄く激しい動で突いてきました。

「ああああん、あん、ダメ、すごい、何これ、すごい、おかしくなるうううううう、ううう、イク、あうぐっ、うぐううう」

とすぐにイッてしまいましたが、滝沢君は完全に無視して腰を振りまくっています。

しばらくすると「あああ、出る、イク、あああ、出る、このまま中でイイっすか?ああ出る」と滝沢君は叫びはじめました。

今日は危険日っぽいので中はダメと思いましたが、さっきの凄い量の精子を思い出して、『アレを中に出されたい』と思ってしまいました。

そして何も答えずにいると滝沢君は「あああ、もう無理、イク、出る、あああああ」と叫んで、大量の温かい精子を中に出しまくりました。

もう中におしっこをされたみたいな感覚で、凄い量の精子が入ってきました。

私は完全に征服された気分でしたが、この巨根ならしょうがないと諦めました。

そうこうしてると皆が戻ってきそうな時間になっていたので、二人で慌てて着替えました。

さっきまでは無口だったはずの滝沢君なのに、今はすごく自然に私に話し掛けています。

「伊代さんの体マジ最高っす!またしてイイっすか?」なんて平気で聞いてくる感じです。

でも私も結局彼からしばらくは離れられないので全然オッケーしましたけど!

そしてその後からが凄く大変でした・・・

彼は童貞を捨てた事をきっかけに、ドンドン積極的になりました。

その日の夜は別々の部屋に寝ていたのですが、携帯に滝沢君からメールが入ってきて、『伊代さんちょっと出て来れます?』と入ってたので、部屋から出ると滝沢君が待っていて、そのまま非常階段まで連れて行かれました。

そしていきなり浴衣を広げると、勃起した巨根が飛び出してきました。

滝沢君は「伊予さんしゃぶって下さい」と言うと私が返事をする前に口に突っ込んできました。

私は疲れていたんですが、アレを目の前にすると興奮してしまい、濡らしながらしゃぶってしまいました。

その後は案の定、階段に手を突いて立ちバックで散々イカされた後に、たっぷりと中出しをされました。

そしてそれはその日の朝も繰り返されました。

社員旅行が終わったその日の夜はやっぱり彼が家に遊びに来ました。

そして朝まで、死ぬ程ヤラれまくって、何回も失神させられました。

しばらく私は彼の性処理女として扱われましたけど、彼はそれだけでは終わりませんでした・・・

社員旅行の後しばらくは週末に私の家に来て、ひたすら私の体を使って出しまくるだけでした。

彼は性処理としてしか私を見ていませんでしたけど、私はそれでも死ぬ程イカされまくっていました。

だから私は彼の大きなモノ無しでは生きていけない体になってしまいました。

彼に使われている間も、違う男とした事ともありました・・・でも全然感じない体になっていました。

あのパンパンにアソコが膨らむ感じと、奥まで叩き上げられる様な感覚が忘れられません。

彼もその事に気付いているんでしょうか?ドンドン横柄な態度に変わっていきました。

3ヶ月が過ぎる頃には、最初の可愛い感じは何処にも無くて、女を穴としか思ってない最悪の男になっていました。

それでも私は巨根を見せられると勝手にしゃぶってしまい、ビショビショにしてしまいます。

その頃には、彼は一切前戯なんてしなくなっていました。

常に私が上になって始めて、彼がイキたくなったらバックで犯されるのがパターンでした。

しばらくすると会社でも私の体を使うようになって、トイレや屋上でフェラするのは当たり前でした。

昼休みに倉庫で中出しする時もありました。

そしてある日彼が、「お前、恭子と仲良かったよな?」と言い出しました。

恭子と言うのは彼より一つ年上で、会社でも有名なカワイイ女の子です。

自慢ではありませんが、私も綺麗な方なので、恭子ちゃんも慕ってくれて、プライベートでも遊びに行くほどの仲でした。

私は「恭子がどうしたの?」と聞くと、「あいつを犯してーから何とか段取って!」と言い出しました。

さすがに私も怒って「ふざけないでよ!私は何なの?道具じゃないのよ!」と怒りました。

すると彼は「じゃあもういいよ」と言うと部屋から出て行って、帰ってしまいました。

私はしばらく考えたんですけど、彼に居ない生活が考えられなくて、結局「何でも言う事きくから帰ってきて」と電話してしまいました。

そして、私は泣きながら恭子と彼を引き合わせる段取りを考えさせられました。

早速、次の週末に恭子と私と滝沢君で会う予定にしました。

どうするかと言うと、3人で部屋で飲んでいて、イイ感じになってきたら恭子の目の前で2人がエッチを始めます。

そこで、女の私から恭子ちゃんを誘えば、流れで参加するだろう!と言う感じでした。

恭子ちゃんは彼氏もいて、遊んでる感じもしないので、難しいと思いましたけど、ヤルしかありませんでした。

そして私の部屋に3人が集まって飲みはじめました。

彼と恭子ちゃんは顔見知りですけど話をするのははじめてです。

そこそこ盛り上がって、彼も恭子ちゃんにドンドンお酒を薦めています。

かなりイイ感じになってきたところで、彼は段々エロい話に持って行きました。

当然私は全面協力しないといけないので、話を盛り上げます。

彼は恭子ちゃんと彼氏がどんなエッチをしてるのか聞きはじめました。

そして私が一番年上なのを利用して彼は、「おねーさんにエッチを教えてもらいなよ!」と言い出しました。

私は話を盛り上げる為に「じゃあ恭子に彼を満足させる方法を教えます!」と言って、彼とキスをしはじめました。

そして彼の体を使って、女のテクニックをレクチャーする事になりました。

キスからはじまって、彼の乳首を舐めたり、お腹を愛撫したりしていました。

彼も大袈裟に声を出して盛り上げていると、恭子ちゃんも「えーすごーい、こんな事もするんですねー」と喜んでいました。

そうこうしていると、お酒もまわっているのでかなりエッチな空気になっていました。

すると彼はおもむろに自分でズボンとパンツを下ろして「そろそろコッチもレクチャーいきますか?」と言い出しました。

恭子ちゃんはビックリしていましたけど、私がいる安心感からか普通に笑っていました。

でも私が彼のをしゃぶり始めて、大きさがマックスになると恭子ちゃんは真っ赤な顔で「ええええ、すごいおっきくないですか?」と興味津々の様子でした。

恭子ちゃんも同じ女なので、たぶん内心はジンジン来ていたと思います。

そんな気持ちを察したのか、彼は恭子ちゃんに「恭子ちゃんもちょっと触ってみて、練習練習!」と促しました。

恭子ちゃんは「えええ、じゃあ、ちょっとだけー」と言って根元を握っていました。

そして彼が私の顔を見て、『もっと触らせろ』みたいな事を合図してきたので、私は「恭子ちゃん男の人はここが気持ちイイからやってみて!」と恭子ちゃんにも参加させました。

私がやらせてしまったんですが、結局、恭子ちゃんは最後には彼のアソコをしゃぶっていました。

そして「彼氏より全然おっきーです!すごーい!」と喜んでいました。

すると彼は「恭子ちゃん!ただフェラしてるだけじゃダメだよ!セクシーな感じで挑発しないと!」と言うと、私を睨んできたので、私は「恭子ちゃんノーブラになっちゃいなよ!」と言うと「えー恥ずかしいですよー」と言いつつもブラジャーを取っていました。

そうすると恭子ちゃんはキャミ一枚にノーブラでミニスカートのセクシーな格好になっていました。

恭子ちゃんのおっぱいは、垂れぎみでしたけどかなりおっきかったです。

すると彼は「恭子ちゃん谷間みせて谷間!」と言うと恭子ちゃんは「えー、ちょっとだけね!」と言ってキャミを引っ張って胸を見せたりしていました。

そして次は「伊代、今度は恭子ちゃんにパイズリ教えてやって!」と言い出しました。

この時、恭子ちゃんはかなりエッチな気分になっていたと思います・・・自分から積極的に「先輩お願いしまーす!」と言っていました。

そして、キャミを胸の下ギリギリまで持ち上げて、着たままの状態で、おチンチンだけを谷間に差し込みました。

恭子ちゃんはちょっとうっとりしながら自分でおっぱいで挟み込んでいました。

人がパイズリしてるトコなんか初めて見ましたけど、谷間から巨根が飛び出しているのを見ると、凄く興奮してしまいました。

そうすると恭子ちゃんはもう勝手にパイズリを始めていて、一生懸命おっぱいを上下に動かして、飛び出して来る亀頭も一生懸命舐めていました。

恭子ちゃんの動が激し過ぎて、キャミは完全にめくれ上がってしまい、おっぱいは丸見えでした。

それでも恭子ちゃんは構わずパイズリをしていました。

女の私には分かります・・・あの巨根をイカせたい!って思いはじめたんです・・・

しばらくすると彼は「ああああ、やばい、出る、イクうううう」と言って、いつもの大量の精子を恭子ちゃんの顔にぶちまけてしまいました。

でも恭子ちゃんは怒る事もしないで、「すごーい、あったかーい」と満足そうな顔をしていました。

恭子ちゃんはベトベトになってしまったので、お風呂に入る事になりました。

その間、私は彼に言われてビールを買いに行きました。

ビールを買って部屋に戻ると彼が居なくなっていました。

恭子ちゃんも居なくて、二人を探しているとお風呂場から物音がしたので、行ってみると。

「ダメ、またイッちゃう、すごいよコレ、おっきい、おっきいよ、裂けちゃう、ああ、あん、ダメ、またイク、イク、ダメ、イクううううううううううう、うはあぁぁ、はうっ、ハァハァ」

お風呂で二人はエッチしていました。

私も我慢出来なくて、その場に座ってオナニーをしてしまいました。

二人はそれから30分位やりっぱなしで、ずーーと恭子ちゃんの声がお風呂場に響いていました。

最後の方は、彼が「またやらせろよ」と言うと「うん、して、いっぱいして」と恭子ちゃんが言って、激しくキスをしていました。

そして彼は、恭子ちゃんの彼氏とのセックスよりも自分とのセックスを優先する事を約束させていました。

しばらくして二人はイチャイチャしながらお風呂から出てきました。

私はもちろん嫉妬で苦しかったんですが、黙っている約束でしたので、恭子ちゃんが「先輩すいません・・・」と謝ってきた時も笑顔で許しました!

そしてその日はベッドで三人で寝たんですが、夜中に目を覚ますと、思いっきり隣で恭子ちゃんがバックで犯されていました。

「ああああん、イク、だめええええ、すごいのおおおおお、イク、犯して、恭子を犯して、イクうううううう」

と叫びながら狂っていました。

もう恭子ちゃんも彼から離れられない体になっていると確信しました。

その日を境に彼は恭子ちゃんに乗り換えて、気が向いた時に私を犯しに来るようになりました。

それでも私は、たまに来た彼に犯されて、嬉しくて泣きながらイキまくってしまいました。


PAGE TOP