彼女の代わりをする妹 ・・エロ話

「暇だな~」
「暇だね~」
今夜はクリスマスイブだというのに妹と2人でテレビをボーっと見ている。
本当は今夜、彼女と遊びに行く予定だったのに急にキャンセル。
  
女友達同士のパーティーに参加するのだと。
友達より男を取る女と思われたくないと普段から言ってるし、彼女の気持ちも尊重しないととしぶしぶ了承。

やる事もないので一人で家にいようと思ってたら妹もいた。
なんでも、付き合ってた彼氏に新しい女が出来て、クリスマス前だというのに相手がいないんだと。
「許せんな~ 二股かけられてたのか?」
「そうじゃないって言ってたけど、そうだったのかもね。まあどうでもいいけど」
「なんで?悔しくないのかよ」
「別に~ 好きだったわけじゃないし~」
「はあ?好きでもない奴と付き合うのかよ」
「まあね。友達の中で男がいないのいなかったからさ~ ちょっとかっこ悪いじゃん」
「それでなのか」
「男と付き合うってのにも興味あったしね…」
中○生なのになんてサバサバしてるんだ。
まあ、傷ついているわけでもなさそうだしいいか…
そんな訳で2人でテレビを見ながらだべっている。
両親は俺ら兄妹とも外出予定だったからデートに行っている。
クリスマスイブだってのに妹と寂しくケーキを囲もうとは…
ちょっと前まで浮かれていた俺はなんだったんだ。
女芸能人格付けバトルを眺めながら思った。

「それより何でここにいるの?今日は彼女とデートじゃなかった?」
「ああ、友達とパーティーやるんだってさ。男優先の女に見られたくないんだと」
「へ~ 高3なのに~?ホントは他の男と会ってるんじゃないの?」
「何言ってんだ!俺達はラブラブなんだよ」
「そうかな~?私だったら彼氏と一緒に居ようと絶対に思うもん」
「お前とは違うの!変な事言うなよ」
そう言ってはみたものの、なんか気になってきた。
まさかな… それはないでしょ…
そしたらテレビでも似たような話題になっている。
女芸能人の中の何人かは、本命の男とクリスマスを過ごしキープ君は別の日に会ってあげるとか言ってる。
俺をハラハラさせる様な話題に夢中になっていると、隣でニヤニヤしている妹と目があった。
「ほら、モテる女はそんなもんよ。別の男と会ってるって」
「違~うっ!そんな訳ないだろっ!」
「じゃあ、携帯に電話してみなよ~ 盛り上がってる?とか言っちゃってさ~」
「わあったよ!待ってろ」
留守電です… ワンコールもなしに…
何度もかけたんだけどね…
「ほら~(笑)バカね~!二股かけられてるよ、この人!」
「ちが~う!絶対違うっ!飲み会中に彼氏からかかってきたらしらけるだろっ!だから…」
もう心臓バクバク。
おれの香澄(彼女)が他の男と今この瞬間にデートして… まさか、その先も?
いかん!ありえない妄想をしてしまった!
「うん、やられちゃってるね!間違いない」
「何でそうなるんだよ!それは無い無い… 俺だってまだやってないのに」
・・・・ ハッ!
何を言ってるんだ!
「えっ?お兄ちゃんたち、まだエッチしてないの?」
「ん?あ、まあな…」
「異常~!もう何ヶ月か付き合ってるよね~ それなのに~?」
「俺は香澄の事を大事に思ってるんだよ!プラトニックなの!」
「気持ちワル~イ… 何言ってるのよ。エッチするのが普通でしょ。高3にもなって…」
実は今日こそ彼女と一発決めようと思ってました…
なのにこの展開。
彼女とあんな事、こんな事、いっぱいしたかったのに!
クリスマスイブを飾るためにいろんな本で研究したり禁欲したり。
そして水風船にしか使い道のなくなってしまっているポケットの中のコンドーくん。
何だったんだ、この努力は!
「分かった… お兄ちゃん童貞なんでしょ!だから彼女取られちゃったのね」
「取られてないって!今日はパーティーに行ってるんだよ」
「い~や!取られてる。ムード満点でいっぱいエッチして… 身も心も新しい男の人に…」
「そんなわけな~い!」
うおおおおおおっ!
俺の脳裏に次々と流れてくる、彼女が他の男にやられてしまっている映像。
(ありがとう。香澄ちゃんの初めての男になれて嬉しいよ…)
(着やせするんだね。ボク、こんなに大きなオッパイ触った事なんて今まで無いよ)
(香澄ちゃん、可愛い顔して後ろからされるのが好きなんだね)
とめどなく溢れ続ける妄想を振り払おうと、自分で自分の頭をポカポカ叩いた。
「ぷっ。お兄ちゃんからかうと面白いね。ホント、真剣なんだもん」
「当たり前だ!そんな事になってたらどうしよう!うお~、おいっ、ちょっと出かけてくる!」
「へっ?今から?よしなさいよ~、みっともない。電話してみればいいじゃん」
「電話って、留守電だしよ~」
「違う。友達の家でやってるんでしょ。その子のうち」
「そっか~!頭いいな、おまえ」
「あんたよりはね!」
わざわざ友達の家にまで電話するなんて、かっこ悪いと考えもせず連絡を入れる俺。
「ごめ~ん、盛り上がってる途中に悪いね。いる?」
「はあ?あんただれ?番号間違ってない?」
「何言ってるんだよ~ オレオレ も~!」
「誰だか知らないけど盛り上がってもないし私しか居ないの!気持ち悪い… ガチャっ!」
・・・切られた・・・
「バカじゃない?お兄ちゃん、そんな電話したら私だって切るよ!」
そりゃそうだ…
ちょっと反省してかけ直す。
「あ、葉山ですけど。夜中にゴメンね、香澄そっちにいる?」
「葉山君?香澄なんて…あっ!いるけど酔っ払っちゃってて寝てる。起こす?」
…?
これは居ないな… 絶対、口裏合わせてる…
取り合えず、そのままにしておいてと言い残し電話を切った。
「まさか本当にいないの?」
「みたいだな…」
あまりに沈んだ顔をしてるもんだから、心配になった妹が声をかけてくる。
「なんか、かわいそう… お兄ちゃん…」
俺の落ち込みようがあんまりにも酷いもんだから気になっているようだ。
気遣ってくれるのはいいが、その時の俺は話しかけないでいて欲しい気分でいっぱいだった。
「今夜、楽しみにしてたんでしょ?」
「まあな…」
返事するのも面倒くさい。
彼女に裏切られたんじゃないかという疑惑が頭の中を何回も駆け巡ってて、妹の声が遠くに感じる。
「代わりに私が相手してあげようか?」
「相手って言ってもな。いまいち盛り上がんないよ…」
「そうじゃなくて、その先の相手…」
ハァ?
突拍子もない事を妹が言ってくるもんだから、ちょっと現実に引き戻された感じだった。
香澄の代わりに妹とデート気分を味わうんじゃなく、セックスしようという事なのか?
「それって…」
「そう。私とエッチしてみる?」
「??」
「イブに寂しい兄妹同士、お互い慰めるって事で。あっ、お兄ちゃんは私のこと香澄って呼んでもいいからね」
「本当にいいのか?」
「いいよ~。優しくしてくれるならね」

向かいのコタツから抜け出てきた妹が、俺の前に入ってちょこんと座る。
どっ、どうする?
やらせてくれるって言ってるけど相手は妹だぞ?
セックスしたい気持ちは人並み以上にあるんだが、相手が相手だけに迷ってしまう。
身体に触れるのをためらっていると、妹がもたれかかってきて体重を預けてきた。
どちらかといえば小柄な方なので、重さは全く気にならないんだが…。
ちょうど後頭が鼻の辺りにきてるから、男の何かをくすぐる甘い匂いがしてくる。
妹なんだけど、異性をやるせない気持ちにする香りはやっぱり他の女の子と一緒だ。
その匂いを感じた瞬間、股間に激しい衝撃が走った。
俺の正直な下半身は妹相手でも欲情してしまってムクムクと大きくなってくる。
こいつもいいって言ってるし、ヤッチまうか…
少~しだけ残ってた理性が妹の甘い香りで簡単に吹っ飛ばされた。
女の子の身体に対する好奇心は、俺のちっぽけな理性で抑えきれるようなものじゃない。
既に経験があるってことは処女でもないわけだし…
もういいっ、これは練習だ!
きたるべき香澄とのエッチのために必要な事なんだ!
そう自分に言い訳をして、目の前にいる妹を香澄と思い込むことに決めた。
「じゃあ、香澄…、触っちゃうよ?」
「・・・うん…」
シャツの中に両手を潜り込ませ、恐る恐る胸に触ってみた。
妹の胸はそれほど大きくなくて、手のひらにちょうどすっぽりとはまるぐらいの大きさ。
ブラの上からだったが、初めて触るおっぱいの感触に感動してしまう。
モミモミモミモミ…
ただの肉の塊ってだけなのに、いつまで揉んでいても飽きる事がない。
「香澄のオッパイって柔らかいんだね」
「ん~、もう… エッチぃ~」
時折ふうっとか、はあっとかため息を吐きながら、妹はされるがままになっている。
夢中になってモミモミしていたが、ブラの上から触るのもいい加減飽きてきた。
今度は直接触ってみたくなり、ブラの下に手を入れてみる。
AかBカップのブラをずりあげながら、生乳に手のひらをかぶせる。
硬くとがった突起があるが、興奮した妹の乳首なんだろう。
触れた瞬間に妹の全身がビクッと震えた。
それを手のひらでまぶしながら、全体をコネコネまぶすように揉む。
吸い付くような肌の感触と、弾ける様な弾力が素晴らしくて全く飽きが来ない。
ひたすら20~30分は無言で胸を揉んだり捏ねたりし続けていた。
いい加減飽きてきた頃には、妹はすっかり息が荒くなっていた。
女のオッパイを触る事に充分満足した俺、次はもっと知りたいところに触れてみたいと思った。
「香澄、こっちも触っちゃうよ…」
妹はハァハァと荒い息をしながら無言のままだ。
返事がないのでそのまま両脚の付け根の真ん中を人差し指で撫で上げる。
力が抜けてだらんとしていた身体がビクッと反応した。
ビックリして足を閉じてしまったが、すぐに自分から広げ触りやすいようにする妹。
触ってくれという事か…
無言の合図に気を良くした俺は、ジャージのズボンの下、パンツの中に手を突っ込んだ。
この年になればいくらか毛が生えてるんだろうと思ってたが、意外にも無毛に近いあそこ。
ツルツルでもないが、申し訳なさそうにしか生えてはいない。
そして、その土手の部分を通り越してさらに奥へ。
初めて触れるそこは、ドロドロでぬるぬるの熱い沼地だった。
エロマンガで勉強した知識をフル動員して、感じさせようとまだ見ぬ部分を責める俺。
割れ目に沿って指を上から下に何度も往復。
てっぺんの小さなポッチを指で挟んでクリクリすると、妹の身体が大きく震える。
気持ち良過ぎるのか、妹は俺の責めから逃げようとお尻を後退させてくる。
ちょうどお尻の谷間がチ○コを挟む位置なのに、グリグリ押し付けてくる事になっている。
妹からの中途半端な刺激がもどかしい。
あそこをいじればいじるほど、自分に返ってくる中途半端な刺激には参る。
もう少し勉強したいところだが、高まる欲情がそれを許さない。
たまらず、もたれかかってる妹の身体を横に押し倒して自分も寝そべった。
「もうたまらなくなってきちゃったよ。脱がすね…」
「うん…」
パンツと一緒にジャージをずり下げると、可愛らしいツルンとした小さなお尻が現れた。

そのお尻の谷間の間に俺のカチンカチンの太棒を割り込ませる。
すべすべの両腿の間に挟まれてすごく気持ちが良かった。
「このまま太腿で挟んでてくれ」
妹の後頭が無言でうなずいたので、太腿に向かってピストン開始。
すべすべの肌にこすれる感触が心地よい。
「くう~っ!これ、最高っ!香澄も気持ちいいか?」
「うんっ、私の大事な所に当たって…、感じちゃう…」
寝そべったまま小柄な妹の上半身に抱きつき、ペタペタと小さな白いお尻に腰を打ち付ける。
妹も積極的に自分の感じる部分にあたるよう、微妙に角度を変えたりしてる。
おかげでヌルヌルした女の子の肉の部分に全体が挟まれる格好に。
始めはスベスベしていて気持ち良いと思ってた感触が、ヌルヌルしている感触に変化。
小さなお尻から見え隠れしている野太いチ○コをそっと覗いてみる。
と、妹から分泌された液体が全体にまとわり付いていて、濡れた鉄みたいに光っていた。
「香澄、そろそろ入れたくなってきた。俺の初めてもらってくれる?」
「本当に初めてだったの?」
「面目ない…」
「じゃあ、今日は特別な日だから付けなくてもいいよ」
「つけなくてもって…、妊娠したらまずいだろ」
「多分大丈夫だよ。1回ぐらいじゃ妊娠しないって」
「そ、そう?」
生でセックスした方が気持ちがいいって聞くし、妹も妙に自信たっぷりに妊娠しないって言うし。
お言葉に甘えてコンドームも付けずに入れさせてもらうことにした。
取り合えずいまいち構造が判んないから見てみることに。
挟んでもらってる所の谷間をグイっと押し広げて覗き込む。
「キャッ!変態っ!いきなり何すんの?」
「だって、どうなってるか分かんないんだから、取り合えず見せてくれよ」
「も~う…」
仕方ないなって感じでブツブツ言いながら、それでも前屈みになって見やすい体勢になってくれる妹。
初体験の相手にもなってくれるし、こんな事にも協力してくれるし、ホント感謝!
後ろから見ると、マンコも肛門も全部丸見え。
お~、こうなってるんだ~
変態兄貴のイタズラで濡れ濡れになってしまっている未成熟なあそこ。
パイパンに近いそこは、清潔そうでちっとも嫌な感じではなかった。
トロットロになってる小さな穴あたりにパンパンになってる亀頭を押し当てる。
すぐにでも入ってしまいそうな気もするが、ここは濡らしておかないとと思ってワレメになぞった。
これがまた意外と気持ちいい。
ヌルヌルの液体が亀頭にまとわり付いて滑りが良くなり、花びらが両方から包んでくれる。
こんなんで気持ち良いんだから、入れたらもっと気持ちいいのか?
挿入の期待に胸を躍らせながら妹の股間で遊んでいると、妹が甘えた声で囁いた。
「もう焦らさないでよ。入れて…」
今までずっと、されるままになっていた妹が始めて自分から誘ってきた。
これまで女の子の身体への好奇心から、ひたすら触りまくってた。
妹からしてみれば、止めを刺されないままずっと愛撫されていたのに等しかったはず。
いい加減焦らされ続けて我慢が出来なくなったんだろう。
このあそこの濡れ具合を見れば、経験のない俺だってそれぐらいはわかる。
あんまり自分ばっかり楽しんでても妹に悪いな…
名残惜しかったが挿入を決意。
ここら辺りでいいんだろうか?
先端を押し当ててみるんだが、亀頭におま○こが完全に隠れてしまっててよく分からない。
そのまま押し込んでいっても滑ってしまいそうなので片手を添える。
もう片方で妹の腰を固定させて、ゆっくり勃起を突入させていった。
「う、うああ…」
「お、大きい… こんなに大きいのが入ってきたら広がっちゃうよ~」
難なく挿入先にぬぷんと呑み込まれた亀頭がそのまま奥に入っていく。
見るからに小さな妹のあそこに野太い俺のチ○コが押し込まれていくんだ。
徐々に根元の方まで広がっていく熱いヌルヌル感とキツイ締め付けが初セックスの実感を呼び起こす。
「お、お兄ちゃんの大き過ぎる… へんな所まで入ってきた…」
妹の身体には、俺のはサイズ的に無理があるんだろう。
根元まで入りきらずに奥がつかえる感じがした。
「うう~、カンドー!これが女の子の中かぁ!」
ただ入れてるだけなのに、チ○コをウネウネとうごめきながら刺激を与えてくる。
妹が言うように、きっと今まで入ってきた事のない奥地まで侵入したからだろうか…。
膣内が俺のチ○コを排除しようとするかのようなうごめきがまたイイッ!
元々狭すぎる膣内と強い締め付けもあいまって、もうこの時点で射精寸前だった。
ぐっ… じっとしてたら出てしまう…
こんな膣奥で射精してしまったら一発で妊娠させてしまう。
取り合えず一回抜いて落ち着こうと思ってゆっくりと抜こうとした。
ゾゾゾッとカリが壁をこする快感に耐えながら抜いていくと、妹が驚いた声を発する。
「えっ、何? そんな…」
目の前の華奢な上半身をビクビクさせて妹が痙攣しだす。
「うそっ、いっちゃ、いっちゃうううう~!」
妹の身体が急に強張り、予想外の絶頂の反応をしだした。

膣内もそれにあわせてギチギチに締め付けてくるし、体勢も悪いから抜くに抜けない。
「俺もヤバイっ!出ちまうよ!」
危険を感じて叫び声を上げるが、絶頂中の妹には届かない。
それどころか、ますます膣内が締まってきて俺の臨界点を突破させようとしてくる。
焦って引き抜こうともがいてるうちに、我慢の限界が来てしまった。
すごい勢いで尿道を駆け上ってくる一億以上の精子達。
努力もむなしく実の妹の結構深い所に、赤ちゃんの素を打ち放ってしまった。
香澄とのエッチのために禁欲してきたから、射精がなかなか止まらない。
それにしても、生ハメ中出しって何て気持ちがいいんだ…
ようやく射精のおさまったチ○コを、まだピクピク収縮を繰り返す妹の膣内にヌコヌコしてみる。
妹のお尻の谷間から出入りをしている凶暴な自分のチ○コを見ながら感慨に耽ってしまう。
生で中出しの最高の快感を、実の妹と一緒に味わってしまった。
全てが終わった俺は、ちょっと大人になった気がしていた。

「私、エッチしてイッちゃったのって初めてなんだよね…」
全身の痙攣がおさまった妹が俺に向かって告白する。
「しかもこんなに早く…」
俺が中出ししたことにはあまり気になってない様子だ。
初めての生エッチと中出しの快感の余韻に浸ってる俺は、ボーっとそんな妹の声を聞いていた。
そんな時にいきなり部屋のドアが開いた!
「ただいま~。あれ?あんたたち、もう帰ってたの?」
ビックリして振り返ると両親がデートから帰って来たところだった。
良かった!テレビをつけておいて…
俺は寝転んでテレビを見ていたところって事に決め込む。
見ると妹はわざとらしく寝た振りしている。
「俺たち急に相手にドタキャンくらってさ~ やる事ないからテレビ見てた」
「へ~ 寂しいね~ お母さんたちは疲れちゃったからもう寝るからね」
「俺も番組が終わったら、こいつ起こして寝るから」
取り合えずバレてない事にホッとする俺。
少し気持ちが落ち着いたところで、まだチ○コが妹の中に入ったままになってる事に気が付いた。
さすがにビックリしたせいもあって、すっかり縮んでしまっていたんだが…。
すぐに寝室に向かった親父とは反対に、なかなか去ってくれない母さん。
変に身動きするわけにもいないので、そのままの体勢でじっとしていたんだが…。
この状況に変に興奮してしまって、わからず屋の俺のチ○コがムクムクと大きくなりだした。
おさまれ、おさまれと言い聞かせても逆にどんどん大きくなってくる。
それに気付いた妹が、チ○コを抜こうと寝返りを打つ振りをする。
でも抜けない。

もともと自由の効かないコタツの中でしてたから、逆にチ○コに余計な刺激を与えてしまう結果に。
完全に元気を取り戻してしまった勃起が、妹の中でビクンビクンと脈打ってしまっている。
母さんはというと、向こうを向きながら洗い物を始め出してしまった。
これはしばらく出て行かないぞ…
そんな困っている俺に新たな考えが浮かんでくる。
もう一回ヤッちゃう?
幸い洗い物の水音で、こちら側の音は聞こえにくいはず。
それに禁欲から解放された俺は、まだまだやり足りずムラムラしてきていた。
再びセックスをする事に決めた俺は、母さんの背中を見ながらそっと抜き差しを始める。
ビクッとする妹の体。
まさかこんな状況ではじめるとは思ってなかったんだろう。
止めさせようと手で腰を押し返そうとするが、体勢が悪いから力が入っていない。
妹の抵抗を気にせずゆっくり出し入れしていると、妹は諦めたのか手を引っ込めた。
自分の産んだ子供たちが、真後ろでセックスしていると知ったら母さんは驚くんだろうな。
いけない事をしている興奮で、ますますギンギンになってくる。
きっと妹も同じ気持ちなんだろう。
妹の心臓がバクバクしてるのがチ○コから伝わってくる。
兄妹でセックスしてるなんてことが親にばれたらとんでもない事になるのは当たり前だ。
なのに気持ちが良くて止めようにも止める事ができない。
俺も妹も超ドキドキでこの状況の中、セックスを続けた。
母さんに気付かれないようにゆっくりとしか動けない。
ちょっとでもガタンと音でもしたら変に思うだろう。
コタツで横になりながらテレビを見ている振りをして、ゆ~っくり妹の中に出し入れする。
うはあ~、このもどかしい感じが逆にいいかも…
ゆっくりピストンする事で膣内のウネウネする感触がよく分かる。
それに、焦らされたような感じなので勝手に血液が集中して、今ではものすごい硬さになってしまってる。
入り口の締め付けてる所と俺の幹の部分の血管が、ゴリゴリ音を立てながら摩擦を繰り返してる。
激しくピストン出来ない代わりに、根元から先端までの長いストロークで抜き差し。
さっき一回出してるから、今回は長持ちした。
その代わり妹の方は大変だったろう。
激しい抽送で止めを刺されたいんだろうにそれが出来ない。
その後、母さんが寝室に向かうまでの30分の間に、妹の膣内が5回も激しく収縮をした。
「もう私我慢できない!」
兄妹以外、部屋に誰もいないことを確認した妹は、一度コタツから出た後騎乗位で跨った。

もちろん声を出すことは控えたが、荒い息を吐きながら自分の好きなように腰を振る。
「お兄ちゃんのオチン○ンがこんなに気持ちがいいなんて。ズルイよ…」
俺の恥骨にクリトリスをグリグリこすりつけながら、恨めしそうに俺を見る妹。
おりてきた子宮で兄の亀頭の先を押し付けながら、ヒソヒソ声でささやく。
「イッた事なんてなかったのに… こんなに何回もイカされておかしくなっちゃうよ~」
「やっぱり兄妹だから体の相性がいいんだよ」
「もう香澄さんの代わりなんて出来ない… 私のお腹の中に熱いの出してよ…」
妹が自分で膣内をキュッと引き締めて、俺のチ○コを射精させようと追い込みをかけてくる。
「きゃんっ… 力入れたら自分まで気持ち良くなっちゃう。どうしよう…」
「そのまま締め付けててくれよ。もうすぐ出るからさ… いっぱい中に射精するぞ…」
「うん、頑張る… でも、またイッちゃいそうだよ…」
妹の激しい肉奉仕でどんどん射精感の高まった俺のチ○コは、妹の6回目の痙攣と同時に発射。
2発目とは思えないほどドクンドクンと脈打っている。
「ああ… お兄ちゃんの熱いのが私の中に入ってくるっ!」
膣奥に俺の射精を感じた妹が、感極まって大きな叫び声を上げた。
急に大きな声を出すから焦る焦る。
両親に気付かれたら大変だよ!
「おっ、おいっ!親父たちに聞こえちゃうだろっ!」
「だって… だってぇ~!」
兄の熱い射精を受け止めながら、妹がビクッビクッと全身を痙攣させながら硬直した。
バレやしないかと、ものすごくドキドキしながらも射精は止まらない。
ビクビクと腕の中で痙攣する妹の身体の中から溢れてくるほどの、大量の精液を打ち込んでしまった。

幸い両親が部屋に飛び込んでくる事もなく、俺たち兄妹の近親相姦がばれる事はなかった。
俺も妹も感じすぎてしまってて動く事が出来なかったから、入って来られたら一発アウトのとこだった。
おかげで射精直後の余韻を、妹のピクピク痙攣している膣内で味わう事ができた。

それぞれの部屋に戻るとき、妹が俺の部屋に来て一言。
「お兄ちゃんさあ、もし香澄さんが浮気してたら私がしばらく相手してあげてもいいよ」
「ホントは俺とのエッチが病みつきになったんじゃないのか?」
そんな訳ないでしょ、と言いながら顔を真っ赤にして妹は出て行った。





PAGE TOP