私とHが出来るの今日だけだよ・・

納得の行かない事が、起こった。うちの親は、超ケチだ。中2で、やっと携帯を許された程なのに、今回、妹は小5で携帯を、与えらた。この事だけでも、カチンって来てた。 更に頭にきたのは、妹の携帯は、サイトが開ける普通の携帯、俺のは、プリカ携帯。親に詰め寄ると、俺は、信用してないって。逆らってもどうしようもないから、ぐっと我慢した。その事が、裏目にでた。両親に、ざまーみろと心で叫んだ。

事が、おこったのは、知り合いの通夜に、両親が出かけた夜。部屋で、テレビを見てたら、コンコンとノックが、お兄ぃ。ちょっと良いかな?
何だよ(ブスッて顔)あのね。頼みがあるの。(モジモジ)
お前、何企んでんだ(疑いの目)
聞かねーから、
何よその言い方お兄ぃ何て、大っ嫌い
部屋を出て行った。何だっつーんだよ。バーカ、嫌いは、知ってるよ。

(はっきり言って、妹とは仲が良くない。理由は、生意気で、チクリ魔で、ヒステリックで、数えれば、きりがない)。
しかし、ちょっと、変な態度だったよな。
だいたいノックなんて、普段はしないしな。
風呂に入る為に、リビングに入ると、何時もリビングのソファーを、占領してる、妹の姿がない。気にも止めず。風呂に入り、体を洗おとしたら、ボテイシャンプーが、切れていた。仕方なく、香織ぃボディシャン、取ってくれよって叫んだ。すると素直に、ちょっと待ってって、脱衣場で、探してる。
すると、先に頭を洗ってなよ。
ああっそうする。カラカラカラ、あっそこに、置いといてくれよ。シヤワーで、アワを流して、振り向くと、お前っ!何してんだ。香織が、ビショビショで、立ってる。
だってさ。置いてたら、ボディシャンこ倒れて、ぼれんじゃん。(たっ確かに、そーうだけど)、もういいよ。濡れたし。背中流したげる。はぁぁ?
言われるがまま。ゴシゴシ。今日のお前、おかしいぞ。そうかな。フフンって、(鼻歌)。
解った、解った。頼みって何だよ。きいてくれるの・解ったよって、湯船に浸かった。

その後に、妹の口から、想像を絶する。セリフを聞く。
あのね。お兄いはもう、Hしたんだよね。ぶっ○△□×、なっお前は、どうなんだよ。
うん。非処女だよいっいつ?去年だよ。去年って?
まさか、太一か!うん。(太一は、同級生だ。あの野郎明日中にころす。嫌、今殺す)お兄ぃ私寒いから入るね。って、服を脱いだ。(おぉぉっと、なかなかの体をしてるな) 私さ、Hってね。あんまり気持ち良くないんだぁ。
えっそうなんだ。まだ痛いんだよね。(まだって事は、現在進行形だから、太一だけじゃないって事か?)
何人経験してる?8人かなぁ。
はっ8人(絶句)
お兄ぃは?何人?俺は…ごっ5人だ。(実は、1人で、成功か失敗かも、微妙。)
少ないね。
うるさい。でっ頼みは、(妹に完敗して、自我を保つ為には、妹の頼みをきいて、威厳を見せるしかない。)
後で、部屋に来て解った。2人は、早々に風呂から、上がり各自部屋に戻った。俺は、凹む気持ちを隠し、香織の部屋に向かった。開口一番、携帯サイトの書き込みを見せられた。香織のタンクトップ&超ミニスカのかっこが、書き込みを読むにつれ、理解出来た。どの書き込みを読んでも、兄と妹の近親相姦の話ばかりだ。
香織は、読んでる俺の反応を観察してる様子だ。
(薄着は、挑発?まさかね。)

でっこれを読むのが、頼みなのか?違うよ。読んで、どう思う?
どうったて、まぁそんな事も、有るかもなって、
じゃあ、同じ事をしようよ・・。
(やっぱ、そうきたか、これだけ、伏線張られたら、馬鹿でも、解るよな、でも違えば、良かったのに)。
悪い、俺のは、
ノーマルだからできねーよ。
がっと手を、引っ張って、ベットに引きずり込もうとする香織を、振り払い。部屋に帰り。頭の中が、グルグルして、パニックだから、早々に寝た。

夜中に、下腹部に快感を感じて、目を覚ますと、薄明かりの中、目に飛び込んで来たのが、女のアソコだった。夢かと思い、指で、割れ目を触ったら。聞き覚えのある声で、あんって、ガバッと起きると香織が、素っ裸で、俺のチンコに 吸い付いていた。ばっ馬鹿、やめろ。(時間を見たら、午前0時だ。騒いだら両親に、バレる。絶対俺が悪くなる)。母さんたちにバレたらヤバイだろ。じゃぁ私の言う通りにして、静かにするから。解った?。
私は、セックスが気持ち良くなれば、いいんだからさ。
渋々、香織の要求に従った。
じゃぁ、お兄ぃ舐めてって、俺の上で仰向け状態で、口にアソコを近づけた。ペロペロ、ジュパジュパ、ズルズル、音だけが、薄暗い部屋に響く。香織の声は、聞こえない。俺の舌テクでは、ダメなのかな?
すると、顔に股がって、ベットの台座に手を置き。
前屈みになり、
声を押し殺してる30分くらい舐めたかな?口のまわりは、ベトベトだった。香織は、四つん這いになって、
お兄ぃ入れて。
俺は、チンコをぐいっと射し込んだ。痛いか?大丈夫だよ。早く動いてぇ初めは、ゆっくり、徐々に速度を上げて、腰を使ったら、香織は、絶叫をあげ、イクゥゥゥゥって、果てた。
俺はヤバイっ両親にバレるって、パジャマをはいて、リビングにそっと、
忍び込んだ。真っ暗だ。両親の部屋を覗くと、誰もいない。部屋に戻り、グッタリしてる香織を問いただすと、両親は、向こうに泊まるとTELがあったらしい。
香織の奴また、騙したんだ
すると、香織は、甘えた声で、
お兄ぃ、まだ、欲しいよって、俺の上で、激しく腰を上下した。
もう、知るか、
仕返しとばかりに香織の奥底に、
大量射精した。

朝、俺の胸で、目覚めた。香織は、熱いディープなキスで俺を目覚ませた。一緒にシヤワーしながら話した。今までの香織の相手は、ちょっとアソコを触ったら、挿入した。昨夜の様に濡れてから、挿入すれば、大丈夫って、結論だった。後、これっきりだと、確認しあったが、登校前に、お兄ぃ、今日は学校休もうよ。
何で?、母さんたち帰るの、明日だよ。だから?
もう、私とHが出来るの、今日だけだよ。うぅん、そう言われればそうだなぁ。じゃっ決まり・って、玄関で、素っ裸になり、鍵とチェーンして、しゃがみ込み、俺のズボンを下げ、フェラ、
玄関で一発、リビングで一発、二発、三発、ヤれるだけやった。

母さんたちの、
帰宅後、もう10日 、香織には、感謝だ。セックスのスキルが上がり、彼女を、喜ばせてる。香織も多分、彼氏と上手くいってるだろう。そんなある日、香織が、両親に映画祭のチケットをプレゼントして、帰ってこない日を、作った。ははぁん
これで、リビングで、際どい話を出来ると思い。
香織っ彼氏とは、上手くセックス出来てるのか(笑)。
うん、3日前まではね。
はっ?、
別れたよ。
何で?まだ痛いか違うよ。だって、お兄ぃのほうが
良いもん。って、股がって来た。
困惑してたら、
お兄ぃ私が、嫌いえっあぁ…まぁな嫌いなの
あっ今は、好きだよ。私も




PAGE TOP