妹の腹の上には凄い量の精子


子供の頃、歳の離れた妹のお願いや、

おねだりは何でも聞いていたので、

妹に凄く慕われていた。

兄妹仲が良いと言うより、

妹がやたら俺に懐いていたという感じ。

もちろん俺も色々と付きまとってくる妹に満更でも無く、

親のお使いなんかでも二人揃って買い物に行ったりしてたので

近所でも評判の兄妹だった。

妹も小学生になり、俺も中学校へ上がり、

俺は思春期に突入して“性”に目覚め、

父親が持っていたエロ本やAVをこっそり拝借する内にオナニーを覚えた。

射精の快感を覚えてからというものは、トイレや自室、

はたまた下校中など、しばらく一人になる時間さえあれば、

チンコを扱いては射精の快感を味わっていた。

ある時、妹の部屋で遊んでいる時にふざけて妹にチンコを触らせて、

そのまま勃起したチンコを扱かせてからというもの、

他人に扱いてもらう快感に溺てしまい、

性のことに全く知識も抵抗もない妹をオナニーに利用するようになるまでに、

そんなに時間は掛からなかった。

家には常に他の家族が居るので週に1~2回、

学校が早く終わる水曜日や土曜日は『内緒の遊び』と称して

服を着たまま抱き合ったり、舌を舐め合うキスをしたり、

チンコを扱いてもらったり咥えてもらったりと、

オナニーを手伝ってもらうようになった。

行為は日に日にエスカレートしていくもので、

射精の快感を味わうより扱く、

咥える、舐める、触る、擦り付ける・・・など、

行為そのものの楽しみも覚えてしまい、とうとう

「セックスってどんな感じなんだろう?」

という好奇心も芽生え、セックスをしてみたくなっていた。

まだ彼女と呼べる相手は居なかったので、標的は妹。

両親は仕事、祖父と祖母は病院と、

珍しく家に妹と長時間二人っきり確定という日が訪れた。

これはチャンスだと妹に「その日はたくさん内緒の遊びをしよう」

と留守番を約束させ、俺は部活をサボって大急ぎで家に帰ることにした。

帰って即行で制服から脱ぎ、安い部屋着に着替え、

チンコを石鹸で洗い流し、心臓バクバクで妹の部屋へ。

「ただいまー」

「兄ちゃんおかえりー」

「今日はたくさんしようなー」

他愛のない話をした後、妹を抱きかかえて俺の部屋へ連れて行く。

普段、妹に扱かせたりするのは両親の部屋かトイレだったが、

自室で行為に及ぶのは“初”だった。

妹を腕から降ろし、部屋を閉めきる。

もうチンコはビンビン。

「じゃあ、服を全部脱いで」

「今からお風呂に入るの?」と、不思議そうに妹。

「違うよー、今から一緒にお昼寝するの。

ほら毛布が気持ちいいでしょ?」

なんとか言いくるめて妹を丸裸にして布団に潜らせる。

お風呂以外で妹の裸を拝むのはこれが初めてだ。

自分もすぐさま服を脱ぎ、妹の待つ布団の中へ。

裸で布団に入るのは初めての事で、

肌触りのいい毛布を使っていたのですごく気持ちが良かった。

早速妹を抱き寄せて、チンコを押し付けつつ抱き締めてみた。

「兄ちゃんたってるよ~(笑)」

「ミキも強く抱きついてみて」

妹に俺の背中に腕を回させ、足も腰へ回してしがみつく様に抱き締めさせた。

ちょっと冷たいけど、スベスベでぷにぷにした妹の身体。

確かに気持ちはいいけれど・・・。

お互い裸で抱き合えば、

セックスを擬似的に感じられるかと試してみたけど、

なんだかずいぶんとあっさりで、

気持ちよさとか想像していたより高揚感が無かった。

抱き合いながらキスして、

舌を舐め合っても服を着ている時とそんなに変わらない。

やっぱり挿入しないと解らないのかなぁと、

内心すこしガッカリしていた。

成長期のチンコと、

小学校低学年のまんことでは物理的にサイズが合わず、

挿入など無理だった。

仮に挿入できたとしても、それはしないと心に誓っていた。

まあ扱かせたり、咥えさせたりする時点で“何を言ってるんだ”

と言われそうだが、妹の将来のことも考えて、

『処女膜を破る』それだけはしないと決めていた。

抱き合うだけでは解らない、

やっぱりチンコに刺激が要るのかなと思い、

エロ本やAVで観たように始めは触ったり舐めたりと順を追ってやったが、

妹に咥えてくれるよう頼んだ。

俺は上半身を布団を出し、下半身を布団を被せた妹に任せた。

「暗い~」

中に明かりが入るように布団の端を持ち上げてトンネルを開ける。

するとチンコが妹の口の感触に包まれる。

咥えてくれた。

お互い裸でフェラというのも初めてのことで、

太ももに触れる妹の肘やふくらはぎの気持ちよさに驚いた。

亀頭を包む口内特有の暖かさと、

カリ首を這う舌の感触もお互い裸だからか普段の快感の倍はあった。

「ミキっ、お口に出し入れしてみて。

手も使って」

妹の口は小さいので、出し入れは亀頭だけ。

竿の部分は手で扱いてもらう。

当時、個人的に最高の快感はこれだった。

まだ「音をなるべく立てて」という段階には至っていなかったので、

ほぼ無音のフェラだったが、ただでさえ気持ちがいい妹の手コキと、

妹の小さな口に出し入れされる自分のチンコ。

その光景だけでもたまらなかった。

ただ今回は違っていて、

下半身に被せた布団が妹の動きに合わせてちょっと上下するだけ。

しかしそれが“この布団の中で裸の妹が俺のを咥えているんだ・・・”

と想像させ、いつものフェラより興奮した。

しばらくは妹の口や舌の動きを思い描きながら、

その快感に神経を集中させる。

たまに歯が当たるものの、

自分でも先走りが出ているのが判るほど気持ちが良かった。

「兄ちゃん、唾出したいー」

口の中に唾液と先走りを溜めたまま、妹が布団の中から声を出す。

「今日は服着てないし、俺の布団だから汚してもいいよ。

そのまま出して、続けて~」

指示された通り、妹は亀頭の先に唾を垂らす。

その唾がチンコの幹部を通り、股、尻まで垂れてくる。

俺は尻まで垂れた唾を救い、竿全体に塗る。

これでチンコ全体がヌルヌル。

程なくして妹は「疲れた」と言って、手と口の動きを止める。

俺は更なる快感を求め、布団の中に手を入れて妹の頭を両手で掴み、

腰を小さく上下させて妹の口に出し入れ。

布団の中なので顔は見えないが、

妹の表情も想像できて興奮度はなお上昇。

(セックスするってこんな感じなのかな?)

という目標を半分は達成した気持ちでいた。

10秒もしない内に妹が苦しみだすので、ピストンは終了。

今度は妹を仰向けになった俺の身体の上に乗せて、

俺が妹のを舐めるように。

その上に布団をかけ、今度は妹が外に顔を出す形。

身長差があり、この時はお互い舐め合う『69』は無理だった。

少々おしッこの匂いがする、

正直臭い妹のまんこだが、清潔不潔よりとにかく舐めたかった。

布団に覆われた暗闇の中、未発達のまんこの形を確かめるように舐め回す。

妹にはたまに腰を揺らしてもらい、

俺はまんこを咥えたまま、その動きを楽しむ。

そうする内にお互いの性器の周りはヌルヌルになっていた。

「ぬるぬるだね~」とか言いながら、

改めて抱き合ってみた。

そのとき全身に衝撃が走った。

“ヌルヌルやばい!”

妹に「股で出来るだけ強くチンコを挟んで」と指示し、

その隙間でチンコを出し入れさせてみる。

今までに味わったことのない挿入感。

(これがセックスの感じなのか!)と一人勝手に舞い上がり、

しばらくは抱き合ったお約束のキスも忘れ、

ゆっくりと一回一回を噛みしめるように素股を楽しむ。

余談だが、当事は『素股』という言葉さえ知らなかった(笑)

AVの映像を思い出し、妹にM字開脚して寝転んで貰う。

すぐにまんこにチンコをあてがう様、

妹に覆いかぶさるが挿入出来るわけもなく妹も痛がる。

(このまま、チンコが入ればセックスになるんだな~)

・・・なんて呑気なことを考えながら、

まんこにチョンチョンと亀頭の先を当てながら、

自分で扱くも自分で扱く以上は、

やはりそこは普段のオナニーと同じで少々残念な気持ちになった。

妹を仰向けのまま、さっきみたいに股に挟んで腰を振って射精したら、

自分の布団とは言えシーツをモロに汚してしまい後始末が面倒になってしまう。

すごいスピードで脳を働かせ、AVで観たようなセックスと、

さっきの素股の感触を楽しめる体位を思いついたので早速実行に移す。

仰向けで寝転ぶ妹に股を閉じてもらい、その状態でまんぐり返し。

いわゆる足を閉じた状態の正常位。

再度妹に覆いかぶさり、

お互いの唾液でヌルヌルのまんこと太ももの隙間にチンコを挿入する。

ニュルっと入り、妹の頭越しに太ももの隙間から亀頭の先が見えた。

これこそ想像に近いセックスの感じ。

初めて味わう衝撃の挿入感に、無我夢中で腰を動かす。

「ミキっ!ミキっ!」

妹の名前を連呼しながら激しく腰を振る。

もう心臓はバックバク。

“タンッタンッ”と腰とお尻がぶつかる音、

“ニュチッ”とたまに聞こえる素股の摩擦音。

「ミキ、口開けて」

口を開けさせると、俺の身体の動きにに合わせて

「ハッハッ」と妹の息遣いが聞こえる。

もう感動や快感、罪悪感、背徳感・・・

様々な気持ちが一気に高まり、

「ごめんミキ、出していい?」と射精感がきた時のいつもの合図をし、

「汚れるから駄目だよ」と、いつものNGを出され、

ギュッと妹を強く抱きしめ射精。

チンコが何度もドクンドクンと脈を打ち、

妹のお腹とまんこ上に精子が飛び出す。

すべて射精し切るまで抱き締め続け、

「ごめん、我慢したけど出ちゃった。ごめんね」

と、頭を撫でながら許してくれるまで妹に謝る。

許しを貰い、妹から離れると、妹の腹の上には凄い量の精子。

それは“作られた精子全部出してるのかな?”と思うほど・・・。

妹にオナニーの手伝いをお願いする時は、

毎回一人でするオナニーの時より5割増か、

それ以上の射精の量だった。

今回は二人の唾液なども混じってるので実際にはそれ以上の量に見えていた。

「ミキ、ありがとう。お母さん達には内緒だよ?内緒~、シーッ」

妹のご機嫌を取りつつ、後始末。

こうして妹との挿入無き擬似セックス一回目は終わった。

ブログランキングに参戦中!この3つポチッとお願いします^^




官能小説ランキング


アダルトブログランキング

PAGE TOP