先生の口が俺のモノを咥えたその瞬間に・・


中学の頃の話。

小学校の頃から毎日のように喧嘩をしていた俺は、

当たり前だが要注意人物として中学に進学した。

入学式の日から、

校長に名前で呼ばれるくらいだから顔と名前は教師には知られていたんだと思う。

そんな俺の担任になったのは、新任理科教師の橋◯真奈美先生だった。

ちなみにバレー部顧問。

特に成績が悪いわけでもなく、

球技音痴でも体育の成績はそんなに悪くなかったが、

ゲームセンターで補導されたり学校休んだり、まぁ色々と素行の問題を抱えていた。

今思えばたいしたことないと思うんだけどね。

ある日、俺が学校をサボって家にいるときにやってきた先生に、

マスをかいているところを見られた。

しかも、そのとき好きだった近所のクラスメートの

みどりの写真でしているところまで見られた。

で、マスを先生は、見て見ぬふりをして・・・。

先生「みどりさんのこと好きなんだね。

みどりさんもあなたのことは好きだと思うよ。

先生も協力するから、告白しちゃえ」

みたいな流れになった。

当然、話半分に聞いてたんだが、みどりと委員とかペアにされるようになった。

しかし、奥手だった俺は告白できずに2学期が終わった。

クリスマスを過ぎた頃、

クリスマスイベントをサボって来なかった俺に、学校へ呼び出しがあった。

生活指導室に呼ばれて、立たされたまま説教。

先生「何でクリスマスに告白しないの!焦れったいわね、みどりさん期待してたよ。

怖気づいててどうするの!」

俺「いやだって、自信ないし・・・」

先生「何の自信がないの?聞かせて」

俺「俺、問題児だし、顔悪いし、スケベだし、いいとこない」

先生「問題児とか顔が問題になるなら元々好かれてないわよ。

女の子だってHなこと考えるし、スケベなのは一緒」

これだけの言葉で、勃起した俺。

先生「若いわね~、それも自信のないこと?」

なんとなく冷たく感じる話し方だった。

俺「あるわけないだろ・・・」

先生「先生もそんなに知ってるわけじゃないけど、十分・・・立派だったよ」

俺「うそだ・・・」

先生「その、夜、思い出して、私も同じことしたし・・・」

先生のしゃべりは、少したどたどしくなった。

俺「うそだ・・・」

疑う俺の手を先生は引っ張り・・・。

先生「本当だよ、だって、目の前のこれと、あなたのしてたの思い出しただけで、濡れてるよ?」

真っ赤になり、目を合わせては逸しながらも、

はっきりとそう言って先生は、

ジャージの中に俺の手を入れて、先生の茂みを触らせた。

慣れてない俺に濡れたところを触らせるために、

先生は穿いてたジャージとパンツをずらしてくれた。

先生の茂みがしっかりと見えていたのを覚えている。

先生「ね、濡れてるでしょ?だから自信持っていいよ?」

もう、あらゆることが、興奮のきっかけだった。

俺は自分でするために、ズボンを脱いで露出させマスをかこうとした。

すると・・・。

先生「我慢できない?仕方ないなぁ」

先生の手が俺のモノに伸びてきて、掴まれた。

正直これだけで発射寸前だった。

先生「硬いし、太いし、剥けてるし、すごいね。

私の知ってる中では一番だよ」

今にして思えば、俺に自信を持たすための嘘だったかもしれないが、

この言葉はすごく嬉しかった。

そして、そのまま先生の口が俺のモノを咥えたその瞬間に、

今まで感じたことがないくらい大量に精子が出たのを感じた。

先生はそれを口で受け、ティッシュに吐き出した。

そして再び、まだ溢れる精子を吸い出すように拭い取ってくれた。

中学生男子がこの状態で収まるわけけもなく、俺のモノは硬さを維持していた。

先生「まだ足りないんだねぇ、でも、ここじゃもうできないなぁ・・・」

時計を見ながら、俺のを指で弄りつつ考え込む先生。

ふっと顔を俺に向け、意地悪そうに笑って、「どうしたい?」と聞いてくる・・・。

この状態で答えることはひとつ。

収まる「セックスしたい」

先生「みどりさんに告白するなら叶えてあげる」

そう言いながら俺のモノを擦る。

もう逆らえなくなった俺は了解した。

そしてもう一度、今度はティッシュに射精してから・・・。

先生「じゃあ、今日宿直だから朝4時に来て。

一番静かな時間だから」

なんとなく有無を言わせぬ感じがあり、後ろ髪を引かれながらも家に帰った。

結局一睡も出来ず、何度もマスをかきながら、

まだ収まらないモノを抱え、暗い道を学校に向かった。

そして、宿直室に行くと・・・。

そこにいたのは、みどりだった。

なんていうか一気に萎む俺の息子。

ありえない展開についていけずに、あたふたしていると小声で先生が話し掛ける。

先生「ほら、告白告白」

正直色々いっぱいしゃべったが頭真っ白で、「俺の彼女になってくれ」と告白した。

この言葉だけは覚えている。

そして、まずいことをいっぱい言ったことも覚えている。

みどりは、真っ赤になって・・・。

みどり「・・・うん、彼女になる・・・でね・・・(感覚的に長い間)、私も、同じぐらいHなこと考えてたから、おあいこだね」

これを聞いて、まずいことが下ネタだったと理解した。

なんとなく居た堪れない空気が流れ、

みどりは「じゃ・・・じゃあ、家に帰るね」と、先生が送っていった。

俺も、なんとなくそのまま自宅に帰った。

この後、先生とすることもなく、初詣の後、俺の家でみどりとした。

というか失敗した。

そして互いにおかしくて笑いあった。

それで気が抜けたのか、次の日の昼間にみどりの家で無事成功した。

その夜、先生から祝いの電話があり、内心、(筒抜けかよ!)と思いながらも、

あの日の約束を迫ると、「私がするとは言ってないし」と逃げられた。

悔しかったし腹も立ったが、口に出たのは、「ありがとう」だった。

記憶の中で美化された先生との思い出でした。

お目汚し失礼しました。


PAGE TOP