抱きしめながらチュー、もうチュー、めちゃめちゃチュー

20後半~30前半、♂、永井大

相手 27、148/?普通、♀、独身彼氏無、長澤奈央×あやや

普通にメール開始。とってもいい娘という感じ。趣味も合うし、ヤリ目にはできない感じだから、お友達プラス でいいかなぁ・・。

すごくお洒落だし、一般的に見たらかなり可愛いと思う。巨乳?
某駅もあーず前で待ち合わせ。小さいから人に埋もれて見えないw

とりあえず個室系飲み屋さんへ。今は彼氏はいないとか、ずっと女子中高で、職場も女ばかりだからなかなか彼氏ができないなど聞きながら、良い雰囲気で楽しく会話。恋人気分。

なややちゃん、会話の端々で漏れのことを好きと思わせる言葉をちりばめてくる。しかし、(こんな良い娘を騙してはいけない・・・)

俺の心の奥に住むナイスガイがこう叫ぶ(ぁぁ、俺っていいやつ
正直に付き合っている人がいることを告白。なややちゃん傷心・・・

「じゃぁ・・スキダケド・・諦める・・」
(スキダケド・・キタコレ!!・・カワエエ・・(;´Д`)

「どうして付き合っている人ががいるの?・・」「わたしいい彼女になるのになぁ・・」「でも彼女さんいるもんね・・」  (スイマセン・・

まだ理性のきいている俺「そろそろ帰ろうか・・」サクッと立つ俺
俺のジャケットの裾をつかむなややちゃん( ゜Д゜)見ると瞳ウルウル・・

理性ぶっとび、振り返って後ろから抱きしめる俺。ムハー!エエ匂い(;´Д`)ハァハァ(アキラメナクテモイイYO!食っちゃっていいすか!?)悪魔タンコンニチワ

抱きしめながらチュー、もうチュー、めちゃめちゃチュー
「んっもう、だめだよぅ・・こんなのっんっ・・」 ・・・モウダメポ

店を出て、「おいで」と手を出すと、俺の指だけをつかむなややちゃん。
無言でLHへ。・・・満員ですか。隣は?・・・その隣は?・・・すべて満員orz

おまえら!セックスなんてしてんじゃねーよ!健全に遊べよ!・・・仕方なく車に移動(飲んでるっつーの) 土曜日なのでどこも満室・・・焦る俺。

その時遠くの方にネオンが「あつたー!(ラッキー!」 希望の御殿へ車を向ける。・・・なんですかここは?心霊スポット?(;´Д`)・・・コワイ、コワスギル・・なんか出てきそうだ・・

でもここしかない!ここしかないんだー! 勇気をふりしぼって突入を試みる。中もコエエ・・・長ーーーーーーーーい廊下。人の気配なし・・。感じるのは霊気のみ・・

キャンタマも縮む思いです・・・。でもサオはギンギンです!部屋に入って開始(そこまでの展開省略)色白っ!肌やわらけぇ~~ハァハァ

でもなややちゃん、なぜか少し反応がニブイ・・・ ぁれ?・・・恐がってる?息づかいは荒くなっている。オマタもヌレヌレ。でもなぜか違和感・・

まぁいいや。では挿入させていただきます(ペコリ
・・・震えているなややちゃん・・・ 顔も歪んでいる ・・・ハッ!?

「も、もしかして初めて?」 「うん・・・」涙目のなややちゃん・・・
【おまえはこのような形でこの娘の操を奪ってしまってよいのか?】

・・ぁぁ神様、お許し下さい・・俺がわるーございました・・・
もうなんていうか、なややちゃんがいい娘なだけに途方もなく罪悪感・・・。

仮眠とって最寄の駅まで送りますた・・。これからも会ってくださいと何度かメールくるが、放流・・ちゃんとした素敵な彼氏に奪ってもらってください。俺は鬼になりきれませんでした・・。

いつからこんな善人になってしまったのだろう・・・
その年齢で処女は貴重ですね・・




PAGE TOP