ドクン、ドクン、と俺の精液が女の口の中で飛び散った


先週の土曜の夜の事。

暇だったんで久々に割り切りをしてきた。

ある出会い系で女を探していたら投稿があまりなかったので、掲示板に書き込んで待つ事に…。

そしたら投稿して5分ぐらいでお口割りのメールが来た。

本当はヤリたかったが待ちきれなかったので即オッケー。

条件は3千円で車内という、破格の安さだった。

車内はあまり好きじゃないが、何より怪しいと思って写メを要求。

以前格安の女と待ち合わせをした時、まるで高見盛の様な女が来た事があるので、格安は少々トラウマだった俺。

写メを見てみると小森純みたいな顔のギャルだったので即出発。

待ち合わせは家から車で20分ほど行った所にあるコンビニ。

そして待ち合わせ場所に着くと、写メで見たままの女がいた。
結構タイプだったので俺は心の中でガッツポーズ。

そして俺はパッシングをした。

割りの時はいつもこのパターン。

現地に着いたらパッシングをして相手の女に合図をして乗せるというのが基本になっているみたい。

業者に引っかかっているのか解らないがあまり気にした事がない。

そして挨拶。

俺「こんばんは~」

女「あっ…!こんばんは」

挨拶も済み、いつも女はパチンコ屋の駐車場の屋上でしているみたいだったので、その駐車場に行く事になった。

俺はこういった場合でも楽しもう主義なんで、結構コミ二ケーションを取る方だった。

駐車場に着くまでに女とは結構打ち解けていた。

到着。

俺「じゃよろしくお願いしま~す」

女「うん」

まず唇を重ね合わせ恋人同士のように抱き合った。

そして胸に手あてオッパイをモミモミ。

程よい所でむしゃぶりつく。

女「んぁ…んん…あぁ…いい…はぁ…はぁ…あん」

そして手を女のアソコに近づけようとした瞬間、

女「下はダメ~」

結構マジな顔で断ってきたので断念した…。

少し疲れていたので、口だけでもいっかなと思いつつ、終わった後車が精子臭くなるのが嫌だったから俺の精子を飲んでもらうようお願いしようと思った。

俺「お願いしてもいい?」

女「ん・・?どうしたいの?」

俺「イッた後、俺の精子飲んでほしいんだけど……ダメかな?」

女はちょっとふてくされながら

「・・・もう、しょうがないな~。じゃあイク時は言ってね」

と言って最後はちょっとニッコリ。

コミュ二ケーションを取った甲斐があった…。

そして女は丁寧に俺のズボンを下ろし、まずは太ももの辺りから玉をしゃくり上げ、アナルまで丁寧にご奉仕してくれた。

ジュポッジュポッ…クチュクチュッ…ジュポッ…。

俺「うぁ…凄い気持ちいいよ…」

女「んっ・・・んっ・・・」

ジュポジュポジュポッ…クチュクチュクチュクチュ…。

女「んっんっんっんっ」

どんどん激しくなってきて俺はついにイキそうになっていた。

俺「あぁっ…あぁっ…そろそろイクよ…う、うわぁぁぁっ」

ドクン、ドクン、ドクン、と俺の精液が女の口の中で飛び散った。

女「ん……ん……ん……」

1分くらいの間、ゆっくりと優しく俺のモノを掃除してくれた。

ありがとうとティッシュで女の口を拭く俺。

女「どうだった?気持ちよかった?」

俺「凄いよかったよ…ありがと…」

そして、

女「私も気持ちよかったよ」

と言った。

そして帰り際に3千円を渡し、女は

「ありがと楽しかったよ」

と言って笑顔で軽くキスをしてバイバイした。

それにしても3千円でこれほど良い思いをして、今日は最高の1日だったなぁと思い帰る事に…。

帰っている途中、何だか車の中が精子臭いなと思ったが、いっぱい出したからかなとあまり気にせずその日は帰って就寝。

そして次の日の朝、出かけようと車のドアを開けた瞬間

「何じゃこりゃ~!?」

助手席、そしてダッシュボードから大量の白い物が滲み、さらに白い粉のようなものが吹いていた。

何だこれは…と思い、匂いを嗅いでみると完全に精子の臭い…。

その精子があの女のものだったのか俺のものだったのか今だ不明。


PAGE TOP