あまりにフェラチオが上手いのでそれからセフレの関係にwwww


熟専の出会い系で知り合い、メル友になった

人妻と2ヶ月メールした末に、ようやくリアルに出会う事ができた。

その40代の人妻は自分の住んでいる街だと

人目につくから嫌だというので、

隣県までドライブすることに。

駅前のロータリーで待ち合わせをし、

車を止めて待っていると

大き目のサングラスをかけた、

ティーシャツ越しにわかるほどの

巨乳の熟れた熟女が周囲をしきりに気にしていた。

あのおばさんに違いない!と

すぐに電話をかけると、相手も気づいたらしく

すぐに車に乗り込んできた。
「思っていたより全然かわいい!!」

正直そう思ったが何故か凄くお酒臭いw

あえてそのことに触れず、車を走らせていると、

いきなり股間に手が伸びてきた

俺:えっ!?ちょっと

女:いいでしょ?したいんでしょ?

俺:えっ?

そのとき、メンヘラおばさんか?って

ちょっと心配になったけど、

巨乳で痴女なおばさんとのセックスする事を

考えるとすげえ興奮してきたw

それで山道に差し掛かると、

チャックから息子だけを取り出し

しごかれていた。

我慢できなくなった俺は、

山道のわき道に車を止め人妻に襲い掛かった。

口付けを交わし、(やっぱりお酒臭い)

一気に胸を揉みまくる。

「ダメ!」

とは言いながらも、一切の抵抗がない。

下着越しにあそこに手をやると、

クロッチはすでにぐっしょり湿って

パンツ越しからでもわかるほど凄いまんこ汁で濡れている。

下着を脱がし、ぐっしょりとなったあそこに指をいれ、

中をかき回してやると、すぐに潮を吹いた。

↑(車の中)

「感度はすごくいいようだ」

今度は変わりに舐めてもらおうと、

息子を口元にもっていくと

いきなりバタバタと車のドアを開けだした。

その時、

人妻「うえぇ」

まさかのゲロ

今からセックスをしようとしているのに、

目の前で信じられない事が起きた

人妻「ごめん!朝からちょっと飲みすぎて。

でも、もう大丈夫!」

俺「俺が大丈夫じゃねぇ~よ!」

さすがに目の前でゲロを吐かれて

完全に萎えてしまった俺の息子

その場は一時中断し、

ホテルへと場所を移した。

その後しっかりとハメた訳だが、

心なしかキスは酸っぱかったが、

想像した通り凄くエロかった。

熟れた四十路熟女の体を貪り、

やや垂れ気味のおっぱいも完熟状態で、超柔らかい。

ゴム無しでもいいよ?って言われたけど、

そこは俺の危険信号がピコンピコンと鳴っていのたで、

いや、コンドームつけると、しっかりと装着してハメてやった。

さすがに出会い系で知り合った人妻で

泥酔状態での初対面。

これは中出しすると危険だなって思ったww

その日はフェラチオで口内射精一回に、

挿入して一回やった。

エロいけどヤバそうな熟女だったので

一回きりでヤリ捨てしようと思ったけど、

あまりにフェラチオが上手いので、

それかセフレの関係に。

情事が終わった後は、

毎回数枚の万札を手渡しているw

割り切った関係でいようねっていう事で

こういう痴女なおばさんとのタダマン程怖いものないw

ブログランキングに参戦中!この3つポチッとお願いします^^




官能小説ランキング


アダルトブログランキング

PAGE TOP