マニアックな掲示板で知り合ったエロい変態女


20歳の時に、19歳の変態女と知り合った。

このエロい変態女とは

とあるマニアックな掲示板で知り合った。

相手は身長160体重60~70付近のデブ

胸はHカップの超爆乳

そして、私もかなりの変態で

超爆乳の結ぶたをこの豚をいかに料理し

壊してやろうか真剣に考えました

そこでまず相手に会うときは剃毛し、パイパンにし

ノーパンで来るように命令しました

女は了承し尚且つ興奮していました

私も興奮しました

その日三回抜いたのは言うまでもありません

そして待ち合わせ当日来たのは

顔は悪くない感じのデブが来ました

場所は鶯谷
行ったことがある人なら解ると思いますが

ホテル街風俗街と言われますが

子供や普通の学生さんも結構居ます

駅から近くの公園に向かう間に急な階段があります

そこでスカートを託しあげさせて降りました

その間に一人の学生が

「うわ!」と声をだしまじまじと見ていました

そして着いた公園でパイパンにしてるかチェックです

事前にやってなかったら

お仕置きすると言っておいたのでちゃんとしていました

予想外にまん臭は無く毛も

薄かったので綺麗になっていました

私がマンスジをなぞると

ビックリするほど濡れていました

そこで事前に用意していた

アナルパールを取り出し

軽くローションを付けてから挿入しました

相手はビックリしたが抵抗なく入り且つ感じてました

私は持ってきた中に浣腸機があることに喜びました

そして公園を後にし近くのコンビニへ

そこでジュースと軽食を買いホテルのフリータイムで入ります

まずは着くなりその濡れきった

パイパンマンコを触りながら相手が

今までどんな相手とやってきたのか聞きました

経験人数は4人 ノーマルしかした事がない 

今凄い興奮してる 縛って欲しいなど

息を切らしながら答えこの質問の間に

潮吹きながら2回いってました

そこで私は考えました

どうしたら漫画みたいな

雌豚に出来るか

私は悩みました

そして出た結論が焦らしです

まずはアナルパールを抜き

3回浣腸をして完全にお湯しか出ないのを確認してからベッドへ

そこでベッドの頭を上げまんぐり返しの状態で

ビニールテープで簡易的に縛りアナルと

マンコにバイブを入れ俺のチンコをしゃぶらせました

まるでボンレスハムかチャーシューなのか

解らない物体は私のチンコを必死にしゃぶりました

私も今自分が何をしてるのか

解らなくなって来てけつを叩きながら

前後のバイブを激しく出し入れしました

相手はその時おしっこを出しながら激しくいきました

勿論そんな体制です

私にもそのチャーシューの尿が掛かりました

私は激怒した!

相手の体制を元に戻し言いました

「主人に小便掛けるとは良い度胸だな?」

女は言いました

「ごめんなさい!ごめんなさい!

もうしませんから!

ご主人様が許しが無い限りしませんから許して下さい!」

私はこう返しました

「ダメだ!罰として今日は

俺のは入れてやらない

これでも入れて勝手に感じてろクソ豚!」

女はこう返しました

「お願いします

なんでもしますから私を犯して下さい

もうおかしいの!さっきから何も考えられないの!」

そこで私は言いました

「なら俺の小便飲んで一生尽くすなら入れてやる」

正直無理だと思いましたしかし彼女は

「はい!飲みます!飲ませて下さい」

私のはフル勃起で出るわけありません

私は焦りました

しかし変態の私にも良心はあります

そこで私は

「そこまで言うなら入れてやる!

だが俺の許可無くいったらその時点で俺は帰るからな」

女は喜んで股をこれでもかと開き私の挿入を待ちました

そして挿入しました

変態同士のセックスです

当然生挿入

私は正常位で腰を振りました

しかし相手が興奮して感じてるのが

何故かしゃくに障りビンタしたり口を手で塞いで犯しました

そして絶頂の時が来ました

私は相手の許可もなく中に出しました

途中叫び声を上げながらはらましてなど叫んで居ました

しかし子供の事となると私は冷静でした

事前に風俗嬢の知り合いからアフターピルを貰って居ました

女は痙攣しながらいっていたのが

面白く何度もマンコを叩きました

女は痛みで更にいきました

その後私の汚れたチンコをしゃぶりながらこう言いました

「もっと…もっと私を壊して」

私は興奮しました

更にアナルを犯しました

その後少しの休憩を挟み談笑しました

「ごめんねやり過ぎちゃったかな?」

「ううん…凄い気持ち良かった」

「そっかなら良かった」

「もう離れられないよ…」

「え?あはは…ちょっとトイレ行ってくるね」

「あっ!待って」

「え?どしたの?」

「私に…飲ませて下さい」

私は正直動揺しました

しかし相手がわくわくしながら

ソファーの前に座り私の前で口を開き待っています

口に入れて出しました

女はそれをごくごくと飲みます

出し終わると女はこう言いました

「ドキドキしちゃった…えへへ」

内心可愛いと思うのと

同時にもっと壊したくなりました

その後また浣腸をしたたままアナルを犯し

栓をしてマンコを犯したりしました

時計を見ると3時でした

女は必死に私のチンコにしゃぶり付き必死に

「お願いだから私を飼って下さい」

と言ってました

まだ若かった私も流石に10時から

15時までぶっ続けだったので疲れて居ました

私は無視して頭を抑えてしゃぶらせてました

その日はそれでプレイは終わり本アドを交換して帰ろうと思いました

アフターピルを嫌がったので

無理矢理飲ませて帰りました

その後彼女とは予定が合わずそのまま会わなくなりました

そして月日がたち私はその後女性と縁がない生活を送っています

そんな中数日前風俗嬢をしている

知り合いから合コンの話がありました

予定も空いていて私も向かうことに

そしてお店に付くと女性陣は先に着いていました

合コンとは嘘で彼女が居ない私へ

彼女が企画した食事会で男は私一人しか居ませんでした

一人はキャバクラ嬢二人は風俗嬢更に二人はAV嬢でした

夜のお仕事大集合で正直私は押されて居ました

彼女達は

「え?モテないって割りに悪くないじゃない?」

「うん、爽やかだしジャニーズに居そう」

「何歳ですか?仕事はなにされてるんですか?」

しかし私は一人の風俗嬢の人が

もの凄い気になって仕方がなかった

何故なら以前SMプレイをした

ボンレスハムに凄い似ていたからです

そして気になり彼女にききました

「以前どこかでお逢いした事ありますか?」

「え?あの…多分…」

私は完全に思い出しました

しかしかなり痩せていて以前とは

全くの別人ってかんじでビックリしてました

そこで彼女が「後で少し良いですか?」

私は「はい」と答えました

その後食事会は終わり他の女性陣は

空気を呼んだのか飲みに行くと行って違う店に繰り出しました

私が彼女に

「久しぶりだね…もう5年位かな?」

「そうですね」

さっきとは雰囲気が

違い明らかにちょっと不機嫌でした

「ごめん…」条件反射で言ってました

彼女は不機嫌そうにこう言いました

「なんであの後会ってくれなかったんですか?」

私は正直に答えました

同時期に母が病気をしていて

病院通いだった事や家事なども

しなければいけなかった事や仕事の事等々

彼女は黙って聞きました

彼女はこう返しました

「あなたとしてからあなたを忘れられないし

あれ以来ほとんどイケないんです

どーしてくれるんですか?」

「え?あの…」

「責任とって下さい!

取り出し今の携帯の番号とメアド教えて下さい!」

「ちょっと待ってあの…」

「早く!」

「はい…」

 その後彼女と一回会いまた

燃え上がり色々な事をしてしまいました

それが今から1ヵ月前の話です

そして今日までストーカー紛いな事をされていて

家に帰ると家の前で待ってたり

毎日平均20回の電話と60通のメールが来てます

そして今日私は諦めて彼女に告白しに行こうと思います

正直もう逃げられない

これが変態の淫乱雌豚彼女との出会いと再開です

またこの雌豚をお仕置きしてやらないといけない


PAGE TOP