私の精気を全て吸い取るがごとくヒダが絡み付いてくる


恥ずかしながら40まで一人身、

おまけに素人童貞の私。

結婚しないのもこのせいなのである。

下の処理はもっぱらソープで済ませているのに

いつも満たされた感じはない。

いっそ死んでしまいたいと思う今日この頃でした。

そんなある休日いつものように出会い系サイトを当たっていると

熱心に返信してくる人がいる。

どうせ最後は話を濁してチャンチャンがいつものパターンだと思いながら

適当に返信していると、時間と場所を具体的に指定してきた。

オヤッと思いながらしばらく返信しないでいると、同じ内容で再送してくる。

まあ、騙されたと思いながらしぶしぶと指定場所に行くと、

怪しい男しかいないので帰ろうとすると、

「Sさん?ですよね」

とハスキーな声に振り向くと

歳は34~37位のものすごい美人である。

「きてくれたのね!よかった」

「あの~、どこかで会った事ありませんか?」

「ここじゃナンだし、場所変えましょ」

と私の手を引き、

近くのカラオケボックスに連れて行かれた。

この時点ではまだ疑心暗疑である。

こわいお兄さんが出てくるんじゃないかと・・・・。

それほどの美人なのだ。

ボックスに入って少し話をしてみると

どうやらそうではないよう・・・。

あまりの美人に私はまともに見る事ができず・・・・。

「そんなに緊張しないで。私も緊張しちゃうわ。ほら!」

と言いながら私の手を豊満な胸に導かれると

確かにドキドキしている。

意を決し、

「すいません。俺この歳まで素人童貞なんです。でもこんな美人が俺の相手なんかしてくれる訳ないし、胸さわれただけでも幸せです」

そのまま私は泣き崩れてしまった。

そんな私を彼女はやさしく胸で抱きしめてくれて

「いいのよ泣かなくて。さあ、行きましょ」

と俺の手を取りボックスをでると、

そのままホテル街に。

どうやってホテルに入ったから覚えてないが、

気がつくと私は彼女とお風呂に入っていた。

裸の彼女はスタイル抜群で私の息子はギンギンになっている。

「ねえ、なにかして欲しい事ある?」

と聞かれ思わず

「フェラお願いします」

と言うと黙ってにっこり笑ってパクッと始めてくれた。

時々上目遣いに俺を見ながら

抜群のテクに俺はすぐにイキそうになり、

「もうでちゃうよ」

「いいのよ。お口にたっぷりね」

あまりの気持ちよさに気絶しそうになりながら

お口に大量の発射!

彼女に口の中で息子が何度も脈打つほどの発射だった。

彼女は一滴残らずゴックンと飲み込んでくれ、

にっこり笑って

「元気ね~。これなら次も大丈夫ね」

と言いながら再びジュボジュボと息子を咥えてまた硬くしてくれた。

その後、ベットで女性器の攻め方、

指マンの仕方などの前戯の仕方をやさしく教えてくれ、

いよいよ挿入となった時

「初めての人につけちゃかわいそうね。そのままいいわ、来て」

とナマでの挿入を促してくれ、

息子を手に取り、彼女のホールへと導いてくれた。

彼女の中はとても暖かく、

なにかいつもと感じが違う感じだった。

そう、息子を両脇からなにかがぬめっとまとわりついてくるのである。

「最初はゆっくりね。ああ、そう上手よ」

言われるままに腰を振ると段々と

息子にまとわりつくヒダみたいな物が

生き物のようにまとわりついてくる。

オナニーの百、いや千倍の気持ちよさにいつしか絶頂に達し、

そのまま、中に大量の発射!

その瞬間、まるで私の精気を全て吸い取るがごとくヒダが絡み付いてくる。

あまりの気持ちよさに、

恥ずかしい声を出しながら

彼女の豊満な胸にダウンしてしまった。

「うれしいわ。気持ちよかったのね。私もよ」

そういいながらやさしく唇を重ね、激しいデイープキス。

これまたこんな気持ちいいキスは始めてで見る見る息子は復活。

年甲斐もなく、その後彼女の中に3回もイってしまった。

別れ際「また会えますか」と聞くと

「それはあなた次第ね。立派な男性になってね。自信持っていいのよ」

そういいながら彼女は人ごみに消えていった。

後姿はまるで天使のように見えたのは気のせいか?

その後、不思議に女性との交わりが増え、

その度に満足できてはいない。

もう一生あのような交わりは体験できないであろう。

彼女に合掌!

ブログランキングに参戦中!この3つポチッとお願いします^^




官能小説ランキング


アダルトブログランキング

PAGE TOP