忘れられないトラウマになった処女喪失体験


JC時代に、知らないおじさんに

騙されて悪戯されてしまいました

あれは町で中年のおじさんにアンケートに

応えてほしいと言われ引き受けました。

10分ほどで済むと言われてホテルまでついていきました。

部屋に入るとカメラマンのおじさんもおり、

ソファに座るよう言われました。

おじさんが隣に座ってインタビューが始まります。

「お名前は?」

「松本ゆいです。」

「今日の下着の色は?」

「白です。」

「見せてほしいな」

「えっ?」

驚きました。
「ダメ?」

「ダメ…、です。」

「いいじゃん少しだけ。」

「えっ?」

制止するより素早く、おじさんが

制服のブラウスのボタンを外して前を開けました。

真っ白いレースのブラが丸見えになりました。

「可愛いブラジャーだね。」

おじさんがブラジャーの上から胸を揉みはじめました。

「やっ!ダメッ」

「そんなこと言っても乳首立ってるよ、ゆいちゃん」

「あっ…ああっ」

ブラを下ろされ丸見えになった乳首を指で撫で、

変質者のおじさんがクチュッと舐めてきました。

そのまま舌で乳首を転がされて快感に酔いしれていると、

両手で胸を揉みながらおじさんが唇をふさいできました。

「あっ…あっ、ああっ」

いけないと思いながら舌を絡ませ合いなが

らクチュクチュとした音を響かせました。

スカートをまくりあげられ、

おじさんが股関に顔をうずめて

あそこをパンツの上から舐めてきました。

「あっ…ああっ、あんっ」

身体が熱くなり身悶えました。

パンツをずらしておじさんの舌があそこに侵入してきました。

「ひゃあんっ!ああんっ、やだっ」

腰をくねらせて抵抗しましたが、

身体に沸き起こる逆らいがたい快感に

自然に声が上がってしまいます。

おじさんが身体を起こして

私の腰をがっちり掴みました。

「やっ!やめてっ、ダメッ!」

カメラが回っているのに!

抵抗も虚しくおじさんが勃起した

ペニスをグイッと入れてきました。

「んっあっんっ」

そのままねっとりと口付けられ、

舌を絡ませました。

「あっ…あんっ、あんっ」

乳首をこねくり回されグイグイ突き上げられました。

片手を捕まれ身体をひねられ、

カメラにおっぱいが丸写しな

アングルで激しく突き上げられました。

「あんっ、あんっ、あんっ」

泣きそうな顔で犯され、

つながったままベッドに連れていかれました。

「ゆいちゃん…気持ち良い?」

「あんっあ、あ、気持ち良いですっ」

グチュッグチュッと犯され、

喘いでいると、顔の側にペニスを突き付けられました。

カメラマンのおじさんが

私の口元にペニスを突き付けていたんです。

カメラマンのペニスを口に含み舐めると、

カメラマンのおじさんは腰をぐいぐい揺らしてきました。

上と下、両方から攻められて苦しくて口を離そうとしましたが、

おじさんは私の頭を掴んで許してくれません。

「ああっ」

口の中に放たれた精子を飲み込むと、

休む間もなく身体を繋げたままの

おじさんが私を抱き締めて唇を重ねてきました。

突き上げが激しくなり、

私は涙を流して喘ぎました。

「あっあんっひゃあっ!!」

おじさんが果ててペニスを引き抜くと、

身体をうつぶせにされ、

今度はカメラマンのおじさんがペニスを入れてきました。

「あんっ!あんっ!」

そのまま身体を起こされ後ろからおっぱいをまさぐられ、

身体をぞくぞくさせながら喘いでいると、

前からおじさんが乳首に

舌を絡ませて吸い付いてきました。

「あんっ!あぁんっ!」

設置されたカメラの前で

二人のおじさんに何度も犯され、

解放されたのは二時間後でした。

私の忘れられないトラウマになった

処女喪失体験です


PAGE TOP