口では私の事嫌がってたのに興奮してるんですか?


大学2年の春の時の話です。

私は関東地方にある大学の体育会のサッカー部に所属しており、

関東リーグやインカレ、

大学選手権などにちょこちょこと出る選手でした。

大学にはサッカー推薦で入りましたが、

特待生で入ったわけではないので

学費や生活費がかかり、

家は裕福ではなかったので

深夜のコンビニでバイトしていました。

当時のサッカー部は、

部内の約束事でバイト禁止が絶対で周りもしておらず、

見つかった場合は退部か出場停止となるので、

大学からかなり離れた所でビクビクしながらバイトをしていました。

そんな時の事です。

バイトに入ろうと夕方勤務の方達と交代した時、

見た事がない女性スタッフがいました。

彼女の名前は相川さんといい、

高校3年生の子でした。

今考えるととても美人で透明感のある、

THE清純という感じの娘でした。

その時の私は、全く女性というものを考えた事がなく、

サッカーと勉強と生活の事しか考えた事がありませんでした。

童貞で風俗も未経験、キスもなく、

異性を意識して触った事もありませんでした。

中学の時からお手紙や告白など頂いたりはしてきたのですが、

サッカーが大事なので全て断っていました。

今思えば異常な思春期でした。

女性の裸よりもサッカーだったので。

話が脱線しましたが、

そんな美人な相川さんにも例外なく

お疲れ様と挨拶するだけの日々でした。

恋心はありません。

年が明けて春になり、入学シーズンの季節です。

私も3年生になりました。

推薦で入った新入生の選手達も練習に参加し、

レギュラー争いが激しくなった時に、

一般入試組の新入生とマネージャーが

ミーティングの時に紹介されました。

(特待生と推薦組は入学式前の春休みから練習参加、一般入試組とマネージャーは入学式が終わってから部活に参加する形でした)

1人1人自己紹介していった時に、

見覚えのある娘がいました。

「マネージャー志望の相川です。

宜しくお願いします」

うわー。

バイト先の相川さんだよ!!

ヤバい!!マジヤバい!!!

バレたら退部になる!

私は心の中でメチャクチャ焦ってました。

その日は顔を合わす事はなかったですが、

バラすのではないか、

相川さんにどう言って口止めするか、

気付くまで知らんぷりしておいた方がいいのか!?とか、

そんな事をずっと考えていました。

次の日、チームは週末から開幕する関東リーグの為、

チームの仕上げ段階になり、

全員集中して練習をやっていました。

私自身も身はサッカーで疲れ、心はバイトの事でくたびれてました。

そんな時の休憩中、

相川さんがオレに水を持ってきてくれました。

「お疲れ様です!水です!」

ビクッとしながらも、

「ありがとう!」

そうしましたら突然、小さい声で

「今日、一緒に帰りませんか?」

と囁かれました。

断る理由もなく、むしろ口止めするために都合がよかったので

「いいよ」

と言いました。

練習が終わり、

自炊が出来ない私はほぼ毎日来ている定食屋に2人で行き、

ご飯を食べる事にしました。

最初は世間話です。

「渡辺さん(私)ってここでいつも食べているんですか?」

「そうだよ、ここか学食。サッカーしかやってこなかったから料理が出来なくて。だから定食屋のオジサンに毎日適当に作ってもらってる!コンビニの弁当は体によくないし」

そこで定食屋の親父が、

「彼女作れば作ってもらえるのに、こいつ全然女連れて来ないし。

そーいえば、お前が女連れて来たの初めてだな!ついにこれか!」

と小指を立ててきた。

「違いますよ!オジサン早くご飯作って下さいよ!」

「彼女いないんですね!立候補しよう!」

「ぜひこいつの料理を作ってやってくれ!」

オジサンも入れて正直迷惑なやり取りをしていました。

そして、ついに本題へ。

「渡辺さん、バイトの事って内緒にしているんですか?」

「そうだよ。その事なんだけど内緒にしてもらえないかな?家が裕福ではなくて、バイトしないと生活出来なくて。でも、どうしてもサッカーがやりたくて…。オレのワガママなんだけど」

「チームに迷惑かけたらどうするんですか?それにもしバレたら渡辺さん退部ですよ!私はどちらか辞めないといけないと思います」

「うん、そうだよね。オレもそう考えているんだけど、どうしても出来なくて」

こんな話を2時間くらいしたときでしょうか。

相川さんはお酒が入りちょっと酔ってました。

「分かりました!私、監督に言いますよ!渡辺さんがそんなに優柔不断だと思いませんでした。チームに迷惑かける前に伝えて下さい!」

「どうしても内緒に出来ない?生活も大事、サッカーも大事、チームも大事。今のオレにどれかを切る事できない」

30分くらい必死にお願いしました。

「分かりました、私の負けです。

そんな簡単にどれかを辞める事は出来ないですよね。

私も言い過ぎました。

内緒にしてあげます!」

「えっ!本当に!?ありがとう!」

「ただし、条件があります!」

「えっ!なに?」

「私と付き合ってください!」

「………」

小悪魔に見えました。

「それはちょっとできない。相川さんを悲しませるわけにはいかないし、そんな風に相川さんを見ていないし、サッカー第一で今後も考えちゃうから」

「それは私を断るんですね。じゃあ、言っちゃおうかな♪」

「………」

返答に困り視線を外して外を見たら雨が降っていた。

私の家が2分くらいの所で、

雨が止むまで家で待つ事になった。

「早く雨止むといいね。相川さん明日何限から?」

「明日は1限からです」

「早いなぁ!なおさら早く帰らないと!」

相川さんは

「そんなに早く帰って欲しいですか?」

と怒り出しました。

「いや…そういうわけじゃなくて。ごめん」

「じゃあ、そういうわけじゃなかったら今日泊めて下さい!!」

「何でそうなるの?それは出来ない!」

「泊めてくれなければ、明日絶対に監督に言います!!」

そう言われ、私が折れました。

本当に言われたくなかったので。

「分かった。泊まっていいよ」

そう言うと相川さんは笑顔になっていきました。

そうしたらまた注文をつけてきました。

「一緒にお風呂に入って欲しいです」

「それは無理!!」

「じゃあ、監督に言います!!」

「それは卑怯だよ!」

もう味を占めたのか、

強気に言ったら私が言う事を聞くと思ってるみたいです。

私自身はお風呂という単語を聞いて下心が開花しそうでした。

ただ真面目な気持ちもあり、

これはダメと下心を抑えつけましたが、

下心が上回ったので一緒に入る事になりました。

心の中で”断るとチクられるから”と言い訳をして。

ガラスのメンタルです。

先に脱衣場では、私が着替え、

後から相川さんが入ってくる形になりました。

「体洗いますよ!」

相川さんが入ってきました。

相川さんの裸を見ると胸は小ぶり(B-65)、色は薄い茶色、

陰毛はしっかり生えていました。

濃くもなく薄くもなく、でも整えてはいるみたい。

「いいよ!!自分で洗うから!!」

「何で渡辺さん照れてるんですか!?あー、渡辺さん大きくなってますよ!!私の事拒否してたのに!」

「そんな綺麗な裸見たら、大きくなるよ!」

「そんな事ないですよ!でも、誉めてくれたからお礼します!」

そう言ってフェラをしてくれた。

でも、私は咥えられた瞬間に逝ってしまいました。

「早すぎですよ!口では私の事嫌がってたのに興奮してるんですか?」

「嫌がってはいないよ!」

私は正直に童貞である事を話した。

「渡辺さんの最初の女性が私じゃダメですか?」

「ダメじゃないよ!光栄だよ!」

そう言って私達はすぐお風呂から出て、

ベッドに行きました。

私が照れて相川さんの方に背を向けて

ベッドにいると後ろから抱き締めてくれました。

「ねぇ、背中にオッパイ当たっているよ」

「私の小さいから感じてないと思った」

「そんな事ないよ!ちゃんと谷間あるじゃん!」

相川さんの手が下に行き、触ってきます。

「もう大きくなってる!気持ちいい?」

「気持ちいい!」

「また舐めてあげる♪」

そういってチンコを咥えました。

しばらくして私はマンコが見たくなったので69になりました。

割れ目はビラビラが全くなく、

薄いピンクでとても綺麗で、

匂いも全くありませんでした。

私は初マンコだったので凄い興奮してました。

今考えると、キスもせずオッパイも弄らず、

先にマンコを舐める無茶苦茶な愛撫でした。

それでも相川さんは感じ始めたのか、

口からチンコを外し、

入れたいと言ってきました。

家にはもちろんコンドームが無く、

生で入れる事に。

騎乗位で相川さんが導いてくれました。

相川さんの中はとても温かく、

私のチンコに隙間なく絡みつく、

締まりのいい気持ちいいマンコでした。

私の上でクリトリスを擦り付けるように体を前後に動かしています。

それが私はもの凄く気持ち良くて逝きそうでした。

「相川さん逝きそう!!ヤバいって!!」

「私もクリと奥が気持ち良くて逝きそう!」

「ヤバい!!出るよ!」

「じゃあ一緒に逝こう!中出ししていいから!」

「それはマズイって!」

「お願い一緒に!あぁぁぁいくぅぅ!!」

「あぁぁぁぁ出るぅぅぅぅ!!!」

めちゃくちゃ中でチンコがピクピクしています。

相川さんも私にもたれ倒れてきました。

チンコをマンコから抜くと

大量の精液が私のお腹に垂れてきました。

「渡辺さん凄く気持ち良かった!!」

「オレもヤバかった!!あ、マンコ洗わないとマズイって!」

「じゃあ洗ってくれる!?」

私は相川さんをお姫様抱っこして急いで風呂場へいき、

一生懸命マンコを洗いました。

その後も交際は断っていましたが、

弱みをかなり握られ、

私達は付き合う事になり、

彼女が大学を卒業した年に結婚しました。

結婚するまではこれが最初で最後の中出しでした。

今では長男が生まれ、

幼〇園に行っています。

私自身は何とか卒業までバイトがバレず、

退部にはならなかったです。

プロの選手にはなれませんでしたが、

指導者として海外留学し、

サッカーを教えています。


PAGE TOP