息子を抜くと大量の精液がマンコからでてきたw


高校の夏休みのテニス部合宿最終日の夜だ。

俺らの班の部屋に部内でも仲の良い女の子たちが遊びに来た。

トランプやウノをやって盛り上がった後、

女の子たちが男子の布団に一人ずつ入って

皆で下ネタトークをして盛り上がった。

俺の布団に入ったのはA香だった。

A香はスタイルの良いコで背が高く身長は165cmほどあり、

胸も大きめでDカップくらいあった。

顔は板野友美に似ている色白で茶髪ロングのギャル系だ。

そのようなA香の美貌に比例してか

彼女には男子との浮名がたえず、

噂では計10人くらいと経験があるといわれていた。

そんなA香に俺は惚れていた。

だが女と付き合ったこともない奥手の童貞野郎の俺に

A香が振り向いてくれるわけがない・・俺は諦めきっていた。

やがてなぜか話は俺の童貞をからかう方向に向いてきた・・

悔しかった・・A香にだけは知られたくなかった、

A香に童貞の奥手野郎だなんて思われたくない・・

「なあ、こいつに胸さわらせてみようぜw」

健一が突然提案する。

「おっいいねww」野郎どもが乗ってくるが

「えー!ちょっと、だれの胸触らせる気よぉ!」

と女の子たちが反対する。

あたりまえだ・・

「そうだよな~よしっ!A香にしよう!」健一が言った

「えーwwちょっとwなんでーww」A香は言ったが

「いいじゃん!A香ちゃん慣れてそうだし」

「うんうん」

と女の子たちも言い出したので俺はA香の胸を触ることになった。

「ほら遠慮せず触れよw」

「これも思い出だぜ」

と健一が俺の腕をむりやりつかんでA香の胸を触らせようとする。

俺は照れてしまい健一に抵抗した。

A香本人は全く気にしておらず彼女自身も胸を突き出して

「ほら~」と俺に胸を触らせようとしてくる。

それでもなお抵抗したので見かねたほかの男子がA香の胸を揉みはじめた。

平気で触れるあいつらが羨ましかったし、

好きな女の胸がほかの男に揉まれているのを見て

俺はなぜか嫉妬心を抱いていた。

すると突然全員が揉み終わっても参加しなかった俺が気に入らなかったのか

A香が俺を思いっきり押し倒し

俺の股間にまたがって騎乗位の物まねを始めた。

みんながゲラゲラ笑いだす。

A香のDカップの胸が俺の上で

ゆさゆさ揺れているのを見ているうちに

息子が膨張しだしてしまった。

俺の亀頭がA香のアソコに当たった。

俺が勃起していることに気付いたのかA香は物まねをやめた。

Aは再び俺の布団に入り、みんなも疲れたようで寝ることにした。

皆が寝静まりみんなのいびきが聞こえ出してきた頃、

俺はさっきの騎乗位物まねの時の興奮と

大好きなA香が隣に寝ている状況から

勃起が収まらずムラムラする気持ちが抑えられなかった。

隣を見るとA香は熟睡しているようだった。

(キスぐらいなら・・)

と思い俺はA香の唇にキスをした、

そのあとむしゃぶりつくようにディープキスをした。

この時点で俺の息子は爆発寸前・・・

キスだけで我慢なんかできなかった。

キスをしながらA香のTシャツと、

レースがフリフリの薄緑のブラをまくり上げ

AVでみたように掌で乳首をクリクリと弄んだ、

そのうちA香の乳首がコリコリと固くなってきた。

A香のDカップの巨乳を揉んだ・・・

生まれて初めて触る女の生乳に俺は感動した・・・

そのあとA香のハーフパンツを膝までおろし

パンツの上からA香のアソコを擦った、

濡れているのか少し湿り気があった。

「あ・・あっ・・」

とA香が声を出した。

俺はA香が起きていることに気が付きドキッとしたが

A香が抵抗しなかったので

(やってもいいかな・・?)

と思いさらに激しくアソコを擦った。

AVでみたように太ももをじらすように触ると

A香は耐えるように体をくねらせた。

その姿がかわいらしく見えてきて

興奮してしまい俺の息子は痛いくらいに膨張し

スウェットがテントを張っていた。

もうA香のパンツはびしょ濡れで

外から触っても濡れているのが分かった。

俺はA香のパンツの中に手を入れ、

指をマンコの中に出し入れした。

クチュックチュッ・・という音がいやらしく興奮した。

そのときA香のマンコの一部が少し硬く

コリッとしているのに気が付いた。

これがクリトリスだろうと思い、

A香のマン汁がたっぷりついた出で彼女のクリを擦った。

「ああっ・・んんっ・・ハア・・ハア・・」

A香の声が少し大きくなり、

息遣いも荒くなってきた。

さらに興奮した俺はマン汁をたっぷりつけながら

クリトリスを激しくこすった。

「んんっ・・×君っ・・いっ・・いくぅー・・」

とA香はイッしまいビクン、ビクンと痙攣した後ぐったりした・・

大好きなA香が俺の手マンでイッてしまった・・夢を見ているようだった。

それからスウェットとトランクスを脱ぎ

ギンギンの息子を解放した。

A香のTシャツを脱がしブラを外して全裸にした後、

彼女の脚を軽く持ち上げ、

自分のモノを明日香の中に入れようとした。

セックスが初めての俺はマンコの場所がわからなくて亀頭で探し出し、

やっとみつけA香のヌルヌルのマンコにぬぷっと息子を挿入した。

その瞬間のあまりの気持ちよさに

「あー・・」と声が出てしまった。

射精しそうになったが必死で耐え腰を動かし始めた。

A香は俺の未熟な腰ふりでは物足りないらしく

「わたしが教えてあげる」

といって俺と場所を交代し、騎乗位になった。

A香は腰を前後上下に腰を動かした。

腰の動きに合わせて彼女の巨乳も大きくはねた。

A香の騎乗位はとても気持ちよく

俺はまたもや射精しそうになってしまった。

A香もだんだん感じで来たようでマン汁がマンコからもれてきた。

そうなったくらいに強い射精感が襲ってきた

「A香・・でっ・・出る・・」

俺は小さい声でささやいた。

「いいよっ・・一緒にイこう・・中に出していいから」

とA香が言ったので驚いた。

A香も絶頂が近いらしく激しく腰を振った。

「んっ・・あっ・・はぁん・・イク・・イクぅー」

A香がまたビクンビクンと痙攣しA香のアソコがギューッと締まってきた。

童貞の俺が耐えられるわけもなく

A香の中にビュルルルルルッと放出してしまった

オナニーの何千倍も気持ちよく頭がクラクラしてしまった。

息子を抜くと大量の精液がマンコからでてきた。

好きな女の子で童貞を卒業できた最高の修学旅行だった。

その日以来A香とはセフレになりました

ブログランキングに参戦中!この3つポチッとお願いします^^




官能小説ランキング


アダルトブログランキング

PAGE TOP