日頃の奥さんとは違う奥さんがそこにいて・・


俺は学生時代に、家庭教師してた子どもの母親にお世話になりました。
(男にしてもらいました)
大昔のことだから、記憶が遠くなってるけど。
小学高学年の娘さんがいて、そこで家庭教師してました。
梅雨時だったとおもう。娘さんに勉強教えてて、休憩時間に俺はトイレに、
そして用を済ませ洗面所で手を洗おうとしたときのこと・・・・
買物から帰ってきた母親が雨で濡れて、そこで着替えてたんです。
下はスカートだったけど、上はブラジャー姿で。
真っ白なブラジャーだった記憶がある。
母親、36・7歳ぐらいで綺麗な人でおっぱい大きかった!
俺は見ちゃいけないものを見てしまったようにおもった。
「ごめんなさいね。急に雨が強くなって。濡れちゃったの」
母親は言った。
白い大きなブラジャーに包まれた乳房の谷間を俺は見てしまいました。
その瞬間、ズボンの中はカチンカチン・・・

流石に、鼻血はでなかったが鼻の穴は大きく開き・・・
胸はバクバク・・・
その日は、もう勉強(家庭教師)どころではありませんでした。
家庭教師を終え、アパートに帰った俺は・・・・
母親(奥さん)のことを思い出して、何度も何度も抜きました。

それから1ヶ月少したった8月上旬の
猛暑の日のこと。
私は、家庭教師をしに訪問した。
母親はゆったりしたTシャツにホットパンツの格好で玄関に出てきた。

娘さんは、父親と旅行にでかけ不在だった。
奥さん(母親)は、私にあがるようにいった。
クーラーが利いてて、とてもすずしかった。
奥さんは、掃除(片付け)をしてた。掃除機
がなってた。

娘さんがいないのに、おじゃまするのは気がひけたが
あがらせてもらいました。
奥さんは、麦茶をだしてくれました。
冷たくとてもおいしかったです。

棚の上の小箱を取って欲しいとのことで、
手伝った。
そうこうするうちに、お昼・・・

奥「カレー作るから、待っててね」
私「すいません、ありがとうございます」
奥さんは、カレーライスをこしらえてくれた。
ちょっと辛かったが、おいしかった。
食事が終わり・・・・
奥さん、片付けが終わり・・・

奥さん、私のプライベートの事を聞いてきた。
奥「彼女いるの?」・・・・
私「いえ・・・・」

その頃、私は童貞でした。
たぶん21歳だったとおもいます。
私と奥さんはソファーに並んで腰掛けています。
目の前に奥さんの豊かな胸が・・・・

目のやりどころに困りながらもちらっ、ちらっと
奥さんの胸を見ます(見タイ)^^
奥さんに、気づかれたのか・・・・

奥「触っていいのよ・・・」
私「えっ・・・・・・・・」
私「・・・・・・・・・・」
私「いっ、いいんですか?」
奥さんは、黙って頷いた・・・

白いTシャツの上からそっーと触らせてもらいました。
ブラジャー越にずっちりとした、量感が伝わります。
温かいです。
私のあそこは、ビンビン!たぶん先端からは汁がでてたでしょ。

奥「経験は?」
私「えっ、何ですか?」
奥「女性経験のこと。セックスは?」
私「・・・・まだ・・・・ないです」 恥

今おもうと、奥さんは私が童貞であることを察してたようでした。

奥「もし、よかったら・・・・」
私「・・・・・・・・・・・・」
私「お、お願いします」

奥さんに導かれ、奥の部屋へ・・・・
そこは6畳の和室であった。
奥さんは、式布団を押入れからだした。
それと枕2つに、一応タオルケットも。
敷布団にシーツを敷きました。

奥「脱ぎましょ~」
私「は、はい」
奥さんは、脱ぐよう私に指示した。
同時に脱ぎ始めた。

奥さんは、さらさらッテかんじでTシャツ、ホットパンツを脱ぎ
ブラジャー、ショーツを脱ぎ捨てた。私の目の前には成熟した大人の女の裸が・・・・
今にもこぼれそうな大きな乳房、厚みがあり大きく広がった臀部
そしてあぶらがのった腰周り。下の方は黒々と生茂ってる。

奥「恥ずかしいわ~・・・あんまり見ないで」
私「す、すいません」私の声が上ずった。
私は既にシャツとズボンは脱いだが、まだパンツは履いたまま。

奥「あら?パンツは?脱がないの?」 私「ぬ、ぬぎます。すいません」
最後のパンツを下ろします。 私のものは、これでもかというくらいいきり立ち天を仰いでいます。

奥さんはチラッと私の下腹の辺りを見たようです。

奥「すご~い」

奥さんに、仰向けに寝るように言われた。
言われるままに、従った。

奥「大丈夫だから、楽にしててね。コンドーム被せるからね」
奥さんは、用意してたコンドームを私のものに被せようとした。
奥さんひんやりとした指がものすごく気持ちいい・・・・
なんか、こみ上げてきた・・・・
我慢できない!

大爆発!
ぴゅーぴゅーぴゅー
あたり一面に精液が飛び散って・・・
一部は、天井まで届いた。
奥「わっ!」

部屋中栗の花の匂いが広がりました。
私「すいません、出ちゃいました」
奥「う、う、うん。いいのよ。気にしないで」
奥さんは、ダイニングルームへ行ってタオルを数本持ってきた。
そして畳、布団等を拭いた。

拭き終えて・・・
奥さんは清涼飲料を2本持ってきた。
奥「少し、休みましょ」
清涼飲料を飲み、一呼吸・・・

部屋の中はクーラーが入ってるが・・・
奥「暑くない?」
私「少し・・」
緊張と興奮で、胸はバクバク状態。もちろん鼻の穴は大きく開いたまま^^

奥さんは、私の顔を見ながら
奥「ごめんなさいね~」そう言うと私に跨ってきた
そして軽くものに手をやり、自分のとばくちに

つ、ついに・・・
ゆっくりと大きなお尻を下ろしてきた!

ズブズブズブ・・・・

奥「うっ」
私「うっ」
あの中はものすごく熱い!

こういうふうにこの日、させてもらった

(補足)
正直、1回目はすぐ爆発・・・
2回目も奥さんが上になったが少し長持ちした・・・
3・4回目は私が上になって・・・

あそこの位置がなかなかわからなくて、奥さん導いてくれました。
あとからわかったんだけど、奥さんのあそこものすごくぬるぬる だった

最後、後ろからしてって言われて。奥さんのお尻大きくて、ボリウム
に圧倒されたよ。角度の関係か、あそこの奥まで入って気持ちよかった。

日頃の奥さんとは違う奥さんがそこにいて、驚いた!女ってこうなんだなって
これが私の初体験(筆卸)でした。
皆さん、最後まで読んでいただきありがとうございました。


PAGE TOP