吸い取られるような感覚で射精したのを覚えています


相手はYといい、竹を割ったような性格の話していて楽しい娘でした。

自宅の部屋に招いて一緒に酒を飲んでいたのですが、

小柄な割に胸が大きく形も良さそうだったので

ついつい目がそっちに行ってしまいます。

私のその様子に気付き、

「エッチやな…」と言ってきました。

面と向かって二人きりだったので気付かれるのは当然でしたが。

「そんなことない」

等と無駄な抵抗をするのも潔くないですし、

私も無理に取り繕うとせず

「ゴメン」

と素直に非を認めて謝りました。

しかしYの様子はいつもと違い、湿り気の付いた声で

「しても、いいで…」

と迫ってきたのです。
その後は流されるがままで…

私のペニスをズボン越しに触りながらキスしてきたYに、

私は自分から舌を絡めました。

至近距離のお互いの唇から感じる吐息に余計興奮して、

自発的に胸を揉みながらベッドに押し倒し、

ジーンズ越しにYのオマ○コを愛撫しました。

Yもその気なのか

「ぁあん…」とか細く喘ぎだし、

もっと声を聞きたくなった私は直に手を触れて弄ろうと決めました。

手はYのヘソの上を撫で、

Yのジーンズのホックとジッパーを外して脱がせようとするとYが

「恥ずかしい、全部はまだあかん」

と言うので半脱ぎの状態で

いよいよ本格的な愛撫だとYの股間に挑みました。

経験はあると言ってましたがキレイなピンク色で、

欲情したオマ○コはヒクヒクと震えています。

一先ず濡らしておこうとクリトリスを指と舌で愛撫すると

「ふぁあんッ!」と想像以上の反応で背中を仰け反らせてイキました。

もっとイかせてみたいと男のロマンが騒ぎ、

指をオマ○コに挿れると吸い込まれるように入っていきました。

360度×360度とまんべんなく指を動かし、

中の様子を感触で確かめているとYが

「ガマンできひん、早よ挿れてよぉ~」

と言ってきますが、

「もっとビショビショにしてから挿れたげる」

と更に激しく指を動かしました。

下腹部の裏側にあたる部分を強く押し当てるように弄ると、

Yは耐えるような姿勢で悶えて嬌声をあげ、

ここが感じるんだなと重点的に責めました。

グチュグチュといった音から

パチャパチャピチャピチャという音に変わり、

やがてYは

「~ッ!…ぁ…ぁ…あ」

と声にならない声をあげながら

オマ○コから大量の愛液を噴き出して激しくイキました。

充分過ぎるほどにオマ○コを濡らして痙攣してるYに興奮し、

私も今までにない固さに勃起したペニスを挿入しようと

正常位の体勢にしたその時、Yは

「もう待たれへん」

と自分から私にしがみついて腰を器用に動かしてズプ…

と挿れてしまいました。

体位は正常位でしたが主導権はYに握られっぱなしで、

狂おしいまでに腰を動かして喘ぐその姿は

私の知ってるYではありませんでした。

私も興奮し、ペニスで奥を激しく突きます。

「あんっ…んぁっ…あぁんっ」

と部屋はYの喘ぎ声に占領され、

私も射精感が込み上げてきました。

ちゃんと付き合っているわけでもないYに

いきなり膣中で射精するというのもどうかと思い、

抜こうとしたのですが…

離れるモーションに感づいたYにしがみつかれて間に合わず、

「ドクンッ、ビュルビュル!」

とYの中で果ててしまいました。

今でも凄い量の精液が出て行く感触が忘れられません。

その後の会話ですが…

Y「中で出した?」

私「ゴメン、間に合わなかった」

Y「いいで…気持ち良かったし、精液すごく熱かった」

私「出来たらどうするん?」

Y「出来たらその時考える…もっと欲しいかも」

Yに「もっと欲しい」

と言われた時の表情が色っぽくて、

私のタガは完全に外れました。

後は獣と化し抱き合うまでで…。

この一晩だけで10回はSEXしました。

全部中出しです。

バックは苦手でYを犯す感覚を味わう程度でしたが、

騎乗位で腰を振られた時は

吸い取られるような感覚で射精したのを覚えています。

夜が明け、Yも自宅へと帰ったのですが…メールで

今、家についたけど…

まだ精液が残ってる感じ…

まだトロトロ垂れてきてるし(笑)

という内容にはびっくりしました。

ブログランキングに参戦中!この3つポチッとお願いします^^




官能小説ランキング


アダルトブログランキング

PAGE TOP