やっぱり処女ってのは本当らしくものすごく痛がってた・・


小学校のころから学校が同じだった俺のあこがれの子がいたんだが、

今日その子とやってしまった。

童貞の妄想だと思って優しい気持ちで話を聞いてくれ。

学校終わって決死の覚悟でデートに誘ったらOKされて、

OKされると思ってなかったから何もプラン立ててなかったんだわ。

とりあえずカラオケ行って終わって

ファミレスで食事を済ませ、

川原でしばらく話してたんだけど

今日に限って寒すぎて俺んちに避難

俺の部屋のマンガの数に引かれると思ったんだが、

その子は実はけっこう漫画好きで

共通で持ってるマンガの話でしばし盛り上がってたの

しばらくしてその子が今日は楽しかったみたいな事を話してくれて

「また明日も遊ぼう」とか言ってくれて

俺はこれは脈ありなのではと思い、

少し積極的になったのよ

俺は少し強気になって、現在の彼氏の有無、

今までの恋愛等今まで聞きたかったことを聞いたのよ

そしたらすんなり2年までは別の組の男と付き合ってたけど

今はいないと答えてくれて、俺安堵

んで向こうも同じようなことを聞いてきたのよ。

俺も今はいないが中学3年から高2まで付き合ってた彼女がいたんだけど、

2年の終わりごろに別れたんだよね

その彼女とは中3の時に告られて付き合ったんだけど、

俺はその時も絶賛今日デートした子(以後Aで)が好きだったんだが、

どうせ無理だしとりあえず付き合っとくかって感じで付き合ったの

でもまぁその元カノとは一緒にいるにつれて

徐々に好きになっていけたんだけどね。

まぁ別れたけど。

んでAの質問攻めが終わった後に俺はもう我慢できなくなっててね、

今日、今、親がいないこのときに勝負をかけるしかないと先走ってしまい、

とりあえず手を握ってみたんだわ

そしたら抵抗もなく笑顔、

シャツの上にカーディガンを着た姿に追撃を受けもう少し距離を縮めてみたら

どうしたの~wwみたいな反応でとどめをさされ、キスをしてみました。

そしたらAはすごい驚いてたんだけど、

俺がつないでいた手を放してAの腰に手を回すと

向こうも俺の腰に手を回してきて、しばらく時間が流れた

俺は唇を放すとAの目が見えてしまうのが恥ずかしくて死にそうで、

唇を離せなかったんだわ。

んで、キスを止め、目が見れないのでAの方に顔を置きしばらくの沈黙

その時の俺はと言ったら完全無欠のフル勃起で上半身は密着してるのに、

下半身はAに触れないように腰を引いた状態

そしたらAがすごい笑ってて、それがかわいくてもっかいキス

もう俺は引っ込みがきかなくなってそのままゴールすることを決意

部屋の電気を消し、カーテンを閉め、カーディガンを脱がせ、

カッターシャツのボタンに手をかけたが抵抗なし

薄暗い部屋に見えるのは、Aの恥ずかしそうな笑顔。

ブラとスカートだけになったAを見て(あ、これはいけるわ)

と確信し俺も急いで服を脱ぎました

俺は一応前の彼女とは経験があり、

Aにも彼氏がいたっていうからこのまますんなり決めてしまおうと思い、

ゴム(前の彼女の時に買ったやつ)をさりげなく取り出し

装着しようとしたところ、なんとAが処女宣言

俺は冗談だと思いそのまま行こうとするが、Aの焦り方が尋常じゃなく、

これは断るための言い訳なのかとも思ったが、結果からいうとマジだった

その時俺はものすごい罪悪感に駆られる

もしかしたらAは俺と仲が悪くなるのが嫌で、俺がやることを嫌なのに断れなかっただけで、受け入れてくれたわけではないのでは?

と思い、躊躇し手が止まってしまった

正直そこでやめようと思ったんだよ

でも、すごい小さな声で「大丈夫だから・・・大丈夫・・・」

って言ってくれて、抱き寄せて、俺が嫌じゃないの?

って聞くとちいさく首を横に振って「大丈夫・・・」って言っててね

ここまでお互い勇気を振り絞って行動してきたのに、ここでやめてしまうと

今後お互いに気まずくなってしまって、せっかく今日Aとの距離を縮められたのに

話すらできなくなる気がして、そのまま続けることにした。

まず俺が全部服を脱ぎ、まずはAのブラを取る。

目が慣れてきてて完璧にAの姿が見えてるんだが、興奮を通り越して緊張していた。

正直元カノとの初Hレベルで緊張してた。

なんか会話したはずだけどほとんど覚えてないし。

つづいて下も脱がし、二人とも全裸に

んで改めてキスをし、ゆっくり時間をかけて入れる準備を整えた

そこまで血が出なかったけど、

やっぱり処女ってのは本当らしく、ものすごく痛がってた

親が帰ってくる時間を気にしつつも、時間をかけほぐす。

んでなんとか挿入開始。しかし痛がりすぎて、すごく時間をかけた

引き出しにあるローションを使いたかったけど、

おそらくそれ見たらドン引かれると思ったからやめといた

終わった後に正式に告白すればよかったんだが、

いい雰囲気だったのになぜかそれができなかった。

順序を一つ間違えるだけでこんなにも後ろめたく、

罪悪感があるだなんて思いもしなかった。

結果からいうと無事付き合いました。

俺から電話したんだけど、すぐかかって、

俺の気持ちを全部伝えた。

デートに誘ったのもAが好きだったからだし、

カラオケも飯も川原で話したのも楽しかった。

小学生のころからずっと好きだったことも伝えた。

Hしてからいうのは駄目だと思うけど本気でAが好きだ

って恥ずかしげもなく

おそらく隣の部屋の弟にははっきり聞こえてたと思われるくらいの声で伝えた

そしたらAは泣きながら

「うん・・・!私も大好きだったよ!言ってくれて嬉しい」だってよ

まじかよ付き合えたよ。


PAGE TOP