肌がきれいな健康的な奥さんでした


学生の頃、近所の銭湯で男湯に女の人が入っているのを見たことがあります。

実際には入っていると言うよりは、

両手を怪我したご主人の体を洗ってやるために少しの時間だけしたが、

でも真っ裸でした。

ある日の夕方4時頃、普段からバイトに行く前に、

営業開始と同時に銭湯に行っていたのですが、

男湯のお客さんは、

おじいさんを中心に5人くらいだったと思います。

私が湯船に浸かっていると、

湯船の奥にある開かずの扉

(男湯と女湯の間を行き来できるドア)

が開いたかと思うと、

30歳位の女性が突然、

「失礼しま〜す。」

と言いながら、

タオル一枚で男湯に入ってきました。
とても驚いて、

最初は銭湯の従業員か何かかなと思っていたのですが、

両手にギブスを巻いた男性(ご主人)のところに、

そそくさと歩み寄り、

自分が手に持ってきたタオルで、

体を洗えないご主人の代わりに体や髪を洗ってあげていました。

時間にして5〜6分だったと思います。

男湯にいた老人たちと私は、

最初びっくりしながらも、

その後は、ご主人の体を献身的に洗う奥さんの裸の背中や

お尻を凝視しつづけました。

お湯で光り輝いている、

奥さんの白いムチムチした体がとても艶かしかったです。

顔は取り立ててきれいだったとか、

可愛らしかったという感じではありませんでしたが、

胸とお尻が大きくて、

肌がきれいな健康的な奥さんでした。

一番興奮したのは、

裸でご主人を洗っている最中よりは、

洗い終わって女湯に戻る前に、

立ち上がって奥さんが体に付いた石鹸の泡を

シャワーで洗い落としている姿を見たときでした。

奥さんの白い肌に、

シャワーのお湯が滑るように流れ落ちていくのが

とてもいやらしく見えました。

公の場では、

とても見ることができないシーンだったので・・・。

大きな胸や、

ぼうぼうのアンダーヘアも見放題でした。

その後、奥さんは、タオルで体を隠そうともせず、

そそくさと

「失礼しましたぁ〜。」

と男湯の男性たちに頭を下げながら、

また開かずの扉から女湯に戻っていきました。

一瞬の出来事でしたが、

家に帰ってからも興奮が収まらず、

手でやってしまいました。

恐らく、両手の不自由なご主人のために、

まだお客さんが少ない

(いたとしても老人が多い)

開店直後の時間帯を狙って来て、

あのようなことをやっていたのだと思い、

翌日以降も、毎日開店と同時に来てみると、

やはり、あの奥さんが男湯に入ってきて、

ご主人の体を洗っていました。

私は奥さんの裸が見たくて、

バイトもシフトして毎日通い続けましたが、

1週間たったらもう来なくなりました。

恐らく、ご主人の怪我がよくなったからだと思いました。

番台のおじさんが、

そのようなことを喋っていましたから。

想像ですが、いくらなんでも、

怪我をされたご主人の体を洗うためとは言っても、

男湯に入ってくる女性はいないはずです。

たぶん、あの奥さん自身も、

男に自分の裸を見てもらうことで興奮していたか、

或いはご主人の趣味だったのかな?と思います。

奥さんも日がたつに連れて、

男湯の滞在時間が長くなり、

最後の方は、ご主人の体を拭いてあげるために、

男湯の脱衣所まで進出してました。

私以外のギャラリーも、

日に日に増えていったのを憶えています。

口コミで広がったのかもしれませんね。

いずれにしても、

私としては得した体験になったので良かったですけど。

ブログランキングに参戦中!この3つポチッとお願いします^^




官能小説ランキング


アダルトブログランキング

PAGE TOP